たけしの家庭の医学 3月25日 ⑤炭水化物抜きダイエットで物忘れがひどくなる!?

たけしの家庭の医学 2015年3月25日放送

女性に近年増えている炭水化物抜きダイエット。その弊害で集中力低下や物忘れが増えることがあるそうです。太りにくい炭水化物の摂り方について特集されました!

 

●体を老けさせない食べ物スベシャル⑤

1ページ目 EPAに匹敵するある食べ物の効果とレシピとは?
2ページ目 風邪をひきやすいのは体内に●●が多いから!免疫力をアップさせる栄養素とは?
3ページ目 奥園流 免疫力アップ!鶏肉とブロッコリーのおかずスープ レシピ
4ページ 奥園流 免疫力アップ!パプリカと肉団子のスープ レシピ

 太りにくい糖質の摂り方


スポンサードリンク

多糖類である炭水化物を食べる

物忘れが多くなってきた女性一人に、太りにくい炭水化物を選んで

必要量を摂取してもらうよう実験していました。

 

多糖類とは?

単糖が10個以上つらなっているもののこと。

 

単糖類は、ブドウ糖、果糖など

二糖類は砂糖など

多糖類は炭水化物、イモ、豆など

 

実験した女性の食事内容

朝食はトースト、はるさめ、バナナ

昼食は野菜たっぷりラーメン

3時 大学芋

夕食 納豆、アジのフライ、サラダ+大豆の水煮、ごはん

 

結果

体重はなんと減ったそうです。

認知機能はかなりの改善が見られました。

 


スポンサードリンク

 

一番脳に長時間『糖』を送れる多糖類は?

パスタ

体内でゆっくりと分解されて、

長く脳にブドウ糖を送りつづけられる炭水化物は

 

パスタ>蕎麦>フランスパン>うどん>白米=食パン>餅

の順番なんだそうです。

 

パスタの材料となるデュラムセモリナ粉は粒子が粗いので

腸での吸収がゆっくりになるそうです。

 

先生によると、

「パスタばかり食べるのもよくないので、

色んな炭水化物をバランスよく食べることが大事」

とのことでした。

 

食物繊維と一緒に摂ると、

糖の吸収がゆっくりになるとよく言われますが、

パスタもヨーロッパでは

以前から健康志向で全粒粉のパスタが人気だったりしますね。

 

白米が最後ですが、玄米をしっかり噛んで食べたら、

また順位が逆転しそうです。

関連記事

林修の今でしょ講座 白米vs玄米

感想

この放送に対して、糖質制限食の第一人者 江部先生が

どういう風に考えられるかちょっと聞いてみたい感じがします。

江部先生のブログ

 

糖尿病学会は伝統的日本食により、日本の平均値より算出した

1日総カロリーの60%を炭水化物で摂るという立場ですね。

 

江部先生のブログによると、

最近ちょっと糖質制限食に歩み寄りがあるような動きも

あるようですが・・・。

 

 

すでに認知症になっている人に対して、

ココナッツオイルと糖質制限食によってできたケトン体が

脳の機能をアップすると報道したテレビもあって、

相変わらず糖質制限・炭水化物抜き食は賛否両論ですね。

 

炭水化物抜きダイエットをしていて、

集中力が低下を感じた場合には

主食をしっかり摂りつつ油脂を減らす食事に変えて様子を

みてもいいのかなと思いました。

 


スポンサードリンク

 

次のページ
強い足腰の筋肉を作るには質の良いたんぱく質が大事!質の良いたんぱく質を含む食品とは? へ続きます!

コメントを残す

このページの先頭へ