主治医が見つかる診療所 歯周病 5月11日 医師おススメの歯磨き法とは?

主治医が見つかる診療所 2015年5月11日放送

歯周病とさまざまな病気の関係や、医師おススメの歯磨き法や、歯磨きの時間などが紹介されました!

 

●日本人の国民病 歯周病スペシャル

歯周病が色々な病気を引き起こす!?


スポンサードリンク

 

歯周病は関節リウマチを発症する一つのリスク因子

関節リウマチはなぜ起こるのかはまだよくわかっていないそうですが、

歯周病の人がなりやすいことがわかっているそうです。

 

つまり、歯周病を予防すれば、

関節リウマチの予防にも繋がるということなんだとか。

 

そもそも歯周病(ししゅうびょう)って?

昔は、歯槽膿漏(しそうのうろう)と呼ばれていたそうです。

歯茎を押すと膿が出ることがからついた名前なんだとか。

 

歯周病は膿だけではなく、歯の周りの骨が溶けて、

歯がグラグラになって落ちやすくなるような症状を指すのだそうです。

 

歯を失う原因でも、

歯周病が全体の41.8%で一番多く、

ついで虫歯が32.4%で虫歯よりも多いのだとか。

 

さらに、

歯周病は30歳以上の日本人の8割の人がかかっている

国民病です。

 

最近では、

骨粗しょう症の薬(ビスホスホネート系など)の薬を飲んでいて、

さらに歯周病がある患者さんが抜歯をすると、

顎の骨が壊死して、

顔の下半分の骨を切り落とさないといけないような大事にもつながる

怖い副作用なども話題になっています。

 

歯周病を引き起こすのは、歯垢(プラーク)です。

このプラークの中には10億個の細菌が入っていて、

血液中に菌が入ることで体に悪さをするそうです。

 

特にプラークに含まれている細菌は心臓が大好きで、

心内膜炎などを引き起こすこともあります。

心筋梗塞で心臓の血管(冠動脈)にステントを入れた人は、

半年間は絶対抜歯ができないと言われるのも、

このプラークが関係しています。

 

最近では認知症にも歯周病菌が関係しているという研究もあるそうです。

歯周病を治療することで、腎臓の機能が良くなった人もいるのだとか。

 

私も昔、

手術後に口腔ケアをした人としなかった人での入院期間を比較した

研究データを見たことがあります。

口腔ケアをした人の方が、在院日数が短くなるので、

積極的に口腔ケアを取り入れる病院も増えてきているようです。

 


スポンサードリンク

歯周病を予防する歯磨き法とは?

歯磨き粉をつけない

歯磨き粉をつけて歯磨きをすると、

スーッとした感じや香りがついていて、

実際にみがけていないのにすっきり感を

感じてしまうことがあるそうです。

 

水だけで歯磨きすると、みがき残しを見つけやすいのだとか。

 

湯川医師おススメの歯磨き法

二度みがき

【1】最初は水だけで歯磨きします。

【2】次に仕上げに歯磨き粉をつけてみがきます。

 

最初の水だけの歯磨きで歯垢を落とし、

歯磨き粉をつけて、

仕上げに歯の着色などを落とすようにすると良いのだとか。

 

歯垢がしっかり落とせる磨き方

●歯を閉じた状態で、表の歯を上下同時に、

歯ブラシで小さく円を書くように磨く(フォーンズ法)

 

●歯ブラシを歯に直角に当てて、細かく振動させる磨き方です。

イメージ的には、くぼみに毛先を入れる感じなんだとか。

表を磨いたら、歯の裏と、歯のかみ合う面もみがきます。

(スクラッピング法)

 

●歯茎と歯の間に毛先を入れるイメージで、

歯ブラシを45度にして、

細かく振動させながらみがきます。(バス法)

 

文字ではわかりにくい方向け。
説明しているyoutube動画を見つけました。

歯ブラシの選び方

●歯磨きを一番やった方がよい時間帯とは?

寝る前と朝食後すぐ

寝ている時は唾液が出なくなるので、

口の中の細菌が繁殖しやすくなります。

なので、寝る前にできるだけ口の細菌を減らしておくと良いのだとか。

 

朝食後すぐは、

一日の最初に口の中の食べかすを落としておけるので

良いそうです。

腸内細菌を整えると、口腔内の最近も善玉菌が増える

口だけではなく、お腹の状態をよくすることで、

歯周病の予防ができるそうです。
腸内の善玉菌を増やすためにはやっぱり食事ですね!
乳酸菌が生み出した乳酸菌醗酵エキス!
TVでも話題の短鎖脂肪酸を豊富に含んだ美容と健康エキス

善玉元気

口腔ケアのカギは唾液

よく噛むことが良いとのことでした。

しかし、忙しい現代人はあまりゆっくり食事が摂れない…という人も。

 


スポンサードリンク

 

次のページ
食事時以外にも唾液を出せる体操&噛み応えあるカリカリマーボー豆腐レシピ へ続きます!

 

コメントを残す

このページの先頭へ