マツコの知らない世界 餃子 1月6日

マツコの知らない世界 2015年1月6日放送

絶品冷凍餃子や、自宅で誰でも作れる絶品たれのレシピや失敗しない餃子の包み方、お勧めのお店などが特集されました!

 

2015年食べ始めSP

 

●冷凍餃子

餃子マニアサラリーマン 塚田亮一さんによる冷凍餃子講座!

塚田さんのHP 東京餃子通信はこちらです。

 

塚田さんおすすめのスーパーで買える『絶対はずれない餃子』

が紹介されました。

 


スポンサードリンク

 

大阪王将 羽根つき餃子 400円くらい

自宅で簡単に羽根つき餃子が作れるというコンセプトの商品。

 

大阪王将はお店の物は羽根つきではないので、

お店と同じ味ではないみたいです。

 

お店の餃子と同じで、冷凍でも材料が全て国産というのもポイント。

 

マツコさん

「こんなこと言ったらなんだけど・・・私、お店のより好きかも」

とのこと。

 

感想

私は通販の方の大阪王将の餃子は食べたことがないんですが、

もともと京都王将派だったんですが、年齢とともにここ数年は大阪王将派です。

大阪王将の餃子の方が、塩と油が控えめで家庭で作る餃子に近いです。

 

お店より好きとマツコさんが言っていたのでかなり興味があります。

 

 

楽天市場で通販もあったので、興味のある方はどうぞ。
楽天市場 大阪王将 餃子リンク集

肉のハナマサ(花正) 焼き餃子 474円

精肉店ならでは餃子なんだそうです。

肉汁がすごいそうです。

 

マツコさんの感想は

「全体的に野菜の味も伝わってくるし、結構パンチの強い餃子ね」

とのことでした。

 

もちもち厚皮 水餃子 (味の素)345円

水餃子も焼き餃子も両方いけるというもので、

女性にうれしいにんにく抜きとのことです。

 

 

茹でたもののマツコさんの感想

「おいしい~これ。ちょっと茹でて、

水切って並べて食べるのもありかもね」

 

焼いたもののマツコさんの感想

「これおいしい!ちょっと小籠包っぽい。すごいおいしい!」

とのことでした。⇐こちらの反応がすごくよかったです!

 

感想

厚めの餃子の皮の方が表面がカリッとして、

噛んだらモチっとしていて私は好きです。

 

厚めの皮が好きなので時々皮から手作りしたりするので、

手作りする時間がない時に、これを今度買って、

焼き餃子で食べてみたいなと思いました!

 

 

餃子計画 50個入り748円

コストコと餃子計画(チャオチャオ餃子)のコラボ商品。

生の状態で瞬間冷凍しているので、野菜がおいしいそうです。

また、皮がおいしいというのもポイントなんだとか。

 

マツコさんの感想は

「あ!おいし~い。素材の味が結構。

野菜多めで結構食べれちゃう。お店で出されても

『冷凍だよこのやろー!』とかならないよね。」

とのことでした。

 

感想

お値段が安くでコストコが大好きなので、

これは次回コストコで探してみたいなと思いました!

 

 


スポンサードリンク

 

●餃子激戦区で迷ったらここで食べろ!

浜松

餃子の上にもやしが乗っているのがポイントなんだそうです。

マツコさん曰く

「お寿司のガリみたいに箸休めになってナンボでも食べれちゃう!」

とのこと。

 

●浜太郎 1人前291円(税込)

「餃子革命」という、餃子を包む機械を作っている会社が

直営店でやっているというお店なんだそうです。

 

HPはこちらです。

 

餃子は柚子胡椒入りのタレで食べていました。

 

こちらの餃子は2012年の浜松餃子祭りでグランプリをとったそうです。

 

塚田さん曰く

「カリッとした感じと、浜松の餃子はキャベツ多めでさっぱりした

味の餃子が多い中、こちらの餃子はコクがあるんですよ」

とのこと。

 

マツコさん曰く

「今まで食べた浜松の餃子の中では一番、肉肉しい。」

とのことでした。

 

塚田さん曰く、焼き方もお皿に出す前に一度油を切ってから

よそっているのでカリカリなんだそうです。

 

マツコさんの箸が止まらなくて、本当においしそうでした!

 

 

宇都宮

●和の中 1人前346円(税込)

宇都宮餃子の中ではちょっと変わった餃子のお店なんだそうです。

こちらお店は薬膳のお店で、

内モンゴルから来た店長がやっているそうです。

餃子も焼き餃子ではなく「水餃子」とのことでした。

 

「うわ、おいし~い!このタレ!このタレうまいな~

餃子は主食よ。あと皮もおいしいね、ここ。モッチモチ。

もうこのタレと皮だけでもいい感じ」

とのことでした。

 

タレはこだわっていて、岩塩を使っていると塚田さんが

説明されていました。

 

 

横浜中華街

●ダリアン大連餃子基地 1人前702円(税込)

お店もカフェっぽくおしゃれなお店なんだそうで、

特に羽が変わっているそうです。

 

シソの餃子が紹介されました。

 

塚田さん曰く

「肉汁すごいので気を付けてください。

小籠包のようにスープを餃子の中に入れているので

肉汁として出てきます」とのことでした。

 

マツコさん曰く

「すごく皮も餃子もしっかりしてる。普通の餃子だったら

シソ1枚で十分なんだけど、シソが負けちゃうくらい力強いね。

元々の餃子が」

とのことでした。

 

 

 

●自宅でできる超簡単激ウマ餃子

塚田さんが色々な市販の皮を試してみて、

お家で使っているのは「モランボンの餃子の皮」なんだそうです。

餅粉入りの厚めの皮なんだとか。

 

種は生の白菜を使うのではなく、浅漬け白菜を使うそうです。

発酵した白菜の方が旨みが増すそうです。

 

 塚田さんの皮の包み方のコツ
  • 皮全体にたっぷり水をつける。(厚い皮だと大丈夫だそうです)
  • 餡を真ん中に入れたら半分に折って、まず真ん中を止めて
    片方の端から2回ずつ折ってくっつける。
  • 穴が開いていないな確認して形を整えたら完成!

 

タレ

酢ベースで食べるのが好きな人は

酢+塩コショウ(コショウ多めがおいしいそうです)

 

マツコさんの感想は

「(コショウ)辛いのかなと思ったけど、お酢とコショウで

思い浮かべるのとちょっと違うよ。これウマ~イ!

これで飲めるくらい好き。」

とのことでした。

 

我が家は定番のポン酢+ラー油が多いので、

今度、酢+コショウもやってみたいと思います!

 

 

関連記事

絶対できる!餃子の包み方・焼き方

 

 

補足 私の大好きなリピリピ手作り餃子 レシピ

時間のある人向け、皮から作る餃子レシピです。

このレシピはちょっと時間がかかりますが、

中華料理店や餃子専門店の本格餃子に負けないくらいおいしい餃子が作れます!

 

こちらのレシピ以外にも水餃子のレシピもすごくおいしく作れるので、

こちらのレシピ本は私のバイブルです。

【中古】 点心名人の餃子指南 /茂手木章【著】 【中古】afb

豚肉とキャベツの焼き餃子

<皮>
材料(30個分)

強力粉 180g

薄力粉 120g

熱湯 170cc

 

打ち粉用強力粉 適量

 

作り方

【1】ボウルに強力粉と薄力粉を入れて、箸や麺棒などで軽く混ぜます。

【2】熱湯を一気に入れて、麺棒や箸などで混ぜます。

熱湯を使うことでパリッとした皮になります。

【3】生地がボロボロになって、粉が下に残らなくなるまで混ぜます。

【4】箸にこびりついた小麦粉も丁寧に取り、手で生地全体を

押すように捏ねながら、ボウルの内側についた生地もこそげて

一つにまとめて、まとまったら台やまな板などに出します。

 

こそげるときに、

スケッパー(カード、ドレッジ)などがあるととても便利です。

スケッパーは金属製は100均などにも売っていますが、

プラスチック製の方がしなるので使いやすいです。

 

楽天市場のスケッパー商品をまとめました。

興味がある方はどうぞ。

私はダイガーブラウンものを使っています。

お料理教室・製菓教室でもよく使われているようです。

楽天市場のスケッパー リンク集

 

【5】台の上でしっかりと手の根元を使って、向こう側に

押してはたたんでまた押すようにして5~6回捏ねてたたみます。

 

台にくっつきそうなら、生地に軽く打ち粉をしてください。

 

【6】余熱がこもらないように生地を親指サイズに

手早くちぎって並べて1~2分放置して粗熱をとります。

 

【7】生地を一つに集めてまとめてまた生地を手の根元で

捏ねてたたむのを5~6回繰り返します。

 

【8】1回目のねかし。

粉っぽさがなくなったらラップで包んで、

室温で30分以上放置します。

 

この間にあん(種)を作っていきます。

 

【9】8の生地を取り出して、

また手のひらの付け根で向こう側に押してたたんでの

捏ねる作業を5~6回繰り返します。

 

【10】2回目のねかし。

9の生地にラップをかけて、30分室温で放置します。

 

生地を寝かすのを2回やると、寝かさないのと比べると

皮がつるんとしてモチっとしたプロっぽい味になります。

 

お料理教室で、時間の関係もあり寝かさず一気に作るレシピを

習った時は、皮がザラっとして固くお店の味とは違うなと

思いました!

 

【11】生地をスケッパーや包丁で2等分にします。

【12】それぞれのきじを転がしながら伸ばして、

直径2.5cmの棒状にします。

 

【13】打ち粉をして、包丁やスケッパーで1本を

15等分します。

(初心者は料理用秤で1個15gになるように測ると

やりやすいそうです)

 

【14】切り口を上にして台に置いて、手で押して軽くつぶします。

(くっつくようなら打ち粉(片栗粉など)をしてください)

全部つぶし終わったら、その上から乾燥しないようにラップを

かけておきます。

 

【15】台に打ち粉を振ってから、

1個ずつ麺棒を使って丸く伸ばしていきます。

 

 

パン用、そば/うどん打ち用の麺棒で伸ばすのは

大きすぎてあっちこっち引っかかって無理です。

小さ目のラップの芯を切って使うなどの

工夫してもできるかなと思います。

 

小型の麺棒があるととてもやりやすいです。

100均の小型麺棒は左右の太さが違ってやりにくいので、

私は通販で餃子用の小型麺棒を買って使っています。

値段も安いので、時々餃子の皮を作る人は一つあるとすごく

便利ですよ♪

 

楽天市場の餃子用の小型麺棒の商品をまとめてみました。

興味のある方はどうぞ。
楽天市場 餃子用の小型麺棒 リンク集

 

<保存>

生地は1~2日なら冷蔵もできますし、

2回目の寝かしの後、保存袋に入れて冷蔵します。

生地だけの冷凍は無理なので、

種を包んで餃子にした後冷凍してください。

 

<餡(あん/種)>

このレシピは野菜に塩をして水を抜かずにそのまま刻んで作るので簡単です。

野菜の水分がそのまま餃子を噛んだ時の肉汁として出てきます。

 

材料(30個分)

豚ひき肉 200g

キャベツの葉 180g(3~4枚)

ニラ 60g(1/2ワ強)

長ネギ(みじん切り)10cm長さ分

しょうが(みじん切り) 5g(1/3かけ分)

にんにく(すりおろす) 5g(1かけ分)

 

調味料

ネギ油 大さじ2と1/2

しょうゆ、酒 各大さじ2

砂糖 大さじ1と1/2

ごま油 大さじ1

塩 小さじ2/3

こしょう 少々

 

作り方

【1】キャベツとニラはみじん切りにする。

【2】ボウルに豚肉を入れ、長ネギ、

しょうがニンニクを加えてよく混ぜる。

調味料を加えてさらに混ぜます。

【3】手で肉に粘りが出るまでよく混ぜます。

【4】1を加えて、水が出ないようにさっくりと混ぜます。

 

1時間ほど冷蔵庫で寝かせてよく肉を冷やした方が

包みやすくなります。

 

感想

皮と違って、種は割と適当に作ってもおいしく作れると思います。

 


スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ