グレーテルのかまど ジャンジャークッキー レシピ

グレーテルのかまど 2014年12月12日放送

スパイス引き立つスウェーデンの味!フードプロセッサーを作るので、簡単で失敗なし!

スウェーデンではジンジャークッキーはほとんどの家庭で手作りするんだとか。

 

●長くつ下のピッピのジンジャークッキー

 

大人が考えるいい子たちの本がたくさん出版されている中、

もっと子供は自由であるべきだと考えて作ったストーリーがピッピなんだそうです。

 

世界的ベストセラー 長くつ下のピッピ。

台所の床一杯にクッキー生地を伸ばして500個ものクッキーの型抜きをするシーンは

とても行儀が悪いけどとても自由で、大人気なんだとか。

 

番組ではジンジャークッキーをツリーに飾り付けました。

 


スポンサードリンク

 

 

材料(◆抜き型 20枚分)

◆抜き型 20枚分
<クッキー生地>
 水 60ml
 三温糖 100g
 薄力粉 250g
 塩 小さじ1/2
 バター(食塩不使用) 70g
 ベーキングパウダー 小さじ1/2
 ジンジャーパウダー 小さじ1
 ナツメグパウダー 小さじ2/3
 クローブパウダー 小さじ2/3
 シナモンパウダー 小さじ2/3
<アイシング>
 粉砂糖 200g
 卵白 40g
 食用色素(液体) 適量 色粉を水で溶く

楽天市場 クッキー型のリンク集

作り方

準備

■薄力粉、粉砂糖はそれぞれふるっておく。
■オーブンは150℃に温めておく。

 

クッキー生地

【1】水、三温糖を鍋で沸かし、沸騰したら氷にあてて冷ましておく。

 

【2】薄力粉、塩、バター、ベーキングパウダー、香辛料をフードプロセッサーにかけて混ぜる。
※バターの塊がなくなればOK。

 

【3】1のシロップを加え、混ぜる。

【4】粉気がなくなったら生地をまとめてラップで包み、冷蔵庫で1時間冷やす。

【5】打ち粉(強力粉)をふりながら、めん棒を使ってステップ4の生地を3㎜の厚さにのばす。

 

3mmより薄くなると生地が焼くと反り返ってしまい、

厚すぎると中まで火が通らないそうです。

 

余分な粉はハケではらう。
※生地をのばした後に冷蔵庫で15分冷やした方が型崩れしにくい。

 

【6】型抜きをする(細かい部分は竹串を使うと良い)。ひもを通す穴を竹串で開ける。

 

【7】150℃のオーブンで30分間焼く。

【8】焼き上がったらプレートから外して、冷ましておく。

 

アイシング

【9】粉砂糖、卵白を泡立て器でしっかりと空気を含ませながらよく混ぜる。

着色する場合はカップに取り分け、液体の食用色素を入れて必要な色をつける。

【10】オーブン用の紙で作った絞り袋に入れ、冷めたクッキーに絞る。

 

 食べごろと保存方法

乾燥剤を入れたタッパーに入れておけば1週間保存できます。
乾燥剤がないときは当日中に食べた方がおいしいそうです。

 

 

感想

ヒト型で抜いたジンジャークッキーは形がかわいいですね!

アイシングに色をつけたらいろんなバリエーションも楽しめますね。

 

試食した瀬戸君は

「噛み応えがありますね!噛んだ瞬間、スパイスの香りが程よい感じできますね~!」

とのことでした。

 

番組では、クッキーと一緒に『グロッグ』という飲み物を合わせて試食していました。

 

スウェディッシュグロッグとは、アーモンドが浮いたホットワインのことを指すみたいです。

番組では、アーモンドとレーズン、シナモンとカルダモン+赤ワインでスパイシーな仕上がりにしていました。

 


スポンサードリンク

 

 

 

レシピが紹介されていなかったのでネットで検索したところ、

『グロッギ』『グロッグ』『グレッグ』などで書かれていました。

レシピを紹介していたブログをいくつか見つけました。

 

http://www.tradewing.jp/blog/2008/12/svensk_glogg.html

Svensk Glogg (スウェーデン風グロッギーホットワイン)

材料

赤ワイン 750ml ボトル1本 仏バーガンディーワインなど
(産地こだわらずリーズナブルな赤ワインでもOK)
ブラウンシュガー 2カップ (三温糖 1.5C)
シナモン スティック1本、または粉末
クローブ 10粒 (3.4 粒)
カルダモン 適宜

レーズン 20g, ローストアーモンド 10g (お好みで)

 

作り方

 

①ワインにスパイスや砂糖を入れて小鍋にかけ弱火で煮ます。

②火をとめ、レーズン、アーモンドを漬け一晩寝かせます。

③そのままストレートでも、暖かい紅茶やジュース、ウォッカと
わってお楽しみください。お好みでアーモンドやレーズン、
と一緒にいただきます。

 

 

http://www.tradewing.jp/blog/2008/12/post_178.html

ムーミンベーカリー&カフェ特製フィンランドグロッギ

材料

果汁100%クランベリージュース
シナモン1本(パリパリに砕きいれる)
クローブ
カルダモン
砂糖

 

作り方

材料を鍋に入れ、沸いてきたら蓋をして弱火で10分程煮る。
トッピングにレーズン、ローストアーモンドを加える。
一晩寝かせる。

 

ノンアルコール、ジュースベースのグロッギに
赤ワインやフィンランドウォッカや熱い紅茶を
ミックスしたりホット、アイスお好みで。

クランベリージュースがなければグレープジュースでもGOOD.

 

 

 http://allrecipes.jp/recipe/2677/———.aspx

北欧風ホットワイン

 材料(24人分)

  • 赤ワイン 2本
  • シナモンスティック 50g
  • クローブ (ホール) 25個
  • 干しぶどう 500g
  • ブランデー 150ml
  • 乾燥オレンジゼスト(皮のすり卸し)50g
  • カルダモンの種 (ホール) 20粒
  • 皮なしアーモンド 500g
  • 角砂糖 500g

 

作り方

  1. 大きな鍋に赤ワインを入れ、強めの中火で煮立たせる。
  2. オレンジゼスト、シナモンスティック、カルダモン、クローブをスパイス袋に入れる、
    又はガーゼに包んで紐で結ぶ。
  3. 鍋に加え、時々混ぜながら15分煮る。アーモンドと干しぶどうを加え、
    さらに15分煮て、火から下ろす。
  4. 鍋の上に網をのせ、角砂糖を敷き詰める。
    ゆっくりとブランデーを満遍なくかけ、角砂糖を完全に湿らせる。
    角砂糖にマッチで火を付ける。
    砂糖がすべて溶けたら鍋にふたをし、火を消す。
  5. ワインを混ぜてスパイス袋を取り出す。
    アーモンドと干しぶどうと一緒に熱いうちにすすめる。

 

 

感想

甘くて暖かいワインなので、女性も飲めそうな感じですね!

シナモンやカルダモンはパウダーのものは日本でも比較的手に入りやすいですし、

カレーなどを作る時にも使えますが、

粒のスパイスはちょっと他のお料理に使うのに敷居が高いので迷います。

 

簡易的にパウダーのスパイスを使ったレシピがないかな~?と

思ってネットで色々調べてみたら、ありました!

 

http://winesuki.jp/tips/column/column_34.html

 

こちらのページによると、

パウダーのスパイスを使ってもOK!

温めるのも耐熱容器に入れて電子レンジでもOKとのことでした。

 

赤ワインをホットで飲むときは、

酸味やタンニンの少ないフルーティなもの、味わいの表記に

「ライトボディ」「ミディアムボディ」と

書かれているものを選ぶと良いとのことでした。

 

私はスパイスミルクティーが好きで、シナモンパウダーや

カルダモンパウダーは家にたくさんあるので、

フルーツジュースとスパイスと赤ワインで今度ぜひ作ってみたいと思いました!

 


スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ