きょうの料理 土井義晴 オニオングラタンスープ

きょうの料理 土井善晴のホッとする四季ごはん 2015年1月8日放送

玉ねぎを炒めるのが結構大変というイメージのオニオングラタンスープですが、

土井さん風の時短レシピが紹介されました!

 

冬にピッタリのアツアツレシピ!

このページの目次

  • オニオングラタンスープ
  • パン粉を使ってボリューム感up! 卵とパン粉のチーズスープ
  • 土井さんのレシピ以外にもある、時短オニオングラタンスープレシピをまとめてみました!
  • パン粉が消費できるアイデアパン粉レシピをまとめてみました!

 


スポンサードリンク

 

 

出汁に煮干しを加えるのがポイントの土井さん流オニオンスープです。

ラーメン屋さんなども煮干しと鶏肉を出汁に使ったりもするので、

この組み合わせは意外と合うのだとか。

●オニオングラタンスープ

材料

<チキンスープ>

骨付きのモモ肉 2本(500g~600g)

煮干し 10g

水 カップ10

 

 

容量350~400mlの耐熱容器 2~3個分

玉ねぎ 2個(500g)

バター(食塩不使用)30g

にんにく 1かけ

水カップ1

塩 小さじ1/3

チキンスープ カップ3

フランスパン 1/4本

グリュイエルチーズ (塊をスライス) 約60g

塩・コショウ 適量

 

作り方

準備

モモ肉は骨付きの部分は中骨に沿って軽く包丁で切込みを入れておきます。

そうすると味が出やすくなるそうです。

 

【1】チキンスープの材料をすべて鍋の中に入れ、煮ます。

煮干しはそのままでOKです。頭や内臓は除きません。

アクが浮いてきたらすくって取ります。

 

煮立ったら火を弱めて、静かに煮立つ状態で50分間煮ます。

 

ポイントは強火にすること。

最初にアクが浮いてきたら安心してすぐ火を弱めると、

後から強いアクが出てきてしまうそうです。

しっかりとアクを出して、徐々に火を弱めていきます。

丁寧に作ると澄んだスープができるそうです。

 

このスープは和洋中色んなものに使えるそうです!

 

出汁用に使ったモモ肉はちゃんとおいしく食べられるそうです。

葱の入った酢醤油やマヨネーズで和えて食べてもおいしいそうです。

 

【2】たまねぎは繊維に沿って薄切りする。

薄めに切った方が火通りがよく口当たりがよくなるそうです。

 

【3】鍋に叩いてつぶしたにんにくと、バターを入れて炒めます。

バターが少し溶けてきたら玉ねぎを加えて炒めます。

 

なじんできたら強火にして炒めることが時短で仕上げるポイントです。

玉ねぎを動かさずに少し焦げると、タマネギを使って焦げを

こそげるイメージでやると効率よく炒められるそうです。

 

【4】12~3分炒めて、きつね色に仕上がったらOKです。

カップ1/2くらいの水を加えてよく混ぜます。

 

よく混ぜると水とバターで乳化すると、口当たりが良くなるそうです。

また玉ねぎに水を加えることでふっくらと仕上がるそうです。

 

【5】しばらく煮詰めてからカップ1/2をさらに加えます。

これを煮詰めたら、チキンスープと塩を加えます。

 

【6】5を耐熱容器によそいます。

その上にトーストしたフランスパンを置きます。

たくさんめのパンを敷くのが土井さん流なんだそうです。

 

その上にチーズをたっぷり乗せて

(チーズはどんなチーズでも大丈夫なんだそうです)

200度~220度のオーブンで10~15分焼きます。

 

 

ポイントはスープがグツグツするほどアツアツに仕上げることなんだとか。

熱くて容器が持てないので、容器の下に何か敷いてサーブすると

食べやすいそうです。

 

感想

パンたっぷりだと、上の方のパンはカリカリ、

下の方のパンはスープを吸ってモチっと、

の両方の食感が楽しめるそうです。

 

スープは50分煮込むのがなかなか大変ですが、

時間のある時に作っておいて、

冷凍しておけば色んなお料理に使えて便利そうだなと思いました。

 

 

 


スポンサードリンク

 

 

チキンスープで出汁を取った鶏もも肉を使ってスープも作ります。

パン粉が入るので結構ボリュームのあるスープになるそうです。

イメージは洋風かきたま汁なんだとか。

●卵とパン粉のチーズスープ

材料(2~3人分)

チキンスープで出汁を取ったあとの鶏もも肉

チキンスープ カップ2

塩 小さじ1/3

コショウ 少々

 

生パン粉 カップ1/3(16g)

グリュイエルチーズ(塊をスライス)20g

卵 2個

 

作り方

【1】鶏もも肉をザクザク包丁で刻んで、鍋に入れる。

【2】1にチキンスープを入れて煮て、塩コショウで味を調える。

【3】おいしいパンの残りを砕いてパン粉にしておくと、

おいしいパン粉になるそうです。(FPでやると簡単に作れるそうです。)

 

パン粉にチーズ(なんでもいいですが、ちょっと塩分が異なるそうです)

、卵を混ぜます。

 

【4】スープをしっかり煮立てておいて、そこに3を流しいれます。

少し火を弱めて、ある程度固まるまではいじらないようにします。

 

【5】皿にお湯に入れて温めておきます。

鶏肉とたっぷりめの玉子スープを入れたら完成です!

 

 感想

パン粉の消費にもすごくいいレシピだと思いました!

あと、レシピでは全卵で作っていましたが、

お菓子を作って卵白が大量に余った時にもこのレシピで

一気に卵白の消費もできそうだなとおもいました。

 

試食した感想は

「卵がすごくふわ~っとしていますね!」とのことでした。

 

骨付きのお肉を使っていると、

骨の近くの部分やそうでない部分で

味や食感が違うので、変化が楽しめるそうです。

 

 

 オニオングラタンスープの時短レシピをまとめてみました!

クックパッドで大人気の時短オニオングラタンスープレシピ

時短・簡単♪オニオングラタンスープ

材料 (2人分)
玉ねぎ 小2個(大1個)
とけるチーズ 適量
フランスパン 2切れ
塩 小さじ1/2
こしょう 適量
固形ブイヨン(無添加がおすすめ) 2個
バター 大さじ2
詳細レシピはこちら

簡単♪オニオングラタンスープ

材料(4人分)

■ 【オニオンスープ】

玉葱 大1個
バター 10g
●水 500cc
●コンソメ 1個
●塩コショウ 適量
■ 【チーズガーリックトースト】
フランスパン 4枚(1cm幅薄切り)
○オリーブオイル 小さじ2
○粉チーズ 小さじ2
○にんにく 小さじ1
溶けるチーズ 適量
詳細レシピはこちら

絶品*簡単 オニオングラタンスープ

材料(3〜4人分)
玉ねぎ1、1/2個
コンソメ 2個
水 600ml
チーズ 適量
バケット 4切れ
塩・粗挽きブラックペッパー 適量
バター 適量(5g程度)
詳細レシピはこちら

パン粉が消費できるアイデアパン粉レシピをまとめてみました!

残ったパン粉で簡単しっとりパンケーキ

材料(パンケーキ約2枚分)
★卵 1個
★砂糖 大さじ2
★牛乳 大さじ2
★粉チーズ 適量
パン粉 70g
水 100cc
詳細レシピはこちら

 

 山本ゆりさんのパン粉でクッキー

<材料>

●パン粉・・・・・100gぐらい

A小麦粉・・・・・50gぐらい

Aベーキングパウダー・・・・小さじ2

●バターかマーガリン・・・・・50gぐらい

●砂糖・・・・・50gぐらい

●卵・・・・・1個

●スライスアーモンド・・・・・適量(ここでは35g。製菓用のん1袋)

 

<作り方>

オーブンは180度に温めておく。

天板にオーブンシートを敷いておく。(それかバターを薄く塗る)

Aをあわせてふるっておく。

ボールに柔らかくしたバターを練り、

砂糖を加えて白っぽくなるまでよくすりまぜる。

卵を加えてよく混ぜ、

ふるったAとパン粉を加えて木べらかゴムべらかなんしかへらで混ぜ、アーモンドも混ぜる。

手でなんとなく丸く形作って天板に並べ、

180度のオーブンで15分~20分ぐらい焼き、網の上で冷ます。

 

詳細レシピはこちら

 

 

同じく山本ゆりさんのレシピ⇐ファンです!本も買ってます♪

じゃがいものサクサクマヨネーズ焼き

材料 ※じゃがいも2個分

●じゃがいも・・・・・・2個(そらな)

●塩、こしょう・・・・・好きなだけ

●マヨネーズ・・・・・好きなだけ

●パン粉・・・・・・まぶせるだけ

●あればドライパセリ・・・・・ぱらっと最後にふる。

●あればサーロインステーキ・・・・・ジューッと横に添える。

●あればティラミス・・・・・・デザートに召し上がる。

●あればリーバイスのジーパン・・・・・・オシャレに履きこなす。

 

<作り方>

じゃがいもは茹でるか、

洗って水気がついたままラップをしてレンジ(500w)で3~4~5分加熱する。

皮を剥いて薄切りにし、塩こしょうをふってマヨネーズを塗る。

パン粉をぎゅっと押さえつけてまぶし、油(分量外)をしいたフライパンでこんがり焼く。

 

詳細レシピはこちら

 

食べるラー油

材料
  • パン粉 2カップ
  • 玉ねぎ 1個
  • 小麦粉 大2
  • にんにく 1片
  • くるみ 適量
  • アーモンド 適量
  • サラダ油 200cc
  • ごま油 200cc
  • 粉末唐辛子 お好みの量
  • すりゴマ 大3
  • 砂糖 大1/2
  • 醤油 大1
  • 固形コンソメ 1/2個
  • コチュジャン 大1
  • オイスターソース 大1

 

作り方
  1. 玉ねぎを荒めのみじん切りにして、
  2. クッキングシートを敷いた皿の上になるべく重ならないように広げ、
  3. レンジで3分温め、一度水分を拭き取る。
    焦げないように混ぜてもう一度広げて3分温める。(ある程度水分が飛べばOK)
  4. 1の粗熱が取れたら袋に入れ小麦粉も入れてまんべんなくバラバラになるようにまぶす。
  5. 分量の油を火にかけ、150~160度の油で2を15分間揚げ、取り出す。
  6. 3の油が冷めたら、みじん切りにしたにんにくを入れて弱火にかけてしっかり香りを出し、
  7. 次にパン粉を入れてお好みの色より少し薄いくらいになるまで揚げる。
  8. 次にすりゴマ、くるみ、アーモンド、3の玉ねぎを入れてザッと混ぜ、
  9. コンソメ、砂糖、醤油、オイスターソースを入れ、
    砂糖が溶けたら火を止めて粉末唐辛子を入れる。

www.asahi-trustfoods.co.jp/enjoy/index.htmlより

まとめ

いかがでしたでしょうか?
パン粉で食べるラー油を作るレシピは私も今度作ってみたいなと思いました!

 

山本ゆりさんのパン粉クッキーは食感はクッキーと言うよりはスコーンに近いそうです。

 

我が家もパン粉はいつも余らせてしまいがちなのですが、

パン粉を牛乳に浸してパンケーキにしたり、

かきたま汁や今回の土井さん流洋風かきたま汁にしたら

あっという間に消費できそうな気がしました!

 


スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ