たけしの家庭の医学 2月17日 奥園レシピ② ぶりと小松菜の煮びたし

たけしの家庭の医学 2015年2月17日放送

こわ~い心臓の石灰化を防ぐ奥園さん流の超カンタンでおいしいレシピが紹介されました!

1ページ目はこちら(サバ缶 レシピ)
3ページ目はこちら(イワシ レシピ)

 

●たけしの家庭の医学 心臓石灰化を防ぐ 奥園さんのブリを使った常備菜

 

e0146062_22582327

画像:http://blogs.yahoo.co.jp/smilestreet/

 

ぶりと小松菜の煮びたし


スポンサードリンク

 

材料(3食分)

ブリの切り身 1切れ⇒EPA目標ぶりと小松菜の煮びたし量クリア!

小松菜 1束(200g)

薄力粉 大さじ1~2

油揚げ 1枚

水 200cc

昆布 1×10cm 1枚

みりん おおさじ2

しょうが 1かけ(すりおろし)

しょうゆ 大さじ2

塩 少々

オリーブ油 大さじ1

胡麻(ごま)

 

作り方

【1】ブリの切り身をそぎぎりにします。

ブリをビニール袋に入れて、小麦粉と塩少々を入れてまぶします。

 

【2】フライパンにオリーブオイルを入れて、1を焼いていきます。

 

小麦粉をまぶすことで魚のEPAがオリーブ油の中に流れ出にくくなり、

また香ばしい風味が入るので生臭くなりにくいそうです。

 

【3】小松菜をざく切りにします。

小松菜は200gで牛乳1杯半分のカルシウムを含むそうです。

ビタミンKも豊富なんだそうです。

 

【4】油揚げを熱湯などで油抜きした後、細切りにします。

小松菜だけではカルシウム量が足りない分を、油揚げで補うそうです。

油揚げに1枚には牛乳コップ1杯分のカルシウムを含むそうです。

 

【5】2がこんがりと焼き色がつき、両面しっかりと焼き色がついたら、

水、昆布をはさみで刻みながら入れ、

しょうが、しょうゆ、みりんを加えます。

 

【6】小松菜と油揚げを入れてさっと火を通し、しんなりさせる。

 

【7】カルシウムを補給するために胡麻をたっぷり加えたら完成です!

胡麻にはカルシウムの吸収を助けるマグネシウムも含んでいるそうです。

 


スポンサードリンク

 

 

ぶりと小松菜の煮びたしを使ったアレンジ料理その1

ぶりの酢の物

冷ましたぶりと小松菜の煮びたしに、

切り干し大根を加えて、ポン酢しょうゆをたっぷりかける。

 

 

 

アレンジ料理その2

ぶりのすまし汁

ぶりと小松菜の煮びたしを鍋に入れ、水を加えて火にかけるだけ。

 

 

 

アレンジ料理その3

お雑煮風

ブリと小松菜の煮びたしにを使ったすまし汁に、

焼いた餅やとろろ昆布を加えるだけ。

 

 

 

アレンジ料理その4

ぶりの卵とじ丼

ぶりと小松菜の煮びたしを卵でとじて、

アツアツのご飯に乗せるだけ。

 

 

スタジオで試食した人の感想では、

「さっぱりしている」

「ぶりも焼いてあるから香ばしいね」

「小松菜とぶりって合うんだね」

とのことでした。

 

奥園さん曰く

「煮るだけだとぶりがパサパサしてしまうところを、

焼くことで身がふっくらとするんです!」

とのことでした。

 

感想

2月はぶりがとてもおいしい季節なんだそうです。

 

先日、トリックハンターで

養殖のブリを天然のブリと同じくらいおいしく照焼きにできてしまう

すごい裏ワザが紹介されていましたので、

興味のある方は合わせてどうぞ。

ブリの照焼き 食通の太川さんが見抜けなかったスゴ技トリック! 

 

常備菜で小松菜と油揚げの煮物はよく作るので、

今度からそれにブリとごまをたっぷり加えてみようと思いました!

 

普通に作ったら白ごはんがたっぷり欲しくなりそうですが、

小松菜と油揚げが入るので、私のように糖質制限ダイエット中でも

ごはんなしでもおいしく食べられそうなところが素敵だなと

思いました。

 

ブリの切り身が安く手に入ったら作ってみたいと思います。

 


スポンサードリンク

 

次のページはこちらです。
奥園さん流 心臓の石灰化を防ぐレシピ ③いわしと厚揚げのつくね

コメントを残す

このページの先頭へ