きょうの料理 小林カツ代 もう一度見たい ベストおかず

きょうの料理 2014年7月28日放送

 

きょうの料理に26年間出演された小林カツ代さん。

 

お亡くなりになった後、

番組に

「もう一度小林カツ代さんのレシピが見たい!」

「特集を組んでほしい!」

という手紙がたくさん来たとのことで、

小林カツ代さんのベストおかずが特集されました!

 

 


スポンサードリンク

 

 

チキンに重ねて煮るだけ

材料(4人分)

トマト(完熟) 2個(400g)

鶏もも肉(唐揚げ用) 300g

塩 小さじ1/2

こしょう 適宜

モロヘイヤ 1ワ

コーン(缶詰/ホール) 1缶(190g)

粉チーズ お好みで

作り方

【1】トマトは皮をむかずに2~3cmの角切りにする。

 

【2】深めのお鍋にサラダ油を大さじ1くらい入れてから、

皮を下にして鶏肉を入れる。

 

【3】鶏肉に塩を小さじ1/2とこしょうをかけ、

強火で焼いていきます。

point

ここで鶏肉を香ばしく焼き目をつけます。

 

【4】(3)に(1)を入れます。

【5】モロヘイヤの茎の硬いところだけ取って、鍋にギューギュー

入れます。

【6】(5)にコーン缶を缶汁ごとすべて入れ、蓋をして強めの中火

で10分間ほど(7~8分くらいで一度様子を見ます)煮ます。

 point

鍋の中はいじらないこと

 

【7】鶏肉が煮えているか確認して、塩・こしょうを適宜

加えて味を調えます。

point

鶏肉は箸で差してみてスッと通って、濁った汁が出てこなければ

OKです。

 

【8】皿に盛り付けて粉チーズをお好みで振ったら完成です。

感想

とてもシンプルな味付けなのに、素材からいい出汁が出ていておいしく

食べられるレシピなんだそうです。

 

 

 

 

さらに時短レシピ!火の前に立たなくていいレシピです。

牛肉の夏野菜あえ

材料(4人分)

牛肉(薄切り)200g

⇒赤身がベターだけど、脂身が入っていてもOKとのことです。

 

ピーマン(中)5個(200g)

トマト(中)3個(500g)

 

<調味料>

しょうゆ 大さじ2

しょうが 小さじ1

いりごま 適量

作り方

【1】調味料を合わせておきます。熱湯に輪切りにしたピーマンを入れ、

色がきれいになってきたら、ザルに上げる。トマトは1cmくらいの薄切りに

しておく。

【2】沸騰した強火にかけたお湯に、薄切りの牛肉を1枚ずつ入れ、

色が変わったら取り出し、合わせた調味料の入ったボウルに入れ、

よく混ぜます。

 

【3】茹でたピーマンと生のトマトも種がついているまま(2)に入れます。

 

point

この段階では混ぜません。混ぜるのは食べる直前にした方が、

トマトの酸味が出ておいしく仕上がるそうです。

 

【4】皿に盛り付けていりごまを散らして完成です。

 

感想

とっても簡単で、夏にピッタリのメインおかずだと思いました!

薄切りの牛肉が安く手に入った時に、ぜひ作ってみたいレシピですね。

 

 


スポンサードリンク

 

厚揚げチャポン

材料(4人分)

厚揚げ 3枚(600g)

 

<つけ汁>

しょうゆ 大さじ2

みりん 大さじ1

 

<薬味>

みょうが 2~3個

細ネギ 1/3ワ(刻んで軽くカップ1くらい)

しょうが(すりおろす) 適量

 

大根おろし (すりおろして水切りしておく) カップ1

 

作り方

【1】箸で厚揚げをブスブス刺して穴を開けます。

point

こうすることで早く火が通るのだそうです。

 

【2】オーブントースターに厚揚げを入れて、パリッとするまで

焼きます。

 

point

オーブントースターによって加熱時間が異なりますので、

様子を見ながら行ってください。

 

【3】厚揚げが入るサイズの耐熱容器を用意して、

その中でつけだれを合わせて作っていきます。

 

【4】厚揚げを(3)の中にチャポンとつけます。

しばらくしたらひっくりかえし、スプーンで一口大に

ちぎります。

 

【5】(4)に薬味をかけ、軽く混ぜ合わせたら

大根おろしをかける。

 

【6】皿に盛り付けて、最後見栄えよくネギを散らす。

焼きのりで巻いて食べます。

 

感想

これはおかずにもお酒のおつまみにもなりますね。

これはとても簡単ですが、絶対おいしいですね!

 

特に焼きのりで巻いて食べるというところがいいですね~。

明日のお昼ご飯に作ってみたいと思います。

 

 

 

カツ代さん流 目からうろこの枝豆の茹で方!

これぞ枝豆!

材料

枝豆 1ワ(さや付きで300~350g)

水 1カップ

塩 小さじ1

作り方

【1】材料をすべて鍋に入れて、強火で約5分煮ます。

【2】上下をひっくり返します。

【1】皿に盛り付けて完成です。

 

色が鮮やかだから固いのかと一瞬思いますが、中はやわらかく

おいしく仕上がるそうです。

 

感想

水と塩がすごく少なくていいというのが、時短&無駄がなくて

いいですね!

 

 

煮込まず短時間でできるカレーレシピです。

山ほどナスカレー

材料(4人分)

なす(大)6個

サラダ油 大さじ3

 

にんにく(すりおろす) 1かけ

しょうが(すりおろす)にんにくと同量

 

トマト(完熟)(大)1個

ベーコン(薄切り) 100g

 

小麦粉 大さじ2

カレー粉 大さじ1

チリパウダー 小さじ1/2

⇒なければ一味どうがらしでOKとのことです

こしょう 少々

 

水 カップ1

固形スープの素 1個

ローリエ 1枚

ウスターソース 大さじ1

塩 小さじ1/2

こしょう 少々

 

<カレー味のご飯>

米 カップ3

カレー粉・サラダ油 各小さじ1

(あればターメリック 少々)

作り方

準備:

カレー味のご飯を炊きます。
お米はとがず洗わず炊飯器に材料と一緒に入れ、通常通り炊きます。

 

【1】なすは皮をむき、海水くらいの濃さの塩水につけます。

【2】なすを取り出して薄切りにします。

point

ナスの断面が大きい方がたくさん水分が出るので、断面が

大きくなるように切ります。

 

【3】鍋にサラダ油、にんにくとしょうがを入れ軽く炒める。

火を強めてナスを半分くらい入れる。

 

point

火が強すぎるとナスが焦げるので、様子を見ながら火力を調節します。

 

ナスが油を吸うのが嫌な人は、ナスを刻んでから塩水につけると

油を吸う量を抑えることができるそうです。

 

【4】ある程度炒まったら、ナスを追加して、油を追加する。

point

ナスを炒めるのは、一度に入れず、数回に分けて炒めるのが最大の

ポイントなんだそうです。

 

【5】(4)にトマトとベーコンを加えて、さらに炒めます。

【6】具が炒まってきたら、小麦粉、カレー粉、チリパウダー

こしょうを加える。

【7】(6)にカップ1の水を加える。

【8】火を強めて、固形ブイヨン、ローリエ、ウスターソース、

塩、こしょうを加える。

 

point
ローリエは少し傷をつけてから鍋に入れます。

 

【8】蓋をして、中火におとして、ふたをして7~8分煮ていきます。

時々混ぜて焦げないように気を付けます。

 

感想

ナスがとろとろになっていてとてもおいしそうでした。

カレーに入れるときに、ナスの皮はつけたままいつも炒めていた

ので、今度は皮をむいて作ってみたいと思います!

 

 


スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ