きょうの料理 管理栄養士のレシピ おくら・モロヘイヤ 冷凍保存

きょうの料理 2014年 8月12日放送

 

夏に元気に!ネバネバ野菜をたっぷり食べよう!

おくらやモロヘイヤはネバネバペースト状で冷凍が可能なんだそうです。

冷凍して、手軽に時短にネバネバ料理が作れる方法が紹介されました!

 

 

 

ネバネバにはムチンという免疫力をアップさせる

成分が入っているのだそうです。

夏風邪予防にも良さそうですね!

ネバネバ野菜ストック


スポンサードリンク

 

材料(作りやすい分量)

オクラ

モロヘイヤ

作り方

<オクラ>

【1】オクラは額の部分を包丁で削り落とします。

こうすることで、残りの部分全てを食べることができるそうです。

 

【2】オクラは少し長めに茹でて、ザルにあげて、水を切ります。

 

point

氷水などで冷やさないこと。

水入れると、栄養面でもカリウムが流れ出してしまうそうです。

 

関連記事

あさイチ スゴ技q 旨み倍増のオクラの茹で方

http://hirunandesufan.blog.so-net.ne.jp/2014-07-22

 

【3】オクラを刻む。

 

冷蔵なら二日間、

冷凍ならジッパー付きの冷凍袋に入れて約1か月間保存可能です。

 

<モロヘイヤ>

モロヘイヤはカルシウムがほうれん草の5倍入っているそうです。

 

【1】モロヘイヤは茎がとても固いので、茎と葉をしっかり分けます。

【2】茹でたらこちらもザルにあげて、冷まします。

【3】(2)を縦横細かいみじん切りにして、ネバネバのペースト状にします。

【4】保存容器に移します。こちらも冷凍可能です。

 

 

 

オクラ・モロヘイヤ冷凍ストックを使って、時短レシピ!

ねばねばスープ

材料

ねばねば野菜ストック 80g

だし カップ1と1/2

梅干し 1個

塩 小さじ 1/3

しょうゆ 小さじ1

 

 

作り方

【1】冷凍ストックは、冷凍袋の上からバキっと割って、

そのままお鍋に。

【2】(1)に出汁を入れ、加熱します。

【3】手でちぎった梅干し、塩、しょうゆを入れて

味を調えたら出来上がりです。

 

感想

試食の感想は「すごくやさしい味で、

色んなネバネバが体の中にしみ込んでくるようです」

とのことでした。

 

あっという間に作れるので、ネバネバ好きな方は、

朝食用スープに良さそうですね!

 


スポンサードリンク

 

 

 

 

バジルは8月が収穫期!園芸としても一番育てやすい初心者の入門編

に最適です。自宅で育てたハーブを使ったレシピが紹介されました。

バジルペースト

材料(作りやすい分量 10回くらい色々なお料理に使えます)

バジル 50g

にんにく 1/2かけ

塩 小さじ1

オリーブ油 カップ1/2

作り方

【1】バジルの茎は固いので、葉っぱだけを使います。

【2】フードプロセッサーに調味料を入れ、

バジルはギュウギュウにならない程度に分けて入れます。

 

【3】ペーストにしたら、冷蔵するか、ジッパー付き冷凍保存袋に

薄く広げて冷凍します。

 

冷凍すると、1年中使えますし、使う分だけバキっと割って

使えるのでとても便利なんだそうです。

 

感想

バジルペーストを冷凍するというのはすごく使いやすいアイデアだと

思いました!

 

 

 

 

バジルペーストを使って

白身魚のカルパッチョ

材料(2人分)

バジルペースト 大さじ1/2

オリーブオイル 大さじ1

塩 少々

 

トマト (小)2個

白身魚(たい 刺身用)150g

 

作り方

【1】バジルペーストに、オリーブオイルと塩を混ぜます。

【2】トマトはヘタを取り、薄目の串切りにします。

【3】(1)と(2)を混ぜ合わせます。

【4】白身魚は薄切りにしてさらに盛り付けます。

【5】魚の上に(3)をたっぷりと乗せたら完成です。

 

感想

魚嫌いなお子さんも喜んで食べられるレシピなんだそうです。

これは味の想像もつきますし、絶対おいしいですね!

 

我が家の冷蔵庫にある、

安売りしてあった刺身用トラウトサーモンで

やってみようと思います。

 


スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ