世界一受けたい授業 4月25日 スーパー和食 糖尿病やがん予防できる1975年の食事とは?

世界一受けたい授業 2015年4月25日放送

1975年のちょっとだけ欧米化した食事が一番糖尿病やがんのリスクが少ない!?1975年当時の食事のポイントが紹介されました。

 

●スーパー和食 1975年の食事

1975年の食事の特徴とは?


スポンサードリンク

  • 食材が多かった

 

豚汁やおからの炒り煮など、

たくさんの食材が入っていて、

少しずつ色々な食材を食べていたそうです。

 

  • 卵をたくさん食べていた

番組によると、

卵は一頃『コレステロールを上げる』から食べ過ぎは良くないと

言われていましたが、

近年高齢の方に卵を摂る食事が見直されてきているそうです。

 

  • 発酵調味料をたくさん食べていた

味噌・醤油・みりんなどの発酵調味料を多く摂っていたそうです。

 

これに関しては最近の方がヨーグルト、チーズ、

沢庵などの漬け物の代わりにキムチが好まれたり、

塩麹など結構摂っている感じもしますが…。

個人差が多いのかもしれないですね。

 


スポンサードリンク

 

味噌汁だと1日2杯くらい飲んだ方が良い。

出演された先生によると、

1日3杯程度であれば高血圧になることはないだろう

と言われているとのことでした。

 

100gあたり食塩相当量9gのみそを使った場合、

1杯分の食塩相当量 0.09g×16g=1.44g

になります。

 

血圧が高くない人で

1日の塩分摂取の目標値は、男性10g未満、女性8g未満

血圧の高い人なら6g未満が推奨されています。

 

他の具の味付けにも気を付けたらという条件付きですが

2杯くらい飲めそうです。

 

ただ、

これに関しては脳外の専門病院で私が働いていた関係上

ちょっと異議ありです。

塩分摂取量の多い地域(東北)と少ない地域を棒グラフにすると

脳卒中リスクはきれいな相関関係になるので、

塩分は少ない方が良いと私は思います。

 

1日2杯飲んでも良いとは思いますが、

具だくさんで作って具は全て食べて、

汁は半分飲んで半分は捨てるのをおススメしたいです。

 

1975年と比較して胃がんの発生率は年々減っています。

(塩とアツアツの味噌汁を飲むのが胃がんの原因に

なったんだろうと大学時代習いました)

そういう点も考えて、上手に取り入れたいなと思いました。

 

塩分が気になる!という人向け。
1975年の食事では塩分をひかえるために多く使われていたものは?

だし

重要なのは香り

香りがしっかりついているので、

塩分を少なくしてもしっかり味を感じられるようになるそうです。

 


スポンサードリンク

 

次のページ
外食時でも実践できるスーパー和食 へ続きます!

コメントを残す

このページの先頭へ