林修の今でしょ講座 2月24日 魚の煮つけ ふっくらで味が染み込む作り方

林修の今でしょ講座 2015年2月24日放送

ロジカルクッキングでおなじみの水島シェフの、ふっくらとしていて、よく味が染み込んだ魚の煮つけの作り方が紹介されました!

 

●科学×魚の煮つけ

 

魚(カレイ)の煮つけ


スポンサードリンク

 

下ごしらえ

 

【1】チャック付きフリーザーバッグに魚の切り身と、

冷ました煮切り(煮汁の液)を入れます。

 

煮切りの分量がわからない人は、

クックパッドの人気レシピの分量などを参考にしてもらったら

いいのかなと思いますので、載せておきます!

かれいの煮つけ

 

 

【2】1をしっかりとチャックをしめて密封します。

 

フリーザーバックに煮汁と切り身を入れてしっかり空気を抜くことで、

切り身がしっかりと煮汁と接して、味がムラなく染み込むそうです。

 

ふっくら仕上がる加熱の方法

魚を強火で煮ると、たんぱく質が縮んで固くなるそうです。

 

【3】2のフリーザーバッグをお湯に入れて、

湯煎(ゆせん)で加熱する。

 

直接煮るよりも、湯煎で加熱すると、急激に魚に火が入らないので

身が固くならず、ふっくらと仕上がるそうです。

 

感想

身が固くなり、パサつきやすい鶏のムネ肉を使って

『とりはむ』を作る方法と似ていると思いました!

湯煎で魚の煮つけを作ったことはありませんが、

とりはむはすごくしっとりと時間が経ってもおいしく作れたので

このレシピも期待大ですね♪

 

自分の作る魚の煮つけがあまり好きじゃなかったので、

次はこの方法でやってみたいと思います。

 


スポンサードリンク

 

次の記事
名医が教える 体にいい油と料理レシピ に続きます!

 

関連記事

 

林修の今でしょ講座 科学×ハンバーグ①

林修の今でしょ講座 科学×ハンバーグ②

林修の今でしょ講座 科学×チャーハン

林修の今でしょ講座 科学×ヨーグルトや味噌、カップラーメンのおいしいアレンジ

 

wakutuki2

コメントを残す

このページの先頭へ