谷原章介の男の食彩 1月22日 とろっとろのチョコが楽しめるウイスキーガトーショコラ

谷原章介の男の食彩 2015年1月22日放送

ショコラティエ メランジュ l MÉLANGEの三枝俊介シェフ

チョコレート×酒の男のガトーショコラが紹介されました!

 

男のチョコレートの世界

 

 

三枝シェフは産地の異なる複数のカカオ豆をさらに焙煎することで

独自の味を出しているそうです。

ウイスキー入り ガトーショコラ

ケーキでありながら粉を一切使わないガトーショコラなんだそうです。

夜おなかがすいてしまってどうしようもなくなったメニューでした!

 


スポンサードリンク

 

材料(23×35×高さ6.5cmのパウンド型3台分)

製菓用チョコレート 300g(カカオの割合の高いビターなチョコレート)

⇒ウイスキーの味に負けないようにとのことでした。

 

太白ごま油 50g

⇒バターの一部を香りのないごま油を入れることで、

チョコレート本来の香りや持ち味が引き立ち、

口当たりも軽くなるそうです。

 

<ケーキのベースとなる卵の生地>

卵 4個

卵黄 1個分

グラニュー糖 110g

 

 

ウイスキー 小さじ1

 

無塩バター 200g

 

 

楽天市場の製菓用チョコレートの商品をまとめましたので、

興味のある方はどうぞ
楽天市場 製菓用チョコレートリンク集

作り方

【1】チョコレートを細かく刻み、ボウルに入れます。

湯せんにかけていきますが、

ポイントはチョコレートの入ったボウルよりも

一回り小さいサイズの鍋を用意することなんだそうです。

湯気がチョコレートに入らない工夫なんだそうです。

 

【2】全体に均一に熱が伝わるようにチョコレートを溶かしていきます。

pointは温度。

チョコレートは45度~50度にします。

温度が高すぎると変性しますが、低すぎても溶けないとのことでした。

 

【3】湯せんにかけながら、卵を卵の繊維を切るように

材料を混ぜ合わせてしっかり混ぜます。

卵の生地は40度程度が目安。

 

【4】3を網で漉してより滑らかにします。

【5】4の3分の1量を2のチョコレートのなかに入れます。

しっかりと混ぜ合わせます。

【6】残った4の約半分をさらに5に加えてしっかり混ぜます。

混ぜると美しいチョコレートのツヤが出てきます。

 

【7】残りの卵を全部6に加えて全体を混ぜ合わせていきます。

【8】ウイスキーを7に加え、軽く全体を混ぜます。

 


スポンサードリンク

 

【9】バターを加えてしっかり混ぜ合わせます。

【10】パウンド型にオーブン用のクッキングシートを敷き込み、

そこに9を絞り袋でしぼり入れます。

 

パウンド型にオーブンシートを上手にしきこむ方法

【11】

湯せんに使ったお湯をステンレスボウルに入れて、

10と一緒にオーブンに入れて蒸し焼きにします。

 

蒸し焼きにすることで、火の通りが柔らかくなり、

固くならず滑らかに仕上がるそうです。

 

160度で約18分加熱します。

 

加熱の見極めは、どんどん膨らんでいって、

限界まで膨らんでしぼむ一歩手前がベストなんだとか。

 

【12】ケーキが熱いうちに、ウイスキーを贅沢に塗ります。

 

ケーキが熱い方が、香りだけ残ってアルコールが抜けるのと、

熱い方がウイスキーがしみこみやすいそうです。

 

【13】最後、

飾りのチョコレート、乾燥いちじく、丁子、ナッツなどを刺したら完成です。

最初に大きな飾りを乗せてから小さいものを乗せるとうまくいくそうです。

どこを切っても同じ味になるように気を付けるとよいそうです。

 

感想

チョコレートに負けない素材がウイスキーなんだそうです。

食べる前に電子レンジで10秒ほど温めるととろける口どけが楽しめるそうです。

めちゃくちゃおいしそうでした~~~!!

 

ガトーショコラというと一般的に割としっかりした断面の写真が多いのですが、

こちらのレシピはフォンダンショコラのようなトロッとした断面がたまらない感じでした!

 

試食した谷原さんは

「カカオの芳醇な香りをすごく感じられますね!」

とのことでした。

 


スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ