世界一受けたい授業 インフルエンザウイルス 1月31日

世界一受けたい授業 2015年1月31日放送

インフルエンザからエボラウイルスまでウイルスの世界について特集されました。

●インフルエンザからエボラまでウイルスの世界

北海道大学教授 高田礼人先生によるウイルスに関する講座でした。

細菌とウイルスは何が違うの?

大きさ

細菌とウイルスを比べると、ウイルスはだいぶ小さいそうです。

 

また、細菌はそれ自体で生きることができますが、

ウイルスは宿主がいないと存在できないところが違うそうです。

 


スポンサードリンク

 

ウイルスが引き起こす病気

エボラ出血熱、インフルエンザ、はしか、デング熱など色々あります。

 

風邪にはあまり知られないですが、ウイルス性ものと、細菌性のものがあり、

ウイルス性の風邪には抗菌薬が効果がないそうです。

 

 

インフルエンザが冬に流行するのはなぜ?

はっきりとはわかっていないそうですが、

一つ目は冬は乾燥しているので、ウイルスの周りの水分がなくなり飛びやすくなる

二つ目は冬は寒いので、ウイルスが安定しやすいのだとか。

三つ目は人が締め切ったところに集まるので感染しやすいのだとか。

 

インフルエンザワクチンの型がはずれることがあるのはなぜ?

WHOが各地域の状況などを綿密に調査して流行するであろうウイルスの型を

予測するので外れることがあるそうです。

 

今のところ、すべての型に対応できるワクチンは存在しないそうです。

 

インフルエンザにかかったら、その年はもうインフルエンザには感染しない?

A型インフルエンザとB型インフルエンザはかなり違うので、

A型インフルエンザに感染した後、B型インフルエンザにかかることはあるそうです。

 

また、A型インフルエンザも2種類あるので、

1種類のA型インフルエンザに罹った後、

別のA型のインフルエンザにかかる可能性はあるそうです。

 

 


スポンサードリンク

 

エボラウイルスが今回これほどまでに大流行してしまったワケは?

昨年大流行したエボラ出血熱。

これほどまでに流行してしまった背景には、最初にエボラウイルスに感染した人を

エボラと思わずに見逃したことに原因があるのではないか、とのことでした。

 

過去にエボラウイルスが流行した場所よりも、

人の流れの激しい地域で流行してしまったことと、

気づいてからも患者をちゃんと隔離できなかったことを挙げられていました。

 

西アフリカの人たちの感染症への知識の欠如も指摘されていました。

 

 

エボラはどの動物からきたの?

はっきりとはしていないそうですが、

果物を食べるコウモリからではないかと疑われているそうです。

 

エボラウイルスに効果のある薬はあるの?

まだ動物実験の段階なんだそうですが、

サルには効果が認められている薬があるそうです。

 

薬が認可されるまでは、

この後、効果と副作用がないか動物でしっかり実験した後、

健康な男子で試験する一相試験、その後年齢や性別を広げて二相a試験、

さらに病院などで他にもゆるい病気なども持っている人に対象を広げて

二相b試験、そして三相試験と、とても長い道のりがあります。

 

二相b試験以降になると、ある程度希望が持てる感じになるので、

まだ海の物とも山の物とも・・・という感じです。

一日も早くいい薬が出るといいなと思います!

 

エボラ出血熱は終息に向かう?

徐々に終息に向かっているそうです。

 

感想

感染症の専門医や、感染症に関わっているコメディカルが

多く入っているメーリングリストで私も情報をいただいているんですが、

エボラウイルスやデング熱、インフルエンザ、おたふくなど

すごく情報共有のスピードが速いです。

 

ウイルス流行の一報が出たら、

すぐに診療の対応マニュアル、施設の対応マニュアル、

患者向け情報リーフレットなどを作成して情報共有してくれる専門医の先生が多数いて、

インターネットの普及の頼もしさを感じます。

 

一方で、昔以上に人の出入りが激しいので、

感染症のリスクも皆頭の片隅に覚えておいて、

防災と同じで何かあった時はこうしようとシュミレーションしておくと

安心なのかなと思いました。

 


スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ