林修の今でしょ講座 4月28日 冷めてもおいしいお弁当のごはんの作り方とは?

林修の今でしょ講座 2015年4月28日放送

お弁当のご飯は、固くなって味も薄くなりがちです。冷めても甘くてふっくらが持続するごはんの炊き方が紹介されました!

 

●科学×料理でおいしく 第二弾!⑦

1ページ目 100g300円の特売肉⇒100g3000円の高級ステーキにするための下準備
2ページ目 やわらかくジューシーにステーキを焼きあげるテクニック!
3ページ目 赤ワイン+〇〇で絶品ステーキソースを作るレシピ!
4ページ目 格安の豚肉を使って、高級豚肉なみのおいしいとんかつを作る裏ワザ!
5ページ目 お弁当や帰宅の遅い家族の夕食にも!冷めてもおいしいから揚げレシピ!
6ページ目 冷めてもふっくらやわらかい卵焼きの作り方!

冷めてもふっくらごはんの作り方


スポンサードリンク

 

氷を入れる

ご飯を炊くときに氷を入れると、

お米の吸水が変わってくるんだとか。

 

理由は、氷を入れて炊飯器で炊くと、

沸騰するまでの時間が長くなるので、

より多くの水分をお米が吸うのだそうです。

 

氷の量はお米三合に対して150g

だいたい水の4分の1くらいの氷になるそうです。

炊くときはいつもの4分の1お水を減らして入れるそうです。

 

冷めても甘みのあるごはんにするために、炊く前に入れた方が良い調味料とは?

ハチミツ

ハチミツを入れることで、

通常噛んだ時にお米に感じる甘みと同じくらいの

甘みをつけてしまうんだとか。

 

加える量は米3合に対して小さじ1と1/2

ハチミツは米を炊く水に溶かしてから炊飯器に入れます。

 


スポンサードリンク

科学×ご飯の炊き方

【1】米を洗う

【2】水にハチミツを加えてよく混ぜる。

【3】炊飯器に米と2を入れる。

【4】氷を入れる

【5】炊飯器にスイッチオン!

 

5時間経ったごはんと食べ比べると…

「見た目がすでに違う。ツヤツヤしている」

「明らかにちがいますね。口に入れる前から甘くておいしい」

「ご飯がやわらかくておいしいですね」

「言われなかったらわからないですね。ハチミツ入りなんて…」

 

ととても驚いていました!

 

ご飯に氷入れて、

しっかり炊き上がるのかちょっとこれは半信半疑ですね。

自分の家の炊飯器でちゃんと炊けるのか試してみたいと思いました。

 

GWの行楽弁当でおにぎりを作りお家には、

もしふっくら甘く作れるなら、すごく素敵なレシピだと思いました!

 

 

昔、ご飯をふっくらさせるために、少量の寒天を入れるという

レシピをやってみたことがあります。

 

確か炊き立てはモチモチしておいしかったですが、

時間が経ったら、まずくはないけど…という感じでした。

 

ハチミツも隠し味程度なら甘くてしっとり仕上がりそうですね!

 


スポンサードリンク

 

次のページ
科学の力で絶品パスタを作るレシピ!

コメントを残す

このページの先頭へ