林修の今でしょ講座 2月10日 魚 干物ホッケのアクアパッツァ

林修の今でしょ講座 2015年2月10日放送

前回とっても面白かったお魚官僚ウエちゃん先生の2月に栄養と味が最も良いお魚ランキングとおいしいレシピが紹介されました!

 

第一弾11月に食べたい!本当に体に良いお魚ランキングの記事はこちら

 

●2月に食べたい魚ランキング

第6位 鉄分たっぷり!アサリ

アサリは牛レバーと同じくらい鉄分が豊富なんだそうです!

貧血や疲労対策に。

 


スポンサードリンク

 

おススメの食べ方

アサリ豆腐

アサリは酒蒸しにするとおいしいのですが、

そうすると鉄分が溶け出て逃げてしまうそうです。

 

逃さないようにするために、豆腐も一緒に煮るのだとか。

 

材料

むきアサリ

ごま油

コショウ 一ふり

木綿豆腐 1丁

しょうゆ 二回し

作り方

【1】むきアサリを鍋に入れ、ごま油で炒めます。

【2】1にコショウを一振り入れます。

貝にコショウを入れるとえぐみがマイルドになるそうです!

【3】木綿豆腐を手で一口サイズにちぎりながら2に入れ、

醤油を二回しくらい加える。

水分を飛ばしたら完成です。

 

スタジオでは、

「小松菜も入れてもおいしそう!」

「みつばを入れても」

「えのき入れたい」

など和気あいあいとされていました。

 

感想

今糖質制限ダイエット中なんで、このレシピいただきです!

体にいいものしか入っていないところが最強ですね。

ご飯と一緒には食べられないので、

しょうゆをめんつゆに置き換えて作ってみたいです。

 

アサリの砂をうまく抜く方法

一般的にたっぷりの塩水でアサリを浸して、

アルミホイルを巻いて暗くして砂抜きしている人が多いですが、

先生によると、アサリは水が引くときに砂を吐くので、

たっぷりの塩水よりも少な目の塩水が良いそうです。

 

【1】海水と同じくらいの濃度の塩水を作ります。

【2】バットに入れる塩水の量はアサリの殻の半分より下くらいになるように入れます。

【3】蓋やアルミホイルを巻いて暗くする。

 

第5位 ほっけ

骨粗しょう症対策に!

 

ほっけには卵の1.5倍のたんぱく質が含まれているそうです。

 

ほっけは煮て食べろ!

たいてい焼いて食べるほっけの干物ですが、

焼くと野菜と合わせにくいとのことで、

ちょっとおしゃれなホッケの煮物レシピが紹介されました!

 

野菜と組み合わせ事で、たんぱく質の吸収もアップするそうです。

 

干物ホッケのアクアパッツァ
材料

オリーブオイル

ニンニク ひとかけ

唐辛子 1~2本

ホッケの干物

玉ねぎなどの野菜

白ワインなどの酒

香味野菜

塩・コショウなど

 

作り方

【1】フライパンに弱火でオリーブオイルを加熱して、

芽を取って軽くつぶしたニンニクと唐辛子を入れて炒めます。

 

【2】香りが出てくると、

調理ばさみでホッケを食べやすい大きさにカットして入れます。

 

【3】玉ねぎなどの野菜を入れて、白ワイン(なければ日本酒などで代用可)

を入れて蓋をしてひと煮立ちさせます。

 

【4】水を加えて蓋をしてひと煮立ちさせます。

【5】パプリカなど香味野菜を加えてひと煮立ちさせて、

味を確認したら完成です。

 

おいしいホッケの干物の見分け方

・ホッケの骨の周りを見て、茶色くなっていないもの

・赤味がかっているものはおいしく、

黄色っぽいものは脂が酸化していてあまりおいしくないそうです。

 

 


スポンサードリンク

 

 

 第4位 サワラ

カリウムたっぷりなので、高血圧の方に!

加熱してしまうとカリウムの量が減ってしまうので、

できるだけ生で食べた方が良いそうです。

 

鰆(さわら)は生では食べられないと思われていますが、

雑菌のついている表面さえきちんと処理したら、

中は無菌で生でも食べられるのだそうです。

 

包丁を入れるとそこから雑菌が入るので、

下処理前は包丁で切れ目は入れません。

 

サラワを生で食べる 方法

 

【1】洗い方は、必ず流水で洗います。

流水で3秒ほどさわらの切り身を洗った後、

キッチンペーパーなどでしっかり水けを取ります。

 

【2】

少しさわらの身に匂いがあるようなら

サワラの表面に塩をまぶしてから流水でまた洗い、

よく水けを取ります。

 

それでもニオイが気になるようなら、お酒をまぶし、

流水で洗って、よく水けを取ります。

 

【3】2を細切りにします。皮は取り除きません。

お酒を少しいれて、よく混ぜて臭みを取ります。

 

【4】レモン汁を加えてさらに殺菌します。

全体を混ぜたらレモン汁は捨てます。

(汁の中に臭みが入っているそうです)

 

ウエちゃん先生流のレモンの切り方は、

レモンを横に倒して、バッテン型に切ると、

4つとも同じ大きさに切ることができ、

汁も飛ばないそうです。

 

【5】小口切りにしたたっぷりの万能ねぎを加えて

さっくりと全体を混ぜたら完成です。

 

レモン汁に含まれるクエン酸がカリウムの吸収を

アップさせてくれる効果も期待できるそうです。

 

感想

これは見ていてめちゃくちゃおいしそうだったので、

絶対やってみたいと思います!

 

 

ウエちゃん先生のスーパーで魚を買う時のポイント

おいしい魚の条件

  • 身が張っている
  • 小顔
  • お尻から汁が出ていないか

 

一匹まるまるの魚

ウロコが残っているものの方がおいしい。

漁の時に網にぶつかったり魚同士ぶつかりあった魚は

早く鮮度が落ちやすいそうです。

 

切り身の魚

身にツヤのあるもの
液体(ドリップ)が出ていないもの

 

  • 貝が水をはいている
  • つけてある水が濁ってないもの
  • ゆすると貝が口を閉じたり動くもの

 

ヤリイカ

  • 斑点がしっかりみえるもの(ぼんやりしていない)
  • 目がキラキラしていてきれいなもの、目の形がしっかりしているもの

 


スポンサードリンク

 

第3位 ブリ

弱った胃腸を活発にして動きを整える、

ビタミンA、B12、D、Eの宝庫なんだそうです。

 

ブリしゃぶは栄養が溶け出してしまうので、

焼きしゃぶがおススメなんだとか。

 

焼きしゃぶ

フライパンなどで軽く炙るだけ。

タレをつけて野菜と一緒に食べるそうです。

 

第2位 アジ

鯵(あじ)にはEPAが豊富に含まれているそうです。

EPAは薬にもなっていますが、

血管を詰まられて心筋梗塞や脳梗塞の原因となる中性脂肪を減らす働きがあるそうです。

 

EPAは空気に触れるとどんどん壊れてしまうそうです。

それを防ぐには胡麻(コマ)と合わせるのが良いそうです!

 

りゅうきゅう (大分の郷土料理)

作り方

【1】アジを3枚におろして皮を取り除きます。

 

【2】食べやすく1をカットします。

【3】塩味の角(カド)を取るために、みりんと醤油を合わせます。

ネギ、大葉、生姜などを入れて2のアジを入れて軽く混ぜ合わせます。

【4】軽く浸かったら、3をザルにあげて、

一度みりん醤油を捨てます。

【5】別の容器に4を移して、たっぷりのすりごまを加えます。

ごまの抗酸化作用で、EPAが壊れるのを防いでくれるそうです。

 

感想

これもすごく簡単でめちゃくちゃおいしそうでした!

 

第一位 サバ

脳の働きを助けるDHA豊富。

全ての魚の中で一番DHAを含んでいるそうです。

 

しかし、サバは油などで焼くと油と一緒に溶け出てしまうそうです。

一番効果的なレシピはなんと、野菜炒めなんだそうです。

 

DHAを残さず摂れるサバの野菜炒め

【1】塩サバは3枚におろし、食べやすい大きさにぶつ切りにします。
【2】フライパンにサラダ油をしき、1を入れて炒めます。

【3】キャベツやニンジン(拍子切りなど)を食べやすい大きさにカットしたら

2に入れて、サバから出たエキスを吸わせるように、

しんなりするまで炒めたら完成です。

塩サバを使っているので、味付けも必要ないそうです。

 

感想

これは楽チンですね!

我が家は京都出身で塩少な目甘めの味付けなので、

塩サバは塩味がきついので普段買うことがないんですが、

この食べ方なら塩サバも食べられそうです!

 

試食した感想は

「ちゃんと出汁の味がある!ちゃんと塩味がある!」

とのことでした。

 


スポンサードリンク

 

コメントを残す

このページの先頭へ