ハナタカ優越館 4月5日 段ボールは色によって重さを違って感じる?

ハナタカ優越感 2015年4月5日放送 引っ越しシーズンに知っておくと良いかも?日本人の3分の1が知らない雑学が特集されました!

 

●日本人の3分の1が知らない雑学②

 

1ページ目 知らないと損をする?リップクリームの正しい塗り方

普通の段ボールに荷物を詰めたら重くなるってホント?


スポンサードリンク

引越し屋さんから渡される白い段ボールは視覚効果で半分ほど軽く感じる

会社にもよりますが、

引っ越し会社によっては白い段ボールを

採用しているところもあるそうです。

 

実験結果で、黒を重く感じ、

白を軽く感じることがわかっているのだとか。

 

番組で同じ重さの白色と黒色の段ボールを用意して、

80人の人に持って

「どちらが重かったですか?」

とアンケートをとったら、

7割の人が

「黒が重い」

と答えたそうです。

 

視覚の力って侮れませんね!

 

段ボールだけでなく、家具やインテリアにも視覚効果は使えるので

「どっしりとした重厚感」を与えたいなら黒が多く使われるそうです。

 

特に金庫は「重い」と思わせることができるので、

黒がよく使われるそうです。

 

白は軽いと思わせることができるので、

ジョギングシューズなどには白がよく使われているんだとか。

 

感想

たしかに家具などは色が濃いと重厚な印象になりますね!

白すぎると安っぽいし、

黒すぎると暗くなるので私はその中間あたりの色が好きです。

 

パソコンなども黒のものだと持ち上げるときに

「重そう」

と思ってしまいますね。

 


スポンサードリンク

 

物件情報の徒歩○分 時間は関係ない!?

f58d58c2539516f62febe949e3d0a7b4_s

駅から徒歩3分の物件と書いてあっても、

実際に歩いてみると3分では全然着かない・・・なんてことも。

 

 

実は徒歩○分は実際に歩いて測っているわけではなく、

道路の距離を時間に換算したものなんだそうです。

 

駅から1分=駅から80m以内にある物件

という意味なんだとか。

 

なので、坂道や階段があったり、

踏切や大きな信号があって実際よりも時間がかかるルートだと

表記されている時間と実際に歩いた時間にズレが出てくるそうです。

 

 

正和38年に不動産業界が自主的に作った規制で、

ハイヒールをはいた女性が1分間に歩いた距離が80mだったことから

徒歩1分=80mになったそうです。

 

感想

これは私、知りませんでした!

男性が早足で歩いた時間だから、

実際よりも時間がかかるんだわ~くらいに思っていました。

 

ただ、いつも物件を決めるときは、

不動産屋さんにお願いして、

駅からマンションまでのルート、

職場からマンションまでのルートを

実際に車で走っていただいて確認した後、

同じルートを昼と夜に歩いてみてから決めているので、

「思っていたのとは違う!」

というのは特に経験したことがないです。

 

結構昼はよくても夜の街頭の感覚とか、死角とか、

女性は自分で歩いてみてイメージするのが大切だと思うので、

これから一人暮らしをされる方は、

そのあたりはしっかり確認してから選ばれた方がいいかなと

思います。

 


スポンサードリンク

 

次のページ
開封前のマヨネーズを冷蔵庫に入れるのがNGなワケ へ続きます!

コメントを残す

このページの先頭へ