世界一受けたい授業 エクオール 5月2日 大豆イソフラボンの効果を左右するエクオールとは?

世界一受けたい従業015年5月2日放送

肌のシワの改善や更年期障害の緩和、乳がんや前立腺がん予防、さらに要介護・死亡リスクも低くするというエクオールについて特集されました!

 

●スーパー美容物質エクオールとは?

エクオールとは?


スポンサードリンク

 

東京農業大学の上原万里子先生によると、

 

大豆イソフラボンの効果には個人差があり、

その個人差にはエクオールという物質が関係しているのだとか。

 

大豆イソフラボンは、

体内でエクオール産生菌のはたらきによって、

エクオールに変わります。

 

このエクオールは、

女性ホルモンと似た働きをするそうです。

 

女性ホルモンは

一般的に40代半ばから体内で減りますが、

このエクオールには減った女性ホルモンを

補うような働きをしてくれるんだとか。

 

エクオールの効果 その1

肌のシワ予防

3269da68f05a198a5f8de1909497740c_s

女性ホルモンには肌の水分を保ち、

コラーゲンを作る働きがあるそうです。

 

中高年の女性にエクオールを12週間摂ってもらうと、

目じりのシワガ改善されたという結果があるそうです。

 


スポンサードリンク

エクオールの効果 その2

更年期障害の軽減

更年期障害、実際になられた方が私の周りでもたくさんいるんですが

すごく辛そうです。

 

ほてりやのぼせ、不眠や倦怠感、首や肩の凝りなど、

人によっては仕事や家事を続けるのも無理なくらい辛いのだとか。

 

中高年の女性で行った実験で、

更年期障害が軽い人は尿中のエクオールが多く、

更年期障害が重い人は尿中のエクオールが少ないことがわかったそうです。

 

エクオールは体内で作れる人と作れない人がいる!?

エクオールが体内で作れない人は、

大豆製品を食べても効果が全くないわけではないそうですが、

エクオールを作れる人と比べて効果が低いそうです。

 

エクオールの効果 その3

要介護・死亡リスクの低下

東北大学が70歳以上の住民を対象にして行った調査で、

調査から7年後までに要介護認定や亡くなった方の割合が、

 

エクオールが作れないグループ・・・52%

エクオールが作れるグルーブ・・・37%

という結果になったそうです。

 

この差は大きいですね!

 


スポンサードリンク

 

次のページ
エクオールの効果その2 男性の抜け毛にも効果あり!? へ続きます!

コメントを残す

このページの先頭へ