世界一受けたい授業 3月28日 東大式おいしいレシピ

世界一受けたい授業 2015年3月28日放送

味の決め手は旨みではない?○○をうまく使って苦手な食べ物を克服できる!?

 

●常識をくつがえす東大式おいしさの科学

 

鼻をつまんで飲み物を飲むと、味がわからなくなるそうです。

東大一料理がうまい 小柳津 広志先生による、香りと味の授業でした。

 


スポンサードリンク

香りで認知症を予防できる

香りによって記憶をつかさどる海馬を刺激して、

記憶力がアップするので、認知症を予防できるそうです。

 

認知症予防になる強い香りの料理

豚レバーペースト

yun_12673

 

東大料理愛好会のレシピに先生がローリエを加えて

香りを強くしたものなんだそうです。

 

タンパク質、鉄、リン、ビタミンを含んでいるために

風邪予防や免疫力アップ、貧血、疲労回復にも

効果的なんだそうです。

 

<材料>

豚レバー

生クリーム

白ワイン

ローリエなど

 

<感想>

番組ではレバーペーストをバゲットに塗って試食していました。

香りを堪能しながら食べると良いとのことです。

 

「ワインが欲しくなる。おいしい」

と味の方も好評でした。

 

レバーのニオイが苦手な人は、牛乳に20分ほど漬け込んでから

水分をよくふき取って、材料と合わせてベーストにすると、

ニオイがマシになると思います。

 


スポンサードリンク

 

味が苦手な食べ物は、実は香りが苦手?

子どもの頃に香りが嫌だという記憶が植えつけられた食べ物を

苦手な食べ物と思ってしまうそうです。

 

すりごまの『苦味』が苦手、というLiLiCoさん

goma_kuro

すりゴマ+アニスパウダーを混ぜて、バニラアイスにかけると

「全く胡麻の味がしない」と驚いていました。

 

アニスパウダーはスパイスの一種で甘いお菓子によく合うのだとか。

 

先生曰く

強い香りで苦手な香りをマスキングすることで、食べやすくなります

とのことでした。

 

マスキングとは

強い香りを加えて、

苦手な香りを覆い隠してしまうことを言うのだそうです。

 

グリーンペースの『食感』が苦手、という満島真之介さん

a1180_006345

オリーブオイルで焼いた鮭をほぐし、

香りの強い大葉とみょうがを刻んで、

グリーンピースと一緒にご飯に混ぜました。

 

試食した満島さんは、

「・・・うまいッすね。逆にグリーンピースの食感が良いです」

とのことでした。

 

小柳津先生曰く

「香りの強い大葉とみょうがを加え、

鮭をオリーブオイルで焼いています。

 

香りは油に弱いので、オリーブオイルに閉じ込められて

弱くなっています。」

とのことでした。

 

感想

お子さんの好き嫌いを直したい時、

香りの強いものと一緒に苦手な食材を食べてみるというのも

やってみてもいいかもしれないですね!

 


スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ