あさイチ スゴ技Q 2月3日 冬のニオイ 体臭・家・コートまで徹底対策!

あさイチ 2015年2月3日放送

冬の汗は夏の汗よりもニオイがきつい?お風呂で手軽にできる汗腺トレーニングや、短時間の換気で家のニオイをリフレッシュできる裏ワザや、コートなどの洗いにくい冬服のニオイを簡単に取る裏ワザが紹介されました!

 

●気になる冬のニオイ徹底対策

 

夏と比べて冬はニオイ対策あまりしないもの・・・。

しかし冬の方が、実はニオイがこもりやすいそうです!

 

冬の体臭対策

ほとんど運動をしない女芸人 澤田さんと、

元オリンピックメダリストの宮下さんでは動いた時に汗のかき方が違いました。

 

運動しなれている宮下さんが体中まんべんなく汗をかいているのに対して、

女芸人さんはほとんど汗をかく場所が限局的で、

汗腺の機能が低下しているために、少しの汗で強いにおいを

発してしまっていたという分析でした。

 


スポンサードリンク

 

汗腺の機能が低下するとは?

汗腺の機能が正常な時は、体内の水分とミネラルを分けることができるそうです。

これがいい汗のかきかたなんだとか。

 

汗腺の機能が低下すると、体内の水分とミネラルを分けることができず、

汗の中にミネラルが入ったままになるそうです。

これが悪い汗のかきかたで、ニオイの原因になりやすいのだとか。

 

冬はあまり汗をかかないので、

悪い汗のかき方をする人が増えるそうです。

 

研究所での調査で、夏の汗と冬の汗のミネラルを比較すると、

冬の汗の方がミネラルが2.2倍多いという結果になったそうです。

 

 

ミネラルを含む汗がニオイの原因になるのはなぜ?

ミネラルを含む汗は、雑菌がそれをエサにして繁殖しやすいそうです。

 

悪い汗⇒いい汗に 汗腺はトレーニングできる?

汗腺のトレーニング法

お風呂で行います。

 

【1】43度くらいの熱めのお湯に10分程度、

お風呂に浸かって手は肘までつけて半身浴をします。

 

【2】次にぬるいお湯を足して39度くらいで20分浸かります。

この時、肩を出した状態で浸かるのがポイントなんだそうです。

 

肩を出すと、出した肩からしっかり発汗するのだそうです。

水の中だと汗が出にくいのだとか。

 

水分補給はしっかりと。しょうが湯を飲むと発汗効果アップ!

入浴前に乾布摩擦をしても発汗効果アップするそうです。

 

冬の浴槽は寒いので、

シャワーなどでしっかりと浴槽を温めてから

実践してくださいとのことでした!

 

 

汗腺トレーニングのポイント

人間は、脳の温度を下げるために汗をかこうとするために、

脳から離れた手足は汗腺の機能が落ちやすいのだそうです。

 

汗腺トレーニングのポイントは、

手足の汗腺を集中的に鍛えることがなんだとか。

 

お風呂に浸かっても、手は湯船の外に出さず、

お湯につけておくことが大切なんだそうです。

 

手足を温めると、全身の血液が温まって、

全身の汗腺を鍛えることができるんだそうです。

 

 

 

女芸人の澤田さんは

汗腺トレーニングを2週間続けたらだいぶ汗腺が鍛えられて、

運動したら時間はかかるものの汗をかくようになってきたそうです。

 

同僚の女芸人さんたちに「ニオイ」について確認してもらうと、

「ニオイはあるけど、ツーンとする刺激の強いニオイはなくなった」

とのことでした。

 


スポンサードリンク

 

 

冬 こもりがちの家のニオイ

冬はあまり換気をしないために、家にニオイがこもりがちに・・・。

臭気鑑定士の松林さんの色々な裏ワザが紹介されました!

 

玄関先のニオイ

くつやブーツなどから出たニオイが気になる玄関先。

取材したお家では、湿気やニオイ対策で靴に紙を入れるという対策をしていました。

 

専門家が調べたところ、紙にニオイが移ってしまい、

これがニオイをかえって悪化させているという結果でした。

 

体臭の専門クリニックのDrは、

「体臭を出す原因物質は酸性なので、

アルカリ性の重曹(炭酸水素ナトリウム)を使うといいのでは」

とコメントされていました。

 

重層水を作って、

ブーツや下駄箱の壁に直接スプレーすると良いそうです!

 

リビングのニオイ

料理やごみのニオイがリビングまでこもってしまっている・・・。

 

取材したお家は、

「喚起すると家の中でもコートを着ないといけないくらい寒くなってしまうのと、

小さい子供が窓を開けると勝手にベランダに出てしまい、

とても危険なので、窓を締めて、鍵もかけている状態なんです」

とのことでした。

 

小さいお子さんがいたら、ベランダを開けるのは怖いですよね。

 

 

専門家は、

窓を開けなくてもニオイを解決する方法があるとコメントされていました。

 

その方法は、

加湿+換気

空気清浄機や扇風機は空気中にただよっているニオイには有効ですが、

床や壁にしみ込んでいるニオイには効果がないそうです。

そこで、加湿してから喚起すると、

壁や床にしみ込んだニオイの粒子が水とくっついて、

換気するとニオイが外へ出ていくそうです。

 

加湿と換気の方法

【1】部屋を締め切った状態で、30分~90分加湿をします。
【2】手早く換気

 

お風呂場のニオイ

エタノールの原液

お風呂場のニオイは、排水溝などの雑菌やカビが原因なんだとか。

 

トイレのニオイ

酢(5倍に薄める)

ニオイの原因は尿によるアンモニアなので、

酸性の酢が有効なんだそうです。

 

余談 お気に入りのコートに猫がおしっこしてしまった・・・

番組へのFAXで紹介されました。

猫のおしっこは、かなりやっかいなニオイで、

重曹と酢を両方使った上で加湿消臭しないといけないものなんだそうです。

 

こちらは専門家に任せた方がよさそうな感じですね。

 

洗濯しにくいコートなどの冬服のニオイ

洗濯王子 中村裕一さんによる冬服のニオイ対策が紹介されました。

 

冬服はあたたかくするために、衣服の表面がデコボコしたものが多く、

そのデコボコにニオイの粒子が入り込んで、

ニオイの原因になるそうです。

 

 洗濯王子直伝! セーターやニットなどの伸び縮みしない洗い方

準備するもの
  • 洗濯用ネット
  • おしゃれ着専用洗剤
  • 100均のワイヤーネット

 

ワイヤーネットがわからない方や、

知っているけど100均まで買い物に行くのが面倒な方向けに

楽天市場のワイヤーネットの商品をまとめてみました。

興味のある方はどうぞ
楽天市場 ワイヤーネット リンク集

 

  • 100均のスカートハンガー(2本)

 

 

【1】ネットを使います。

ネットに衣服を畳んで入れます。

ネットを使うことで、

衣服が動きすぎて伸び縮みするのを防ぐ効果があるそうです。

 

【2】ぬるま湯を使い、おしゃれ着洗い用の洗剤を入れたら、

上からやさしく押したり、持ち上げたりして洗います。

 

このように洗うことで、

伸び縮みや表面の毛羽立ち(けばだち)を防ぐことができるそうです。

 

【3】2を2回行ったら、洗濯機で30秒脱水します。

洗濯機を使った方が、力が均等にかかるので、

手で絞るよりも伸びにくいそうです。

 

【4】ワイヤーネットを横向きにして、

両端にスカートハンガーのクリップの部分でワイヤーネットを挟みます。

 

こうすることで、即席平干しハンガーが作れるそうです。

 

ワイヤーネットの上に衣服を広げて、

洗濯竿などにかけたらOKです。

 

 

 洗わなくても冬服のニオイを取る裏ワザ

入浴後の水蒸気たっぷりのお風呂場に衣服を干して、
10分後に換気扇を回します。

お風呂の蒸気で服のニオイ物質が水に溶け出し、

換気扇を回すことで外へ出ていくのだそうです。

 

ポイントは換気扇を回し始める時間なんだとか。

直後にすると水蒸気が十分回らず、

30分後にすると衣服が結露したり、

重くなって伸びる原因になるそうです。

 

ちなみにアイロンのスチームでもニオイを取ることができるそうです。

 

冬服のコートにはブラッシング

カシミヤや羊毛のコートは、細かい毛が寝てしまっていて、

その間にニオイの粒子が入り込んでいることがあるので、

ブラッシングが有効なんだそうです。

 

ブラッシングの方法

毛を立てるように、下から上にブラッシングすします。

その後毛並みを整えるように、

上から下にブラッシングすると良いそうです。

 

感想

夏は必死で洗濯したり、消臭スプレーをしますが、

冬はノーマークだったので、私も気を付けたいと思います!

特に下駄箱に重層水は今日からやってみようと思います。

 

靴のニオイに関しては、

ファブリーズよりは消毒用のアルコールの方が効果があるように感じていたんですが、

これからは重曹水スプレーを使ってみたいと思います。

 


スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ