林修の今でしょ講座 3月3日 近視② 布団の中でのスマホの使い方

林修の今でしょ講座 2015年3月3日

やってしまいがちな布団の中のスマホ。近視になりにくいやり方について紹介されました!

 

●眼科医が自分でやっている近視対策

1ページ目 近視になりにくい携帯電話・スマホの使い方

近視になりにくい布団の中でスマホの使い方


スポンサードリンク

 

ポイントその1 枕は高くして少し体を起こす。
ポイントその2 体を少し立てる感じにして目の『正面で』見る。

スマホ

 

なぜねっころがってスマホを見るのは良くないの?

目には6本の筋肉がくっついているそうです。

その6本の筋肉が操り人形のように目を動かすことであちこち見ているのだとか。

 

横になると重力の影響で目が傾くそうです。

 

横に寝た状態でスマホを見ると、

目の筋肉は正しい位置に目を戻して、

さらに近くのものに焦点を当てるために緊張するので、

とても疲れるそうそうです。

 

なので、

なるべく立っている状態に近い目の位置で見る方が、

目を疲れさせにくいそうです。

 

 

この時期結構寒いので、横に寝ながらスマホをいじったりしていました。

たしかにすごく目が疲れたり、長時間すると頭痛がすることもありました。

反省です・・・。

 


スポンサードリンク

 

眼科医が実際にやっているパソコンの使い方

部屋の照明を落とした状態でパソコンをする場合は、パソコンの後ろに照明を置く

部屋が暗い状態で、パソコンが明るいと、

瞳孔が開いたり閉じたりを繰り返して目が疲れてしまうそうです。

 

目が疲れると近視になりやすくなるそうです。

 

 

部屋が明るければ、これは問題なさそうですね。

夜パソコンをして、ご家族の邪魔になりそうな方は、

パソコンの後ろにライトを置く裏ワザは使えそうです。

 

 

子どもにタブレット端末などを使わせる時は、書見台(しょけんだい・ブックスタンド)を使う

小さいお子さんは、タブレットで遊ぶ時に結構手元側に持って来たり、

手元から遠い位置に持って行ったりしがちなんだそうです。

 

お子さんは体が小さいので、

タブレットを置く位置で目の焦点距離がかなり変わって、

目が疲れやすいそうです。

 

書見台(ブックスタンド)を使って、タブレットなどを置き、

目の焦点の距離を一定に保つことで、近視を予防しているそうです。

 


スポンサードリンク

 

次のページ(3ページ目)
眼科医がしている近視予防 目を温めるって本当に効果があるの?へ続きます!

コメントを残す

このページの先頭へ