林修の今でしょ!講座 大人のラジオ体操 正しくやればO脚もセルライトにも!

林修の今でしょ!講座 特別生放送SP1時間 8月3日放送

 

大人気『大人のラジオ体操』で有名な中村 格子先生にラジオ体操の

各動作の意味と正しいやり方について紹介されました!

 

 

ラジオ体操第一と第二の違いは?

 

ラジオ体操第一は、
老若男女誰でもできるようにというコンセプトで作られており、

 

ラジオ体操第二は、

主に勤労者向けコンセプトで作られているので、

小学校低学年のお子さんにはやや複雑な動きが入っているとのことでした。

 

 

実は、ラジオ体操には、幻の第三があるそうです。

 

リズム体操だったそうですが、ラジオで伝えきれないということもあり、

現在の第一と第二だけになったんだとか。

 


スポンサードリンク

 

 

●ラジオ体操第一

 <2番目の運動 腕を振って脚を曲げ伸ばす運動 のポイント>

・左右の足のかかとはつける

・足先は60度に

・両方のかかとをつけたまま、背伸び

・膝を曲げて、また足を伸ばす時にお尻の筋肉を締めるイメージで

 

下に行くのではなく、曲げて上に伸ばすイメージが大切なんだとか。

左右のかかとはずっとつけたまま。

 

バレエのプリエとルルベの動作にも似た効果があり

きちんとやることで、膝が伸び、O脚の改善にもなり、

脚の形を整える効果があるそうです!

 

 

林先生は「これはちゃんとやると、かなり足の筋肉にキますね!

ももの裏側がしっかり伸びます」

と驚いていました。

 

 

中村先生のスマートライフ「大人のラジオ体操」アドバイスビデオ

youtube TOKYOFMのクロノスの公式チャンネル

 

 

<腕を回す運動>

・しっかりと腕を回す

・腕をクロスするのは顔の前あたり

・腕は体の真横。手前に出ないように。

 

体に近いところで腕をクロスすることで、

しっかりと肩甲骨周りの筋肉に効かすことができるそうです。

 

この動作は『悪い姿勢を治す効果が期待できる』そうです。

 

 

ラジオ体操が作られた当時、

日本人は着物で姿勢と膝が曲がっている人が多かったために、

 

当時の文科省が、

膝を伸ばして姿勢をよくする運動をたくさん組み込んだのだそうです。

 

<8番 腕を上下に伸ばす運動>

肩上方下の運動です。

 

・肩に指先を置く動作の時、肘を体の手前に出さないこと。

肩と真横に一直線上になるようにします。

 

・脇を締める。

・足は肩幅に開く。

・そのまま足を固定して、かかとを上げて爪先立ちに。

腕はまっすぐ上に伸ばします。

 

・最短距離でキビキビと腕を肩の位置に戻します。

・足を閉じて、気を付けの姿勢に戻します。

 

 

脚から肩までしっかりと関節と筋肉が伸びていきます。

この運動は、体幹を鍛える効果が期待できるそうです。

 

 


スポンサードリンク

 

 

<10番 体を回す運動>

・手をまっすぐ上に伸ばします。

肘をしっかり伸ばします。

両腕耳の横にくるようにします。

 

その幅を変えずに、

体ごと大きく回していくことがポイントなんだそうです。

 

ボールやタオルを持ってやると、幅が変わらず、

やりやすいそうです。

 

 

ウエストが引き締まる効果が期待できるそうです!

 

 

<腰がはる人はどの運動がいいですか?>

5,6、7あたりが良いそうです。

 

腰がはる、という程度なら、

5番の『体を横に曲げる運動』がおすすめなんだとか。

 

・足を肩幅より少し大きめに開き、固定する。

・手は体の真横の位置、耳の横にまっすぐ上げます。

・手に引っ張られるイメージで、遠くを通るように、

体を傾けていきます。

 

・手は曲げない。

・両方の脇腹をしっかり伸ばします。

 

 

ラジオ体操は朝やるのがいいんですか?

しっかり体操をすると、血行がかなり良くなります。

通常人間は目が覚めてから頭がはっきりするまで3時間かかるそうです。

 

しかし、体操をして血行を良くすると、もっと早い時間で

頭がはっきりしてくるそうです。

 

受験生の方にもおすすめなんだそうです!

 

他にも、

午後三時ごろ副交感神経が優位になって、

少し眠くなってきたタイミングで体操をするのも効果的なんだとか。

 

一つ一つの動作を選んでやるのでも効果的ですが、

ラジオ体操は順番も考え抜かれているので、通してやる方が

より効果的なんだそうです。

 

 

いつも頭をはっきりさせるのに、朝シャワーをあびて

血行を良くしていたんですが、

これからは体操も取り入れていきたいと思います。

 


スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ