きょうの健康 1月22日 一人分塩分2gの減塩鍋レシピ 

きょうの健康 2015年1月22日放送

みちば和食 銀座たて野 店主:舘野雄二さんの一人分2人分2gの減塩鍋レシピが紹介されました。

 

色々な食材をバランスよく食べられる鍋ですが、気になるのは『塩分』。

鍋は意外と塩分が多いそうです。

鍋が塩分過多になってしまう理由

  • 鍋つゆの塩分
  • 食材の塩分・・・練り物などを入れる場合は、特に塩分を多く含むそうです。
  • 付けだれの塩分

 


スポンサードリンク

日本人の1日に摂る塩分の目安

健康な成人

男性 8g未満
女性 7g未満

 

高血圧の治療を要する人

6g未満

 

1食あたり塩分2gの目安

市販のポン酢しょうゆ 20ml(cc)=塩分2g!!

結構ポン酢が好きなので、衝撃です。

大さじ1杯=15ccなので、1.3杯くらいで2gいっちゃうんですね。

 

今回は1食分2gのレシピということで期待大です!

 

 

減塩!鶏の香味野菜つみれ鍋

こちらのレシピのポイントは、

付けだれを使わないこと、

素材の風味を活かすこと、とのことです。

 

材料(2人分)

<出汁(だし)>

 

<昆布水>

昆布10g

水1L(リットル)

 

削り節(かつお) 30g

 

<野菜>

白ネギ 1本

えのき 35g

にんじん20g

ごぼう 25g

 

<つみれ>

鶏ひき肉 250g

ネギ 50g(みじん切り)

しょうが 15g(みじん切り)

卵 1/4個

片栗粉(かたくりこ) 15g

薄力粉 15g

みりん 30ml(cc)=大さじ2

しょうゆ 20ml(cc)=小さじ4

(2人分の塩分量 2.9g、一人分の塩分量 1.45g)

 

<鍋>

出汁 800ml(cc)

 

胡椒 適量

小口切りにしたネギ 適量

ゆずの皮 適量

 

 

——鶏のひき肉にも塩分が含まれているので、

この段階で一人分の塩分 1.8g——————

 

 

<〆のぞうすい>

ごはん 70g

卵 3/4個

小口切りした細ネギ 適量

塩 少々

 

 

 


スポンサードリンク

 

作り方

point
うまみが効いた『濃い出汁』を取る!

【1】昆布と水を容器に入れて、一晩冷蔵庫に入れておく。

沸騰させて出汁を取るよりも、コツが要らなく、年中同じ味が再現できるそうです。

冷蔵庫で入れておくだけだったら簡単ですね♪

 

【2】1の昆布水を鍋に入れて、火にかけます。

出汁が沸騰したら火を止めて、かつおぶしを入れます。

 

かつお節は水に沈んだらOK。

手前から奥にお玉でかるくかつお節を寄せて、

浮いてきた灰汁(あく)は取り除きます。

 

漉して(こして)かつお節を取り除いたら、出汁の完成です。

 

point
野菜本来の旨みを活かすことで減塩する!

【3】ネギは『じゃばら切り』にします。

半分くらいまで細かく包丁で切込みを入れます。

 

下の動画できゅうりのじゃばら切りについて説明されていたので、

わかりにくい方はどうぞ。

ただし、今回のつみれ鍋のネギは、片面だけに切込みを入れていました。

こうすることで、火が通りやすく、味が染みやすくなるそうです。

 

ネギの青い部分は小口切りにします。

 

にんじんはきれいに洗って、皮はむかずにピーラーで薄切りにしていきます。

ごぼうも同様に。

えのきは石突き(いしづき 根本の部分)を落としてかるくほぐします。

 

【4】

point
つみれは味にメリハリをつける

フライパンにみりんとしょうゆを入れ、

鶏ひき肉を半分だけ入れてます。

 

【5】鶏ひき肉に火が通ったら、漉し(こし)ます。

漉した汁も後で使います。

 

【6】冷めた5を生のひき肉と混ぜます。

point

2種類の鶏肉が均一になるまでしっかりと混ぜることがポイントなんだそうです。

 

【7】6に卵を加えて、5の時に漉した(こした)煮汁も加えます。

【8】片栗粉と薄力粉を入れて、最後にみじん切りにしたネギとショウガを加えます。

 

ネギとショウガという香味野菜をたっぷり加えることで

おいしさをアップしているそうです。

 

また、

ネギに含まれるカリウムが塩分を体外に排出することを

手助けしてくれるそうです。

 

【9】

かつお昆布だし800mlを鍋に入れて、

8のつみれを一口サイズに鍋の中に入れています。

 

番組ではつみれをビニール袋に入れて、

しぼりだしながらスプーンで切るようにすくって

鍋に落とすようにしていました。

 

普通に二本のスプーンで交互にすくって丸めて入れるのでも

大丈夫だと思います。

 

【10】ネギ⇒薄切り野菜⇒えのきだけの順番で野菜を鍋に入れていきます。

point

白菜などの水分を出す野菜を使うと、

つみれから染みだした塩分が出汁に移るときに、

塩分が薄まってしまいますが、今回の食材は水分が出ない食材を使うことで、

追加の塩分が必要ないというところが減塩のポイントです。

 

【11】

最後に黒コショウをたっぷりめに振り入れて、

ネギ、ゆずの皮を加えて味にパンチを効かせたら完成です!

 

 

感想

試食したアナウンサーさんの感想は、

「味が薄いのかなと思っていましたが、

つみれにしっかり味が凝縮されているので

全然そんなことないです!おいしいですね!」

とのことでした。

 

〆の雑炊はしっかり出汁が効いているので

本当においしそうに食べられていました!

「減塩を思えない!おいしい!」とのことでした。

 

我が家だったら、味付けでない海苔を入れたいところですが、

海苔にも塩分があるので今回は入れられなかったんだろうな

と思いました。

 

我が家は血圧は正常ですが、ダイエットのためにも減塩した方が

むくみも起こりにくいのでぜひ試してみたいと思いました!

 

 

舘野雄二シェフのお店

みちば和食 たて野

東京都中央区銀座7-6-10 アソルティ銀座花椿通りビル6階
*1階はブランドショップ;CH CAROLINA HERRERA
*エレベータ入口は西五番通り沿い。
TEL:03-6252-5000 / FAX:03-6252-0050

 

<営業時間>

月~土
ランチ 11:30~14:30(L.O.13:30)
ディナー 17:30~22:30(L.O.21:00)

*月曜日が日曜日と連休の場合のみ、月曜はお休み
*土・祝のみL.O20:00

ランチ営業

 


スポンサードリンク

 

 

コメントを残す

このページの先頭へ