林修の今でしょ講座 3月3日 老眼② 老眼鏡で老眼対策!

林修の今でしょ講座 2015年3月3日放送

 

●眼科医がやっている老眼鏡で老眼対策

 

1ページ目 眼科医がやっているスマホを使う時の近視予防とは?
2ページ目 布団の中でスマホを使う時の、近視になりにくい方法とは?
3ページ目 目を温めるって本当に効果があるの?
4ページ目 眼科医が絶対にやらない 目に悪いこととは?
5ページ目 自宅でできる老眼チェック法

2つの老眼鏡を使い分けている


スポンサードリンク

 

ものを見るときは、距離によって目の筋肉の使う筋力が違うそうです。

近いものを見るときの方が、よりたくさんの筋力がいるので目が疲れるのだとか。

 

 

パソコンなどの少し離れたものを見る業務をする時は、

度の弱い老眼鏡を使い、

 

書類などのもっと近くのものを見る業務をする時は、

度数の高い老眼鏡を使うのだそうです。

 

こうして2種類の老眼鏡を使い分けることで目への負担を減らし、

老眼の進行を遅らせているそうです。

 

 

この方法は林先生もやっているそうです。

 

老眼用のコンタクトレンズはあるの?

あるそうです。

老眼鏡を使うのは恥ずかしいという人でも、

コンタクトレンズだったら周りに知られることもないのでいいですね!

 

老眼対策 青魚を食べる

DHAやEPAなどの抗酸化物質を摂ると良いそうです。

 

網膜や水晶体は酸化によって老化が進むので、

抗酸化物質を積極的に摂ることで、老化を防ぐという考え方なんだそうです。

 

目にピンポイントに効く方法ではありませんが、

全身への抗加齢作用があるそうで、美容にも健康にも良いそうです。

 

関連記事

林修の今でしょ講座 えごま油 大さじ1で1日分のEPAとDHAが摂れてしまう!

林修の今でしょ講座 体に良い魚レシピ

たけしの家庭の医学 奥園さん流 EPAとカルシウムをたっぷり摂るレシピ

 

青魚は台所がちょっと生臭くなりやすいので、

たけしの家庭の医学で奥園さんが紹介したサバの水煮缶を使ったレシピが

カンタンでいいなと思いました。

 

先週特集されたえごま油は大さじ1だけでいいので、興味津々です。

ココナッツオイルが大量にあるので、

ある程度はけてからえごま油も試してみたいと思っています!

 


スポンサードリンク

 

次のページ
眼科医がやっているドライアイ対策 へ続きます!

コメントを残す

このページの先頭へ