世界一受けたい授業 弁当 6月13日 漬け物入り豚カツでバリエーション色々!

世界一受けたい授業2015年6月13日放送

女子栄養大学の先生による、お弁当作りでよくあるお悩みの解決方法が紹介されました!これからの季節、傷みにくいお弁当を作るコツや、おかずがマンネリにならないコツなど色々なアイデアがとても参考になりました!

 

●お弁当の悩みを科学的に解決!ちょっとひと手間お弁当レシピ

 

〇〇を入れると、冷めてもジューシーなハンバーグを作れる!


スポンサードリンク

ゼラチン

ゼラチンを入れると、冷めても肉汁が保たれて、

ジューシーなハンバーグになるそうです。

 

お弁当の悩み 第5位

冷めるとおいしくない

冷めるとぼそぼそになったり、くっついたりする「スパゲッティ」
<解決法>

スパゲティの代わりに白滝(しらたき)を使います。

<材料>

白滝

たらこ

しょうゆ

ごま油

 

<作り方>

【1】ほぐしたタラコ、酒、しょうゆを混ぜ合わせます。

【2】しらたきをフライパンで油をしかずに水分がなくなるまで炒めます。

【3】2に1を入れます。

【4】たらこに火が通ったらごま油を回しいれます。

【5】しっかり絡めたら完成です!

 

しらたきを使うと、麺がぼそぼそになったりくっついたりしないので

おススメなんだそうです!

ダイエッターにもうれしいですね♪

 


スポンサードリンク

お弁当のお悩み 第4位

栄養バランスが偏る

<解決法>

日本人に不足している栄養分「カルシウム」。

卵焼きをカルシウムたっぷりにするレシピが紹介されました!

 

<材料>

小松菜・・・ほうれん草の約3倍のカルシウムを含んでいるそうです。

ちりめんじゃこ

梅干し・・・梅干しに含まれているクエン酸は、

カルシウムを多く含む食材と一緒に食べると

吸収を手助けしてくれるそうです。

 

<作り方>

【1】小松菜を粗いみじんぎりにしておきます。

【2】ちりめんじゃことみじん切りにした梅干しを1に加え、

卵でとじます。

 

坂上さんは、

「僕は卵焼きには紅生姜を結構入れます。

結構酸味と合いますよね!」

とコメントされていました。

 

レシピを紹介された女子栄養大学の先生は、

「熱が加わるのでそこまで酸味は感じないと思います」

とのことでした。

 

関連記事

林修の今でしょ講座 冷めてもおいしい卵焼きの作り方

林修の今でしょ講座 冷めてもおいしいから揚げの作り方

 

次のページへ続きます!(ボタンは記事下です)

 


スポンサードリンク


PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3

コメントを残す

このページの先頭へ