ゆうどき クワガタ捕りテクニック! 

ゆうどき 2014年8月6日放送

 

誰でも簡単にクワガタを捕れる方法が紹介されました!

 

 

 

 

愛知県豊田市「昭和の森」にて、

愛知県クワガタ愛好会の方がレクチャーしてくれました!

 

どんな木を探したらいいの?

クヌギ・コナラ・カシの木を探したらよいそうです。

 

中でも多くのクワガタが集まるのが『クヌギ』なんだそうです。

 


スポンサードリンク

 

クヌギの見つけ方

特徴は葉っぱの形。

細長くてギザギザしているそうです。

 

image_preview

富山県総合教育センターHPより引用

 

kunugi0709h

東京クワガタ探訪より引用

 

幹はゴツゴツしています。

樹液も出ていればクワガタがいる可能性も高まります。

 

クワガタは夜行性なので、

昼間に樹液を吸っていることはあまりないそうです。

 

 

 

ポイントその1

樹液の周りを丁寧に探す

 

樹液の周りを丹念に探すと、クワガタが見つかることもあるそうです。

樹液が染み出ている木の皮の周辺の穴などに隠れていることも

あるそうです。

 

クワガタ愛好会の名人は、金属の「かき出し棒」を使います。

 

かき出し棒は細くてまっすぐな金属の先が耳かきのように曲がっています。

この先端を使ってかき出すそうです。

 

このかき出し棒は自転車のスポークを使って作ることができるそうです。

 

自転車のスポークの画像

size-spoke02

//www.cb-asahi.co.jp/html/size-spoke.html

 

 

 

ポイント その2

木の根元を探す

クワガタは昼間、枯葉の下や、木の根元に隠れていることがあるそうです。

 


スポンサードリンク

 

 

ポイント3

木の上の方にいるクワガタを捕るために、幹をける

蹴るとクワガタが、衝撃によって、

幹をつかんでいる足を離す習性があるので、

上の方にいるクワガタを落とすことができるそうです。

 

感想

しかし、このやり方は木を傷めそうで、

やったらダメな森林もありそうな気がします・・・。

 

 

以外にも川でもクワガタが捕れる!?

河原に流れてきた流木を割ると、

クワガタが出てくることがあるそうです。

 

河原でクワガタの入っている流木を探すコツ

広葉樹の朽ち木を探す。

見つけたら斧などで叩いてみて、にぶい音がする木を探します。

 

クヌギなどの朽ち木があるところなら、

どこでもクワガタがいる可能性があるそうです!

 

ポイントは斧の使い方

軽く斧を当てて、

木の皮を少しずつはがすように取っていくと良いそうです。

 

思い切り斧を当てると、間違ってクワガタまで傷つけて

しまうことがあるそうです。

 

 

感想

クワガタ捕りというと、早朝というイメージがありましたが、

ポイントさえ押さえれば、意外とお昼でも捕れるものなんですね!

 

 


スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ