林修の今でしょ講座 掃除 頑固な換気扇の汚れを食器用洗剤で落とす方法とは?

林修の今でしょ講座 2015年6月23日放送

科学の力で汚れの疑問を解決!換気扇の汚れやほこりがたまりにくい部屋の掃除の仕方、お風呂のカビの落とし方などが特集されました!

 

●科学×掃除

換気扇のしつこい油汚れ


スポンサードリンク

 

料理をすると、油煙(ゆえん・油を含む煙)

というものが大量に出るそうです。

 

油も蒸発するので、換気扇や壁、

床も油でべとべとになるそうです。

 

換気扇から吸い込み切れない油煙が壁や床にただよって

周囲を汚しているそうです。

 

換気扇が汚れることで、換気扇のパワーが下がって、

さらに壁や床が汚れやすくなるそうです。

 

換気扇の油汚れが頑固で落ちにくいのはなぜ?

換気扇のプラスチックは石油からできているので、

プラスチックと油は性質が似ていて、

くっつきやすく、落ちにくいそうです。

 

また、

汚れは時間が経つと、別の物質に変わるので、

薄い汚れがミルフィーユ上にくっつくことで、

より落ちにくくなっていくそうです。

 

換気扇の周りの油汚れの予防法

調理の5分前に換気扇を回す

一般家庭は「第3種換気扇」というものがついていて、

空気が外に出た分、自然吸気口というところから

空気が入ってくるそうです。

 

それによって部屋の中に空気の流れが出来上がるので、

部屋の中に油煙が溜まりにくくなるそうです。

 

調理後もしばらく換気扇を回す

調理後も、フライパンなどからしばらく油煙は出ているので

しばらく換気扇を回して空気の流れを作った方が良いそうです。

 


スポンサードリンク

頑固な油汚れを簡単に落とす方法とは?

手順

【1】厚手の袋に換気扇を入れます。

(番組では野菜の保存用ジッパー付き袋を使っていました)

 

【2】50度のお湯と洗剤を1の袋の中に入れて、

袋の口を閉じて15分以上つけおきします。

 

お湯を使うことで油汚れが落ちやすくなる、

洗剤の界面活性剤の化学反応の速度を早くする働きもあるそうです。

 

【3】ブラシ等で表面の油をこすって落とします。

 

 

部屋のほこりがすぐにたまるのはなぜ?

そもそもホコリって何?

色々なものが混ざった集合体。

(身の回りの繊維の綿ぼこりや、髪の毛、土砂、ダニの死骸など)

 

毎日そうじしてもすぐにホコリがたまるのはなぜ?

服を脱ぎ着するだけ、絨毯の上を歩いただけで、

目にみえない大量のホコリが発生していました。

 

空中に浮いているホコリが落ちるのでたくさんホコリが発生しますし、

がんばって掃除しても空気中に浮いているので、

すぐに発生するそうです。

 

1回のそうじで、もっともたくさんのホコリを掃除する方法

ポイントはいかにほこりを舞い上がらせないようにするか。

  • 上から下の順番で掃除する。
    カーテンレールの上は盲点になりやすいので注意。
  • テレビの上などの掃除をする時は、ハケと掃除機を同時に使う。
  • フローリングは、掃除の前にモップがけする。

 

なかなかちょっとめんどくさいですが、

このひと手間が頻繁にホコリがたまらないようにするそうです。

 

次のページに続きます!
リンクは記事下にあります。


スポンサードリンク

PAGE 1 PAGE 2

コメントを残す

このページの先頭へ