マツコの知らない世界 コンビニおでん 12月9日

マツコの知らない世界 2014年12月9日放送

進化しつづけるコンビニおでん。コンビニ各社で味が全然違うそうです。

 

 

●コンビニおでん

 

コンビニおでん研究家 柳生九兵衛さんの語るおでんの魅力!

ついにお店を超えた!?コンビニおでんの魅力

全てが100円前後で買えること
おつゆが取り放題


スポンサードリンク

 

 

1977年にコンビニにおでんを出した

セブンイレブン

コンビニで何気なく取っているおつゆ

濃いおつゆが好きな人・・・くしの側

薄いおつゆが好きな人・・・野菜の側

がおススメなんだそうです。

 

場所によって味が違うので、

このみによって取る場所を変えた方が良いのだとか。

 

おつゆを飲んでみたマツコさんのコメントは

「アッサリ系なのね!これでうどんとか食べたい」

とのことでした。

 

柳生さんおすすめの具 セブンイレブンの人気トップ3

大根・・下味に追いかつおを使っているので、

すごく味がしみているそうです。

 

「あ、おいしい~!この卵、すごい!黄身がなんだろう

すごいやわらかいんだよね。」と、マツコさん。

柳生さん曰く

「去年までは動物性のエサだったんですが、

今年から植物性のエサに変えたので、すっきりとして

やわらかい卵になったんです」とのことでした。

 

白滝

特に女性に人気なんだそうです。

 

柳生さん曰く

「こんにゃくリングという別のこんにゃくでしらたきを

束ねているんです。

こんにゃくリングをはずすと麺のように食べられるそうです。」

とのことです。

 

ローソン

練り物に力を入れているそうです。

マツコさんが本当においしそうに食べていました。

 

おつゆは二段階で出汁を取っていて、

さらに店舗でかつおパックを足しているそうです。

 

ローソンファーム大根 77円

「そんなにやわらかくしてないんだ。おいひ~」

 

ローソンが大根を育てる専用の農場で作っていて、

ローソンは大根の鮮度にこだわっているそうです。

 

 


スポンサードリンク

 

 

サークルK

「お出汁の見た目は一番淡いわね。・・・あ!ほんと違うのね。

関西的であま~い出汁!」

 

柳生さんおススメ

鶏ハラミ串・・・レジ横の焼き鳥串をもともと売っていて、

それがすごい人気だったので、おでんに使ってみたというもの

のようです。

 

サイドメニューで人気のある「うどん」120円

 

うどんにお出汁を入れて、そこにさらにうどんつゆを入れるそうです。

うどんつゆに関しては

「あ!・・・入れた方がいいね!」

とのことでした。

 

ファミリーマート

荒節と枯れ節の2種類を使っているそうです。

「4社の中で一番パンチが効いている!・・・関東っぽい。」

とのことでした。

 

今年からおでんの容器が変わったそうです。

「4社の中で唯一電子レンジ対応なんだです!」

とのことです。

 

テイクアウトして冷めても電子レンジできるところも

嬉しいポイントなんだとか。

 

人気の種

・がんも

「ごぼうが入っていてアクセントになってる。」

とのことでした。

女性に人気の野菜たっぷりで、

きのこは雪国まいたけが入っているそうです。

 

国産厚切り大根・・・女性にうれしい、

ヘルシーさと食べ応えを追及しているそうです。

 

 

各社のおでんをミックスして飲んでみる企画

マツコさん柳生さんともに

「ああああああああぁ~」

「これは・・・おいしい!!本当に!」

2人して感動していました。

 

すごく複雑な風味になったとのことでした。

 

 

全国各地にあるご当地 変わり種のおでん 創作おでん

カステラ・・・岡山県で食べられている伊達巻風の練り物

肉いなり・・・石川県で食べられている油揚げに醤油で味付けしたひき肉が入っている練り物

「あ!・・おいしい!おいしいわ」とマツコさん。

アボカド・・・北海道の函館で食べられている、アボカドを皮ごと半分にカットして入れている

チーズ巾着・・・油揚げの中にカマンベールチーズが入っているそうです。

「・・・ん?え~。これが一番びっくりした!意外~!これはおいしい!!」

チーズおでんはここ数年流行っているそうです。

 

感想

チーズ巾着は家のおでんでも簡単に作れそうですね。

巾着に入れるとチーズが溶け出てこないそうです。

もち巾と同じように爪楊枝で口を閉じて今度やってみたいと思います!

 

コンビニのおでんはイメージでしょっぱいと思っていたんですが、

関西風のサークルKのおでんは食べてみたいと思いました。

 


スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ