たけしの家庭の医学 3月3日 腸内フローラ① 太りやすい人と太りにくい人の違いとは?

たけしの家庭の医学 2015年3月3日放送

ちょっと食べても太りやすい人もいれば、たくさん食べても太りにくい人も・・・。その差について特集されました!

 

●腸内フローラSP

太りやすいと言う人と、太りにくいという人に全く同じ料理と同じような生活を送ってみてもらうと・・・

同じ食事なのに、

太りやすい人は+1kg

太りにくい人はー0.1㎏

という結果になりました。

 


スポンサードリンク

 

太りやすい人と太りにくい人の『ある生活習慣の違い』とは?

食事以外の二人の生活習慣の違いは、

お通じのサイクル

 

便秘と太りやすさの関係は?

便秘と腸内細菌は密接な関係があり、

腸内細菌のバランスが狂うと便秘になりやすいそうです。

 

腸内細菌とは?

腸内細菌とは、名前の通り腸内にいる細菌のことですが、

ビタミンやたんぱく質を合成したり、

生きていくうえでとても大切な存在なんだそうです。

 

腸内細菌の種類

●善玉菌(ぜんだまきん)

ビフィズス菌や乳酸菌など。

 

エネルギーの吸収をコントロールしたり、

腸の蠕動運動(ぜんどううんどう 腸が動くこと)

をうながしてくれるそうで、

人にとって良い働きをしてくれます。

 

●悪玉菌(あくだまきん)

大腸菌など

 

食物を腐敗させたり、時にはがんの原因となることも。

人に害を与える働きをします。

 

●その他の細菌(日和見菌 ひよりみきん)

その時の環境によって、善玉菌にも悪玉菌にもなるそうです。

 


スポンサードリンク

 

腸内フローラとは

たくさんの腸内細菌が共存している状態が、まるでお花畑のようだということで、

腸内フローラと呼ばれるそうです。

 

腸内フローラの状態が太りやすさと関係しているそうです。

太りにくい人はこの腸内フローラの中の細菌のバランスが良いそうです。

 

腸内フローラのバランスは、

善玉2:悪玉1:その他7

が理想なんだとか。

 

善玉菌が減って、悪玉菌が増えると

⇒便秘になったり、

エネルギーの吸収のコントロールが崩れて

どんどんエネルギーが体にたまる状態になることがあるそうです。

 

悪玉菌もなんらかの役に立っているそうで、

ゼロではなく↑のバランスが良いそうです。

 

肥満の原因

もちろん一番の原因は

 

  1. 食べ過ぎ
  2. 運動不足

ですが、

 

第3の原因として、腸内細菌のバランス

があるそうです。

 

バランスが崩れる原因とは?

  1. 加齢
  2. 高脂肪食

腸の細菌は若い人は入れ替わりが激しいのですが、

年齢とともにだんだん入れ替わりにくくなるそうです。

 

高脂肪食、特に動物性の脂肪は悪玉菌の大好物なんだそうです。

 


スポンサードリンク

 

次のページ
腸内細菌のバランスと病気の関係 へ続きます!

コメントを残す

このページの先頭へ