林修の今でしょ講座 3月17日 ⑤菜の花の栄養を失わないおひたしの作り方

林修の今でしょ講座 2015年3月17日放送

 

●体に良い野菜ランキング⑤

1ページ目 らっきょうは花粉症に効果あり!?
2ページ目 アスパラガスは動脈硬化に良い!?
3ページ目 グリンピースの驚くほどおいしい食べ方!
4ページ目 スーパー野菜プチヴェールとは?そのおいしい食べ方!

第1位 菜の花

c3fbb97c65cc5824221f573287e3b888_s

菜の花は葉酸とビタミンB6が豊富!

葉酸とビタミンB6をたくさん摂ると心臓病になりにくいというデータがあるそうです。

また、ビタミンB6には抗腫瘍作用があるとのことで、

大腸がんになりにくいというデータもあるとのことでした。

 


スポンサードリンク

 

栄養素を無駄にしない菜の花の調理法とは?

葉酸やビタミンB6は水溶性のビタミンなので、

茹でるときは長時間にすると栄養が失われてしまうそうです。

 

岸村先生は

「30秒くらい茹でて、水にさらさず冷まして食べるのがおススメです」

とのことでした。

 

30秒茹でることのおススメポイント

味がおいしくなるばかりか、

30秒茹でた時の菜の花が一番抗酸化力が高いそうです。

 

その他、

シチューに入れると、菜の花の豊富なビタミンCによって

シチューのカルシウムが吸収しやすくなるそうです。

 

菜の花のグラタンにしても同じくカルシウムが摂れるそうです。

 

 

菜の花というとおひたしくらいしか食べたことがなかったんですが、

色々な料理にも使えるんですね!

 


スポンサードリンク

 

次のページ
春に食べたい体に良い最強の魚介ランキングに続きます!

コメントを残す

このページの先頭へ