世界一受けたい授業 4月11日 レジリエンスを高める食事法とは?

世界一受けたい授業 2015年4月11日放送

逆境からしなやかに立ち上がる精神をレジリエンスと呼ぶそうです。うつ病を予防する、折れない心を作る食事や運動などが特集されました!

 

●うつ病などを予防する!折れない心を育てるレジリエンス

1ページ目 意外と知られていない結婚式の招待状の返信メッセージでやってはいけないこと

レジリエンスとは


スポンサードリンク

 

心の回復力を強めること。

 

海外では、

2000年ごろから『困難に直面した時の考え方』や

『気持ちのコントロールの仕方』を教える

レジリエンス教育というのが始まっているそうです。

 

最近日本でも道徳の授業などで、

レジリエンス教育を取り入れている学校もあるのだとか。

 

レジリエンスは生まれ持ったものではなく、

学習によって誰でも高めることができるそうです。

 

レジリエンスの高さを測るテスト

番組ではけん玉をやっているのを別室で先生が見ていました。

 

最初の挑戦者は又吉さん。

20120119030428b41

画像http://matome.naver.jp/

 

又吉さんが30分間黙々とやっているのを見て、

先生は

「レジリエンスは高いですね。黙々とできていましたね。

たまにリラックスして感情を上手にコントロールしようとしていましたね。

 

一喜一憂するというのは、

気持ちがコントロールできていない証拠なんです。

一喜一憂するとそれによって心が消耗してしまい、

あきらめの気持ちに繋がってしまうんです。

それは、レジリエンスの低い人によく見られる兆候なんです。」

とコメントしていました。

 

又吉さんは

「やっていたらいつかできるようになるんじゃないかと思ってやっていました」

とコメントされているのに対して、

先生は

「楽観的に物事を考えるのもレジリエンスが高い証拠ですね。」

とコメントしていました。

 

 

次に芸人の綾部さんがけん玉に挑戦。

img20060223

画像http://yaplog.jp/nichijou-blog/

 

テレビを意識して、ややオーバーリアクション気味にけん玉にチャレンジ。

VTRを見ていたスタジオの人は、

「絶対一喜一憂してレジリエンスが低いと先生が言うだろう」

と予想していました。

 

しかし、意外にも先生は

「この人もレジリエンスは高いですね。」とコメント。

 

先生曰く

「コメントが前向きな言葉が多かったですね。」

とのこと。

 

綾部さんは

「焦るな焦るな」

「集中してください」

と自分に言い聞かせながらやっていました。

 

先生は

「難しい課題に対して、上手に感情をコントロールしていました。」

とのことでした。

 

同じ実験を一般人にしてもらったところ、

「う~ん。わかんない。」

「あ、ダメだ!」

などのネガティブな発言が多い人も。

このタイプの人は諦める心に繋がってしまう可能性があるそうです。

 


スポンサードリンク

 

食事のとり方でレジリエンスは高められる!

アメリカの会社で実際にやっている、

レジリエンスを高める食事法があるそうです。

 

3時間おきに食事をとる

ポイントはブドウ糖。

ブドウ糖が低くなると集中力が落ちるそうです。

 

食事を少量ずつ3時間おきに摂ることで、

ブドウ糖のレベルと一定に保って、

感情のコントロールを一定に保つことをねらっているのだとか。

 

10時にティータイム、3時のおやつを加えるイメージなんだそうです。

量は少量でOK!

たくさん食べると太ってしまうので注意が必要なんだとか。

 

 

子どもに3時のおやつは絶対に必要で、

糖分か炭水化物をあげないとキレやすい性格になると

昔聞いたことがありますが、

これと似ているのかなと思いました!

 

レジリエンスを高める運動 走り方にもポイントが!

ランニングする時目標を設定する

自分で目標を決め、それをクリアすることで達成感を得ると、

脳内でドーパミンやセロトニンなどの幸せホルモンと呼ばれる物質が

分泌されるそうです。

 

アメリカの大手製薬会社は、

3時間おきの食事や目標設定をしたランニングを社員に行った結果、

約8割の社員が心の健康が向上し、仕事の効率が上がったと回答したそうです。

 

高齢者や体の弱い人で運動ができない人はどうすれば?

ランニングでなくてもOK。

大切なのは、

自分で目標を設定して、それをやり切る経験をすること、

なんだそうです。

 

例えば、

普段の最寄り駅の一つ前の駅から歩いて帰るなどを

計画的に行うことが

大切なんだとか。

 

これはよくビジネス啓発本に書かれている

「小さな成功体験を積み重ねること」というのと同じなのかなと

思いました!

 

目標を細かく設定してそれをクリアしていくと、

ゲーム感覚で自分が前向きになっていくのを実際に感じます。

 

昔、職場でもそういう意図を持って

目標を上司と一緒に設定するというのをやりましたが、

当時はそれが何を意味するのか、

という教育が全くされない状態で導入されたので、

やらされている感が強くてあまり効果がなかったように思います。

 

今の職場は週1回ビジネス啓発本を読んで、

感想文を書くという宿題を出されるので、

上司がやりたいことが何を目指しているのかわかるので、

結構学歴に関係なく皆の士気が高い感じがします。

 

一流スポーツ選手の名言に学ぶ!レジリエンス

マイケルジョーダン

「試合に負けたことは一度もない、

ただ時間が足りなくなっただけだ」

 

「運命よ。そこをどけ。俺が通る」

 

先生曰く

「ネガティブな発言がなくて、とても自信にみちています」

とのこと。

 


スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ