たけしの家庭の医学 3月24日 ⑥たんぱく質は量よりも質! 質のいいタンパクを含む食品は?

たけしの家庭の医学 2015年3月24日放送

タンパク質はきちんと摂っていると思っている人でも、質の良いたんぱく質を摂れていないと、しっかりした筋肉を作れないんだそうです。

 

●体を老けさせない食べ物スペシャル⑥

1ページ目 EPAに匹敵するある食べ物の効果とレシピとは?
2ページ目 風邪をひきやすいのは体内に●●が多いから!免疫力をアップさせる栄養素とは?
3ページ目 奥園流 免疫力アップ!鶏肉とブロッコリーのおかずスープ レシピ
4ページ 奥園流 免疫力アップ!パプリカと肉団子のスープ レシピ
5ページ目 炭水化物抜きダイエットで物忘れがひどくなる!?

足腰の筋肉を若返らせる質の良いたんぱく質とは?


スポンサードリンク

 

肉類

なかでも特に良いのは豚足

a0002_012063

タンパク質は働きが違う20種類のアミノ酸からできているそうです。

ゼラチンに含まれるロイシンとアルギニンは筋肉作りに大切なアミノ酸が

入っているのだとか。

 

鰹節(かつおぶし)

a0001_010862

鰹節にもロイシンとアルギニンが豊富に含まれているそうです。

出汁よりも、だしガラを佃煮したものの方が多く含んでいるそうです。

 

高野豆腐

l_03

高野豆腐にもロイシンとアルギニンが豊富。

 

ピーナッツ

35c5c18d6221ef2a092261595de52035_s

ピーナッツにはロイシンもアルギニンも含まれていますが、

特にアルギニンを豊富に含んでいるそうです。

 


スポンサードリンク

 

普段よく食べる肉類でロイシン・アルギニンが多い部位とは?

鶏むね肉(皮なし)>豚ロース(赤身)>牛ロース(赤身)

ロイシンやアルギニンは、脂肪の少ない部分に多く含まれ、

脂身や皮の部分には少ないそうです。

 

たんぱく質を摂るのは1日1食でいい?

理想は3食とも動物性のたんぱく質を摂るのが良いそうですが、

どうしても無理な方は、豆腐などの植物性のたんぱく質と

上手に組み合わせて食べるとよいそうです。

 

血液中にアミノ酸がないと筋肉が作られないので、

3食摂るのが望ましいそうです。

 

 

番組では触れませんでしたが、

タンパク質(アミノ酸)と一緒に、

炭水化物や油脂などのタンパク質以外のカロリーを一定比率で食べないと、

タンパク質は分解されてただのカロリーになって消費されるので

筋肉が衰えてしまいます。

 

病院では、

腎臓などが悪くない一般の患者さんでは

食事や食事代わりの栄養剤・点滴で

NPC:ノンプロテインカロリー(たんぱく質以外のカロリー)

÷N(アミノ酸に含まれる窒素g たんぱく質のg×0.16で算出)

=150になるように調節することが多いです。

 

感想

最近鶏肉では、ささ身を食べるのにはまっています。

ささ身も脂身が少なく、

BCAAをバランスよく含んでいると言われていますよね。

 

あとは運動するだけですね・・・。

 


スポンサードリンク

 

次のページ
1日のうちでもっとも効果的にカルシウムを摂れる時間とは? へ続きます!

コメントを残す

このページの先頭へ