林修の今でしょ講座 夏野菜 ゴーヤの素揚げで脳梗塞予防!

林修の今でしょ講座 2015年6月23日放送

脳梗塞予防に良いゴーヤ、紫外線対策にぴったりのパプリカ、そして夏太り対策に今注目の野菜、明日葉が紹介されました!特に明日葉のスムージーはとても飲みやすいと好評のようでした!

 

●体に良い夏野菜スペシャル②

 

前のページ クーラー病予防に良い夏野菜とは?

●第4位 ゴーヤ


スポンサードリンク

 

夏に急増する、脳梗塞などの怖い血管疾患を予防する夏野菜!

 

ゴーヤに含まれる、チャランチン、モモルデシンという物質に血糖値を下げる効果が期待できる

血糖値が高いと、血管の壁に糖がくっついて、血管がもろくなり、

詰まりやすくなるのだそうです。

 

管理栄養士おススメの、ゴーヤの栄養素を逃さない食べ方

●ゴーヤの素揚げ
<作り方>

ゴーヤを輪切りにして、綿を取り除かず素揚げします。

最後にかつおぶしをまぶしたら完成です!

これを酢醤油で食べるのもお勧めなんだとか。

 

 

口々に「つまみに合いそう」

との声が。

 

素揚げすると綿の苦味もやわらぐそうです。

綿には身よりも多くのビタミンCが含まれているのだとか。

 

かつおぶしを最後かけると、

ゴーヤの苦味が和らぐそうです。

 


スポンサードリンク

 

●第3位 オクラ

a74eef63beffaabee329758a275a83b8_s

夏の弱った胃腸に良い栄養素が含まれているそうです!

 

オクラのネバネバは水溶性食物繊維+糖たんぱくなんだそうです。

 

オクラにはムチンは入っていないそうですが、

この水溶性食物繊維+糖たんぱくが

体内のムチンの分泌を促進してくれるそうです。

 

このムチンは胃腸を守るバリアになってくれ、

胃腸への負担が減るそうです。

 

●オクラそうめんの温泉卵乗せ

そうめんの上に刻んだおくらと温泉卵と

きざみ海苔を乗せたものが紹介されました!

 

温泉卵は生卵よりもタンパク質の消化・吸収が良いそうです。

胃の粘膜の成分でもあるので、たんぱく質を摂ることは

後々胃を守ることに繋がるそうです!

 

また、

冷ややっこにオクラを乗せる食べ方も胃にやさしいそうです。

 

次のページに続きます!

(リンクは記事下にあります)

 


スポンサードリンク

PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3

コメントを残す

このページの先頭へ