たけしの家庭の医学 3月24日 EPAに匹敵する血管に良い○○油とは?

たけしの家庭の医学 2015年3月24日放送

EPAを摂る人は65%も心筋梗塞になりにくい!EPAに匹敵する血管に良い食品とそのレシピについて紹介されました!

 

●体を老化させない食べ物スペシャル

EPAに匹敵する血管を若返らせる油とは?


スポンサードリンク

エゴマ油

egomaotamesi

画像metabomasa.seesaa.net/article/382512839.html

 

えごま油に含まれる、

αーリノレン酸は体内でEPAに変化するので、

青魚と食べるのと同じ働きが期待できるそうです!

 

関連記事

林修の今でしょ講座 認知症予防効果あり!えごま油

マツコの知らない世界 植物油

 

宮城県色麻町では、

血管年齢が年齢より10歳、20歳若い人がたくさんいるとのことでした!

すごいですね。

 

エゴマ産地 色麻町のエゴマのレシピ

エゴマペーストでえごま餅

材料

生えごま 300g

砂糖 120g

お湯 150cc(ml)

 

生のえごまはあまりスーパーでは売っていないと思います。

楽天市場の生のえごまの商品をまとめました。

興味のある方はこちら
楽天市場 生えごま リンク集

作り方

【1】生えごまをフライパンで炒ります。

【2】1をミキサーで荒く砕き、さらにすり鉢で細かくすりつぶします。

【3】2に砂糖とお湯を加えながらよく混ぜます。

※マジックブレッドなどを使ったら1段階できて、

もっと早く作れそうだなと思いました。

 

αーリノレン酸を約86g=いわし18尾分のEPAを含んでいるのだとか。

 

【4】つきたてのお餅にこのエゴマペーストを絡めて食べるのが

色麻町の伝統的な食べ方なんだそうです!

 

ほうれん草の胡麻和えにも使われていました!

 


スポンサードリンク

 

 

血管年齢が、ご夫婦ともにー10歳のお宅では、

炒め物や目玉焼きにえごま油を使うそうです。

お料理の仕上げにもかるくエゴマ油を入れるそうです。

 

それ以外にも、

すり胡麻ならぬすりえごまをお味噌汁に小さじ2ほど入れて

食べているそうです。

 

試食した番組のスタッフさんは

「温かいものにいれると、いい香りがしますね。

胡麻とは違うんですが、香りの広がり方は似ていますね」

とのことでした。

 

その他、

おこわにすりエゴマを入れたり、

すいとんの生地にえごまを練り込んだ東北の郷土料理:はっと汁などを

家庭で食べられているとのことでした。

 

 

エゴマをどれぐらい摂ればいいの?

東北地方は塩分摂取量が日本の中でもすごく高くて、

高血圧・脳卒中患者さんの多い地域。

 

えごまを積極的に食べるというのは理に適っていますね!

 

佐田先生によると、厚生労働省の調査で、

EPAやDHAを摂っている人とそうでない人を比べると、

心筋梗塞が65%も減ったというデータがあるそうです。

 

 

徳島大学医学部 佐田教授によると、

魚油EPAなどの1日の摂取量は以下の通りなんだそうです。

 

日本人の平均 約0.39g
佐田先生の推奨量 1g以上

 

取材した、えごま産地のあるご家庭の摂取量 約5.9g!!

なんと日本の平均の15倍も食べているとのことでした。

 

厚労省が定めたαーリノレン酸を含むn-3(ωー3)系脂肪酸(油)の量は、

12歳以上で1日約2g。

私が以前勤務していた脳外科の病院でも1日1800mgのEPAが

よく処方されていました。

 

1日2gのEPAの油を摂ろうとすると、

イワシ8切れ、トロの刺身4切れ、アジの開き2尾、焼きサンマ1尾ですが、

エゴマなら、

生エゴマ 大さじ1強(7g)、エゴマ油 小さじ1杯(4g)でOKなんだとか。

 

スタジオの芸能人の方が、生のえごまを試食した感想は

 

「もっと胡麻みたいに香りがぷ~んと来るのかと思った」

「コショウみたいにピリリもないですね」

「どっちかというと、ナッツっぽい?」

「味がそんなにないから、他の食材の味を邪魔することはないですね」

 

摂りすぎは大丈夫?

油なので、摂りすぎは太ることがあるのでカロリーオーバーは注意が必要。

エゴマ油小さじ1=36kcalなので、

適度に摂るのが良いでしょうとのことでした。

 

えごま油は調理も面倒だから、
もういっそDHAやEPAのサプリメントを摂った方が早い!

できるだけ加工しない自然な形で食品を取りたいと思う人もいれば、

測ったり、料理したり、メンドクサイ!

できるだけ手間をかけずに手っ取り早く予防したいと思う人もいますよね。

 

市販のDHAやEPAに興味のある方はこちらの記事もどうぞ。

95%の人が知らない!EPA/DHAを選ぶ時の罠とは?

まとめ

●えごまは体内でEPA・DHAに変わるので、直接青魚と食べるのに匹敵するパワーがある。
●EPAは1日1g以上摂った方が良い。
●油の摂りすぎは肥満になるので、要注意。

 


スポンサードリンク

 

次のページ
風邪をひきにくくなるある栄養素とは? へ続きます!

人気記事をまとめました。

wakutuki2

 

名称未設定 1のコピーのコピー

コメントを残す

このページの先頭へ