林修の今でしょ講座 3月17日 ②アスパラガスは動脈硬化予防に良い?

林修の今でしょ講座 2015年3がつ17日放送

 

春に体に良い野菜ランキング ②

1ページ目 らっきょうは花粉症を改善する!?

第6位 アスパラガス

kud0047-004

アスパラに含まれるスゴイ栄養素

①ルチン


スポンサードリンク

 

ルチンと言えば『蕎麦』ですね。

実はアスパラガスは蕎麦と同じくらい多くのルチンを含んでいるそうです。

 

しかも、

春のアスパラガスは夏のアスパラガスの4倍ものルチンを含んでいるそうです!

 

●ルチンの健康効果

ルチンには、毛細血管を強化して動脈硬化を防いでくれる働きがあるそうです。

 

●血管を強化するってどういうこと?

ルチンは、ビタミンCがコラーゲンを作る時に手助けしてくれる働きがあるので、

血管をしなやかにしてくれるそうです。

 

動脈硬化は言葉の通り血管が固くなるのですが、

ルチンはコラーゲンを増やして血管の弾力をアップしてくれるので、

動脈硬化予防作用があるそうです。

 

②グルタチオン

●グルタチオンは酸化悪玉コレステロールの発生を抑える

酸化悪玉コレステロールとは、

血液中の活性酸素と悪玉コレステロールが結びついたものなんだとか。

 

悪玉コレステロールが酸化すると、血管の壁に貼り付いて、

血管を硬くしてしまうんだそうです。

よって、動脈硬化のリスクが上がってしまうそうです!

 

グルタチオンは、悪玉コレステロールを直接下げるのではなく、

悪玉コレステロールが酸化して悪さをするのを抑えて、

血流が悪くなるのを防いでくれる働きがあるそうです。

 


スポンサードリンク

 

栄養を逃さないアスパラの保管法・調理法

●アスパラガスは立てて保存する

番組ではコップに立てた状態で冷蔵庫で保存していました。

 

アスパラガスは穂先を上に伸ばそうとする性質があるそうです。

 

寝かせて保存すると、穂が上に向かって成長しようとして

糖分やアミノ酸などのエネルギーを使うので、

味や栄養子が落ちてしまうのだとか。

 

●炒め物にする

水溶性の栄養を(ルチンなど)を逃がさないために、

茹でるよりは炒めた方が良いそうです。

 

肉巻きにしてお弁当のおかずにいれたりするレシピが多いですが、

栄養素的にも理に適っているんですね!

 

良いアスパラの選び方は?

・穂先が締まっている

穂先が開いてしまっているものは、少し古いものなんだそうです。

 

・切り口が乾燥していない
・茎についている三角形部分が、正三角形になっている

古くなると三角形が補足とがってくるそうです。

 


スポンサードリンク

 

次のページ
体に良い野菜ランキング 5位 春のグリンピースに続きます!

コメントを残す

このページの先頭へ