主治医が見つかる診療所 4月20日 焼きサムゲタン風鶏スープ

主治医が見つかる診療所 2015年4月20日放送

漢方医が筋肉疲労に良い『鶏むね肉』を使った料理レシピを提案!見た目もすごくおいしそうでした!

 

●漢方の鶏スープで筋肉強化&疲労回復!

1ページ目 インナーマッスルをらく~に鍛える4秒筋トレ!
2ページ目 インナーマッスルを鍛える食事!赤味マグロと菜の花のレンジ蒸し

●焼きサムゲタン(参鶏湯)風・鶏スープ


スポンサードリンク

 

いつもレシピがあまりおいしくないというのを気にしている丁先生。

今回は「先生!今回は完璧です!」

とゲストの方が絶賛するレシピでした。

 

肉の内側に、八角(スターアニス)が入っているのがポイントなんだとか。

八角に消化を促進して筋肉疲労を緩和する働きがあるそうです。

 

肉を柔らかくするのに塩麹を入れて発酵食品を入れることで、

冷蔵庫での保存期間を長くできるとのことでした。

 

材料(4人分)

鶏むね肉のひき肉 300g

みりん 小さじ2杯

塩麹 大さじ2杯

白ネギ(長ネギ)1本

 

八角を粉状にしたもの3g

楽天市場で売られている八角の粉の商品をまとめました。

興味のある方はこちら
楽天市場 スターアニス粉 リンク集 
片栗粉 適量

ごま油 適量

 

昆布とかつお節でとったダシ1200ml

スライスしたニンニク2切れ

皮ごとスライスした生姜 15g

 

200mlの水で戻して置いた大さじ2杯のハト麦

ヤマイモ 200g

 

 


スポンサードリンク

作り方

【準備】

ハト麦を水に30分つけて、もどしておきます。

ヤマイモは皮をむき、イチョウ切りにします。

長ネギの白い部分は大き目に斜め薄切りにします。

長ネギの青い部分はみじん切りにします。

 

【1】鶏ひき肉に、みりん、塩麹、

長ネギの青い部分を刻んだものを加えます。

【2】八角粉3gを1に加えてよく混ぜます。

【3】2を冷蔵庫で約30分間寝かせます。

塩麹のはたらきで発酵して栄養成分が増すそうです。

 

【4】3を食べやすい大きさに丸めて、

まんべんなく片栗粉をまぶします。

 

【5】フライパンにごま油をしき加熱して、

4の表面に焼き色をつけます。

 

【6】こんぶと鰹節でとったダシを土鍋などに

入れます。

【7】6ににんにくとショウガを入れます。

【8】水で戻しておいたハト麦を水ごと入れます。

【9】ヤマイモ、なめこ、ネギの白い部分を加えます。

【10】5の鶏団子を入れて、鶏団子に火が入ったら

完成です!

 

 感想

鶏団子もふんわりしていてとてもおいしそうでしたし、

キノコや野菜、ハト麦などもたっぷり入っていて

すごくヘルシーなので、カロリーを気にしているダイエッターにも

良さそうなメニューだと思いました!

 

八角を入れることで、高齢の方でも食べられるそうです。

 

クエン酸の疲労回復効果は本当?

クエン酸は疲れている時に効果があると言われていますが、

ドクターによると、

人間を対象とした科学的なデータはあまり出ていないそうです。

 

疲労回復としてはデータはありませんが、

夏の熱中症にはクエン酸は絶対必要!とのことでした。

 

クエン酸は弱酸性の物質なのですが、

体内でHCO3- 

を増やすので、血液や尿をアルカリ性に傾ける働きがあります。

 

お子さんが頻繁にクエン酸入りのドリンクを飲むと

虫歯になることがありますが、

大人はそこまで虫歯の進行は早くないので、

熱い夏の日はクエン酸入りのドリンクを積極的に摂っても

いいのかもしれないですね!

 


スポンサードリンク

 

人気ページをまとめました。

wakutuki2

コメントを残す

このページの先頭へ