駆け込みドクター 6月14日 隠れ鼻づまりで子どもの脳の発達が遅れる!?

駆け込みドクター2015年6月14日放送

 

●知らないと本当は怖い鼻と耳スペシャル②

 

前のページ 鼻風邪の時は内科よりも耳鼻科にかかった方が良い?

本当は怖い!鼻づまり


スポンサードリンク

 

専門医の先生によると、

「鼻づまりは粘膜の炎症によって、

粘膜が腫れてしまうので、空気の通りが狭くなって詰まることです」

とのことでした。

 

鼻づまりの原因

鼻づまりの原因は主に2つなんだとか。

 

・鼻腔(びくう)の粘膜の炎症(鼻炎)

・鼻腔の隣にある副鼻腔の中の炎症(慢性副鼻腔炎・蓄膿症(ちくのうしょう)

 

●鼻炎

鼻水、くしゃみが出る

 

●副鼻腔炎

重症になると、膿がたまって神経を圧迫し、

頭痛や顔面痛が起こるそうです。

 

鼻づまりで最も怖いのは、口呼吸になること

口呼吸が怖い?

空気中の病原菌は、鼻呼吸なら鼻の粘膜で

シャットアウトされます。

鼻呼吸は最大80%の有害物質を取り除くことができるそうです!

 

口呼吸だと、鼻でシャットアウトされるはずだった病原菌が

全て体内に入ってしまうので、危険なんだそうです。

 

さらに、

口呼吸をすることでリスクが上がる病気や症状は以下の通りです。

 

 生活習慣病・心臓病・睡眠時無呼吸症候群
関節痛・虫歯・口臭など

 


スポンサードリンク

 

鼻づまりで子どもの学力が低下する!?

慢性鼻炎による「隠れ鼻づまり」

慢性鼻炎の粘膜は日中には腫れが少なく、

夜、寝ている時に腫れがひどくなるそうです。

 

寝ている時に鼻がつまっても、

本人も気づかないことが多いのだとか。

 

そのため、睡眠の質が悪くなり、

脳が十分に休まらない

⇒脳の発達が遅れるリスクが上がるそうです!

 

いびきを抱えている小児を調べると、

成績が下がるリスクが2倍も上がることがわかったのだとか。

 

その他、

集中力や体力の低下や、

キレやすくなるなどのさまざまな弊害(へいがい)が

指摘されているそうです。

 

 

専門医の先生によると、

毎晩寝つくときになると泣き叫ぶ4歳児を診断し、

鼻の通りがよくなる手術を行ったところ、

毎晩泣くこともなくぐっすり眠れるようになったケースも

あるそうです。

 

こどもの口呼吸を見分ける方法は?

  • いつも口をあけていないか
  • 風邪をひきやすいかどうか
  • 中耳炎をしょっちゅうおこしたりしていないか

 

隠れ鼻づまりのチェック方法

・いびきをかく

・睡眠中息苦しくて突然目がさめる

・のどがかわく

・日中イライラしやすい

 

2つ以上当てはまる場合、隠れ鼻づまりの可能性があるそうです!

 

 

私もこどもの頃、

しょっちゅう風邪をひいて中耳炎を起こしていたので

口呼吸になっていないか気を付けたいと思います。

 

スザンヌさんの鼻づまり対策

・マスクの内側にハッカ油(ミントの精油)をスプレーすること

そうすると鼻が通り過ぎるくらい通るのでよくやっているそうです。

 

楽天市場のハッカ油の商品をまとめました。

興味のある方はこちら

楽天市場 ハッカ油 リンク集

 

私もこの方法、超おすすめです!

病院勤務時代に、院内でアロマセラピー同好会をやって、

ラベンダーとペパーミントの精油を患者さんやスタッフを分けて

どっちが花粉症に効くか、

精油を渡してアンケートを取った経験があります。

 

その中でダントツ効果が高かったのが、

鼻づまりタイプの花粉症の人にペパーミントの精油を

かいでもらうこと、でした。

 


スポンサードリンク

 

次のページに続きます!
正しい鼻うがいの方法とは?

コメントを残す

このページの先頭へ