きょうの料理 管理栄養士のレシピ 梅干しだしの冷やし茶碗蒸し

きょうの料理 2014年8月12日 放送

 

食の力で夏を乗り切るレシピシリーズ 第二弾!

 

 

 

梅干しに含まれるクエン酸に慢性疲労改善効果が!

ポタージュ、マッシュポテト、冷奴、焼きナスなど、

何にでも使える万能調味料なんだそうです!

梅干しだし


スポンサードリンク

 

 

材料(約900ml分)

だし 1.2L

梅干し(減塩でない普通の梅干し) 4つ

 

調味料——————

塩 小さじ2/3

しょうゆ 小さじ1

酒 小さじ4

————————–

作り方

【1】鍋にだしと梅干しを入れて火にかけ、沸騰したら弱火にして

蓋をして30分煮ます。

point

ずっと強火のままだと、梅干しが煮崩れして見た目がわるくなる

そうです。

 

【2】(1)に調味料を入れます。

【3】鍋ごと氷水にあてて冷やし、

梅干しごと保存容器に入れて保存します。

 

冷蔵庫で3日間保存可能なんだそうです。

 

そうめんのつゆに使って、汁を飲みほしてもおいしいそうです!

 

 

 

梅干しだしを使って

梅干しだしの 冷やし茶碗蒸し

材料(2人分)

卵 1個(50g)

梅干しだし カップ3/4

青ジソ (千切り) 少々

作り方

【1】卵を溶いて、梅干しだしを入れ、よく混ぜてから

ザルで濾します。

【2】茶わん蒸し用の耐熱容器に(1)を入れます。

【3】蒸し器に(2)を入れ、蓋をして中火で約2分、

弱火で12分加熱します。

【4】茶わん蒸しの上に、青シソの千切りをトッピングして、

冷蔵庫でしっかり冷やします。

 

感想

これはおいしそうですね~!

夏の食欲のない時も、さっぱりして梅の香りがあり、

つるつるっと食べられそうです。

ぜひ作りたいと思います。

 

 

 

 

 

蒸し器を持っていない人は、

フライパンでも茶わん蒸しを蒸すことができます。

【1】茶わん蒸しの容器にはしっかりアルミ箔で蓋をします。

【2】フライパンに水をはって、(1)を置き、フライパンに

蓋をします。(あればガラス製の中が見えるものがわかりやすいです)

【3】フライパンにはった水が沸騰するまでは強火でOK。

【4】火を弱めて14~5分さらに過熱します。

【5】爪楊枝や竹串を刺して抜いてみて、卵液が出てこず、出てくるのが

透明な汁ならOK

(普通に蒸し器で茶わん蒸しを作る見極めと同じです。)

 

 


スポンサードリンク

 

 

 

夏の慢性疲労に効く、お酢のレシピ

たまねぎのカレー酢漬け

材料(作りやすい分量)

たまねぎ 1個(150g)

酢(米酢) 大さじ5

砂糖 大さじ5

塩 こさじ1

カレー粉 大さじ1/2

 

作り方

【1】玉ねぎは繊維に沿って薄切りにする。

【2】酢、砂糖、塩、カレー粉をよく混ぜ合わせます。

 

カレー粉に含まれるターメリックには抗酸化作用があり、

体内の活性酸素を減らしてくれる働きがあるんだそうです。

 

【3】容器にたまねぎと(2)を入れ、よく混ぜて

半日以上おいて、たまねぎがカレー色に染まったら完成です。

 

冷蔵庫で約1週間保存可能とのことです。

 

 

 

 

カレー酢漬けを使って

つるりんポークのかれー酢漬け

材料(2人分)

豚薄切り肉(ロース) 100g

塩・コショウ 少々

片栗粉 適量

 

———–タレ——————-

たまねぎのカレー酢漬けの汁 大さじ2

めんつゆ(3倍濃縮) 大さじ1

ごま油 小さじ1

豆板醤(トウバンジャン) 小さじ1/2

塩・こしょう 各少々

———————————–

 

たまねぎのカレー酢漬け 75g

トマト(湯むきしたもの) 1個

 

プリーツレタス 3~4枚

細ネギ(小口切り) 適量

 

作り方

【1】豚肉を片栗粉でまぶしてから、湯で色が変わるまで茹で、

ザルに上げ、水を切ります。

 

point

片栗粉のでんぷんで、豚肉に含まれるビタミンB1が奪われにくくなり、

なおかつつるんと仕上がるそうです。

 

【2】タレの材料を混ぜ合わせる。

【3】タレの中に(1)とたまねぎのカレー酢漬けと、

湯むきして食べやすい大きさにカットしたトマトを入れて、

ざっくりと全体を混ぜます。

 

 

youtube 簡単トマトの湯むき法

 

 

【4】レタスをさらに敷いておき、その上に(3)を中央に

こんもりと盛り付けます。最後にネギを散らせば完成です。

 

感想

カレー酢漬けたまねぎの黄色とトマトの赤、ネギやレタスの緑

三つのビタミンカラーで見ているだけで元気になれそうな

レシピでした!

 

玉ねぎのカレー酢漬けだけだと、口臭がちょっと心配だという方も

こちらのレシピだと安心して食べられそうですね。

 


スポンサードリンク

 

コメントを残す

このページの先頭へ