グレーテルのかまど 和菓子 レシピ

グレーテルのかまど 2015年1月9日放送

今年らしい和菓子ということで、

ふわっふわのかわいい羊の形のきんとんが紹介されました!

 

 

●新春を祝う和菓子の世界

 

この記事の目次

  • 羊のきんとんの材料と作り方
  • 初心者でも作れる簡単な和菓子のレシピ動画をあつめてみました。
  • まとめ

 

 


スポンサードリンク

 

羊のきんとん

材料(8個分)

きんとん生地>
 ゆり根 290g ※色の変わった部分をむいた状態で量る
 上白糖 145g
 白こしあん 100g
 食用色素(黄色・赤色) 各適量 羊の角用
<中あん>
 白こしあん 100g
 食用色素(水紅色/ピンク) 適量

 

ゆり根は地域によってはあまりスーパーでみかけないところもありますね。

楽天市場で北海道産のゆり根が結構たくさん売っていたので、

楽天市場のゆりの商品をまとめてみました!

興味のある方はどうぞ

楽天市場 ゆり根 リンク集

 

作り方

準備

ゆり根を水で洗って、葉を一枚ずつはずし、

色の変わった部分を包丁でむき、水にさらす。

 

白餡を着色して分割する

【1】白こしあん100gを、食用色素でピンク色に着色する。

 

最初、食用色素を3滴くらい楊枝に付けてあんこにポンポン付けて

混ぜて色の様子を見ます。

混ぜてむらがなくらればOK。

 

【2】きんとんの中あんとしてサクランボくらいの大きさ(約10g)に分割する。

【3】俵形に整える。
※これをあん玉というそうです。

 

きんとんの生地を作る

【4】蒸し器に、水でぬらしてかたく絞ったさらしを敷き、

ゆり根を水から引き揚げ、蒸し器に入れて15分~20分蒸す。

食べてみて火が通っているか確認する。
※ほくほくしていれば、火が通っているそうです。

 

【5】ゆり根が熱い間に粉ふるいで裏ごしする。
※冷めるとかたくなり、こしにくくなるそうです。

 

【6】さらしを使ってひとまとめにして、滑らかな状態にする。

 

かなりぶ厚いめのさらしを使っていました。

さらしごしに揉んで滑らかにします。

さらしを使った方がむらなく仕上がるそうです。

 

【7】鍋に6の半量と上白糖を入れて弱火にかける。

全体が溶けて、どろっとした状態になれば強火にする。

 

【8】沸騰したら6の残りを加えて、さらに炊く。

全体にダマがなく、ひとまとまりになるまで練る。

 

【9】バットに移し、ひとつにまとめ、押さえて平らにし、

乾燥しないように、水でぬらしてかたく絞ったさらしをかけて常温で冷ます。
※水分の蒸発を防ぐためにまとめる。

 

【10】冷めた9を粉ふるいで、裏ごしする。
※粉ふるいを逆さま(うつぶせにして)にして、

木べらを使って裏ごしします。

口あたりを滑らかにするためにこす。

 

【11】白こしあん100gを加えて、さらしを使って、むらなくもみ混ぜる。

【12】一部のきんとん生地(約20g)を、薄いオレンジ色に着色する。

 

そぼろを作る

【13】水でぬらしてかたく絞ったさらしを敷く。

その上に粉ふるいを逆さまにしておき、上にきんとん生地をおく。

【14】きんとん生地を木じゃくしで押し出す。
※粉ふるいの内側に細かいそぼろ状の生地が出てくる。

 

【15】14の粉ふるいの上を、木じゃくしでたたいてそぼろを落とす。
※細かいそぼろになります。

 

【16】目の粗いザルを使い、ザルの内側に、

きんとん生地をおき、上から木じゃくしで押し出す。

【17】ザルを木じゃくしでたたいて、ザルの外側に出てきたそぼろを落とす。
※粗いそぼろになります。

 

仕上げ

【18】俵形に整えたあん玉に、箸でそぼろをつける。
※先の細い箸を使うと、箸の跡が目立たず、美しく仕上がるそうです。

あまりたくさんつけすぎないところがポイントなんだそうです。

 

【19】指の上にのせ、全体を確認しながら、

あん玉が見えなくなるまでそぼろをつける。
※下から上に向かって、軽くおさえるようにしてつける。

 

そぼろは箸につきやすいので、箸の先を布巾でふき取りながらつける。

 

【20】バランスを見ながら形を整える。

(粗いそぼろの方は、上から見たときに卵形に整える。

細かいそぼろの方は、だ円形に整える)

 

【21】ステップ12の薄いオレンジ色に染めたきんとん生地を、

大豆大に分割し、約4cmの長さの細いにんじん形にする。

とがった方の先から丸めて、角の形にする。竹串で筋をつける。

 

【22】粗いそぼろのきんとんは、角を2個つけて正面向きに、

細かいそぼろのきんとんは、

羊が横を向いているように左横に角を1個のせてできあがり。

 

この角のおく位置で表情が変わるそうです。

 


スポンサードリンク

 

感想

割って食べると、中からとてもきれいなピンクが出てきて、

紅白でおめでたい感じに!

 

細かい作業が多いので、手作りアクセサリーを自分で作ったりする

人は楽しんで作業できそうです!

逆に、細かい作業をするのが苦手な人は結構苦戦しそうなお菓子でした。

 

ゆり根って、いつも煮て梅肉を和えたものしか作らないのですが、

お菓子にも使えるんですね!

 

 

和菓子初心者の方向け!
簡単でとっても綺麗な和菓子の作り方を
紹介した動画をまとめてみました。

和菓子 あじさい 作り方

涼しげでとてもきれいですね!

色にグラデーションがかかっているのがステキです。

 

和菓子でリラックマだって作れちゃう!

かわいいですね!

今年だったら妖怪ウォッチとかも作れそうですね!

 

プロの練り切り 動画

圧巻です!

 

プロの方がわかりやすく解説している菊の練り切り動画

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

和菓子って難しいイメージがありましたが、

作り方そのものは初心者でもそれなりに楽しんで作れそうな感じがしました。

 

色素を入れすぎるとドギツクなっておいしそうに見えないので、

ちょっとずつ入れる方がよさそうですね。

私もかわいい和菓子が作ってみたくなりました。

 


スポンサードリンク

 

コメントを残す

このページの先頭へ