グレーテルのかまど カヌレ を糖質制限ダイエット大豆粉で作ってみた!

グレーテルのかまど 2015年3月6日再放送

バターと砂糖、ラム酒がたっぷり効いたおいしいけど超ハイカロリーお菓子、カヌレ。メレンゲなしのスイーツなので、糖質カットダイエットならカヌレでダイエットできるかも!?ということで砂糖をシュガーカットなどに置き換えて作れそうだなと思って、薄力粉+強力粉⇒大豆粉+グルテンパウダーで代用して作ってみました!

 

●カヌレ

カヌレとは線のついたという意味で、12の溝がついたカヌレの型を使って焼いた焼き菓子なんだそうです。

コーヒーなどのお茶請けとして地元ボルドーでは人気なんだそうです。

番組で紹介された正規の材料

◆カヌレ型 12個分
<型準備>
 バター 適量
 ハチミツ 適量
<生地>
 牛乳 500ml
 バニラのさや 1/2本
 薄力粉 70g
 強力粉 55g
 グラニュー糖 250g
 卵黄 60g Mサイズ 3個分
 卵白 15g Mサイズ 1/2個分
 ラム酒 40ml
 バター(焦がしバター) 25g

 


スポンサードリンク

作り方

準備

3日目の工程

型にやわらかくしたバターを塗っておきます。

さらにその上にハチミツを塗ります。

 

作り方

1日目

【1】鍋に牛乳、バニラ(縦に裂いてナイフの先で種をこそげてさやと一緒に)を入れ、

火にかけて沸騰させる。

沸騰すれば火を止めラップをして置いておく。

熱がとれれば冷蔵庫に入れ一晩休ませる。

 

熱い牛乳をそのまま使うと、吹きこぼれてしまうそうです。

 

2日目

【2】

鍋に分量のバターを入れ火にかけて混ぜながら薄い茶色(ハシバミ色)になるまで熱し、

焦がしバターを作ります。

すぐに鍋底を軽く水にあてて粗熱をとっておく。
※「ハシバミ色」とは、ヘーゼルナッツの実の ような薄い茶色のことなんだとか。

私が番組を見た感じでは、

薄めのメープルシロップのような色のように感じました。

 

【3】粉と砂糖をボールに入れてよく混ぜてから中央をくぼませて

1の牛乳(バニラごと)をすべて加えて混ぜる。
※混ぜすぎると粘りがでるので混ぜすぎないこと

 

【4】卵黄と卵白をよく溶いて3に入れて混ぜ、

さらにラム酒と焦がしバターを加えて混ぜる。

 

【5】ラップを密着させて一晩冷蔵庫で休ませる。

 

3日目

【6】休ませた生地を軽く混ぜて全体の濃度を均一にしてこし、

型の8分目まで流し入れ、軽く型をトントンやさしく机に当てて、

空気を抜きます。

 

ポイントは空気を入れないこと。

空気を入れると

 

【7】200℃のオーブンで約1時間焼きます。

型から出してしっかりとした焼き色がついていれば完成です!

常温で冷まします。

 

室温で4~5日保存可能なんだそうです。

皮がパリッとしている当日に食べるのが一番おいしいそうです。

 


スポンサードリンク

 

大豆粉に置きかえて作ってみた

大豆粉のドーナッツのレシピを参考に

グルテンパウダーの割合を大豆粉と7:3にしてみました。

 

もっと少なくてもいいのかもしれないですが、

初回なのでちょっと多めに入れています。

 

砂糖を使わないので、日持ちはしないはずなので、

当日中に食べるか冷凍しようと思います。

試作1回目

材料は以下の通り置き換えました。

 

薄力粉+強力粉125g⇒大豆粉88g+グルテンパウダー37g(7:3)

グラニュー糖250g⇒シュガーカット83g

 

予算の関係でバニラビーンズは諦めて、バニラオイルへ置き換え、

2日で作成しました。

 

IMG_0441

 

型にスプレーした油にムラがあったのか、

ツヤツヤなカヌレの表面じゃない・・・(涙)。

 

番組ではオーブンの温度200度とのことでしたが、

うちのオーブンは火力が強すぎるので190℃×40分、

途中すごく焦げている感じがしたので170℃×15分に慌てて落としました。

 

でもやっぱり温度が低すぎたみたいで、なんかふわふわな感じに・・・。

 

しかし、焦がしバターとラム酒のおかげで大豆粉の香りは全くしなくて

スイーツっぽい味になり、

家族には「大豆粉と言われないとわからない」と好評でした。

 

大豆粉くささのないお菓子を作りたい人には、いい感じだと思います。

次回は180℃×60分で試してみたいと思います。

 

焼き時間が安定したらグルテンの量を少し減らしてみたいなと思います。

 

使った型

馬嶋屋さんのテフロン仕様のものを買ってみました。
興味のある方はこちら
【信頼のレビュー数】テフロンカヌレ型

 

口コミでテフロン加工していても、

スプレーオイルを塗った方が良いと書いていた方がいたので、

こちらも買ってみました。
剥離性の高いスプレー缶入り離型油カーレックス・スプレー【製菓・製パン用離型油】

コメントを残す

このページの先頭へ