林修の今でしょ講座 3月17日 ①らっきょうのおいしい食べ方

林修の今でしょ講座 2015年3月17日放送

花粉症の症状を改善する野菜や、

 

●春に体に良い野菜ランキング

 

野菜の賢い食べ方を調べて実践して13kgのダイエットに成功した

栄養士の岸村先生の美容や健康に良い野菜について特集されました!

 


スポンサードリンク

第8位 らっきょう

875

隠れた食物繊維の王様 らっきょう

便秘に良い水溶性の食物繊維が多いそうです。

その他、コレステロールの収入を抑える働きがあるそうです。

 

キャベツやダイコン、ゴボウと比較すると、

らっきょうは、キャベツの50倍も食物繊維が多いそうです。

 

しかし、

一般的な甘酢漬けにすると、

らっきょうの水溶性食物繊維が甘酢の中に溶けだしてしまうので

実はモッタイナイ食べ方なんだそうです!

 

関連記事

らっきょうの健康的な食べ方!

あさイチ 3シェフNEOらっきょうニューワールド

 

栄養を逃さないおススメのらっきょうの食べ方

旬の時期は生のまま食べるか、焼きらっきょうや薬味として使うと良い
焼きらっきょう

鹿児島などでは一般的な食べ方なんだそうです。

作り方は普通に生のらっきょうを、

白ネギを焼くのと同じように焼くだけです。

 

試食した感想は

「ぜんぜん臭くないですね」

「甘みがあります」

「すごくおいしい」

「力強いネギみたいな感じ。ネギ好きな人はたまらないですね」

「納豆とかお肉に合いそう」

とのことでした。

 

岸村先生は、

「らっきょうにはアリシン(硫酸アリル)という物質が

含まれているので、納豆に含まれるビタミンB1の吸収を高めてくれます」

と説明していました。

このあたりも玉ねぎとかに似ていますね!

 

らっきょうを食べると花粉症がマシになる!?

らっきょうに含まれるフラボノイドは、

動物実験の段階なので断言はできませんが、花粉症に効果があるのでは?

と注目を集めているそうです。

 

鹿児島県ではらっきょうの生産が盛んですが、

鹿児島県では花粉症の人が少ないというデータもあるそうです。

らっきょうのせいだと断言はできませんが、

何かしらサポートしている可能性はあるとのことでした。

 


スポンサードリンク

 

第7位 春のトマト

a03_036

熊本県のトマトは春から旬なんだそうです。

トマトにはリコピン以外にも色々な成分が含まれていることが

わかってきたそうです。

 

13オキソODAが中性脂肪を抑えてメタボ対策に!

京都大学の研究で、13オキソODAという物質が、

抗肥満作用があると発表したそうです。

(番組では省略されたようですが、こちらもまだマウスでの実験のようです)

 

トマトの水溶性成分

物質名は番組では紹介されませんでしたが、

トマトに含まれる水に溶ける成分は、

疲労を軽減する効果やアルコールの分解を助ける効果もあるそうです。

 

こちらも動物実験でのデータなんだそうです。

 

トマトでもトマトジュースでも効果は同じ?

リコピンに関しては、細胞を壊した方が吸収率が上がるので、

ジュースにした方が良いそうです。

 

トマト+牛乳/チーズでカルシウムの吸収アップ!

カルシウムは食物から吸収されにくいのが難点ですが、

トマトに含まれるクエン酸と一緒にチーズや牛乳と食べると

吸収がアップするそうです。

 

イタリア料理は理に適っているんですね!

 

トマトの保存法は?

トマトだけをポリ袋に入れてから、冷蔵庫に入れる。

トマトからエチレンガスが出るので、他の野菜と一緒に保存すると

他の野菜の鮮度が落ちてしまうので、

密封した方が良いそうです。

 


スポンサードリンク

 

次のページ
体に良い野菜ランキング6位 春のアスパラガスに続きます!

コメントを残す

このページの先頭へ