生大根ダイエットの方法は?効果なし?メカニズムと口コミをまとめました!

先日ナイナイアンサーで紹介された、

生の大根を汁ごと食べるというこのダイエット

私もあとー3kgを目指したいので興味津々で見ていましたが、実際に世間の口コミはどうなんでしょうか?調べてみました。

生大根ダイエットのやせるメカニズムは?


スポンサードリンク

●決め手は酵素

生大根にはアミラーゼという酵素が含まれています。
アミラーゼという消化酵素は、炭水化物の消費を高めてくれるそうです。

 

2b56878941b4df4515a92ba8f573a5a4_s

●その他、食物繊維も豊富で便秘解消効果もある

便秘はダイエットの敵ですから、
うれしい効果ですね♪

 

kafun_sukkiri

 

●生大根ダイエットの方法は?

約1cm分の大根を「生のまま」「汁ごと」

ご飯の前や、食事と一緒に食べる。

 

この方法はアレンジバージョンで、

本来は1日1回約300gの生大根を食べる、
というもののようです。

(その場合は、約6cmくらいの量になるそうです)

 

酵素は加熱すると、
たんぱく質が変性して効果がなくなってしまうので、
生のまま食べないと意味がないそうです。

 

すりおろしたり、切ることで、

大根の辛み成分のイソチオシアネートという物質が

細胞から出やすくなるのでより効果的になるのだとか。

 


スポンサードリンク

●口コミ「やせない」?

実際に「やせた!」という方もいれば、
やせないという口コミも。

 

生大根の効果は

「便秘の解消」と
「炭水化物の消費を増やして脂肪がつきにくくなること」

 

すでにある脂肪の燃焼を高めてくれる働きはないので、
「やせない」という意見が出るのは、
仕方ないことなのかもしれません。

 

関連記事

脂肪を燃えやすくしてくれる体に良い油ココナッツオイル

 

<口コミ 失敗例>
・大根を加熱して食べていた

大根はカロリーも糖質も低いので、
普通に調理しても他の食品に比べるとダイエットにむいていますが、
加熱すると酵素が働かないので、
期待した効果は全く得られません。

 

<口コミ 失敗例>
・早くやせたいと、大量の生大根を食べていた

気持ちはわかりますが、
毎日大量のサラダを食べるのと同じで、
生野菜ばかり大量に食べると、

胃腸を冷やして血流が悪くなります。

そのためにかえって消化能力を落としてしまったり、
夏バテの原因になり、
長く続けられなくなってしまうことも。

 

ダイエットの成功とリバウンド防止のカギは、
適切なたんぱく質とカロリーも摂って、
体の筋肉量を落とさないこと、というのもあります。

 

関連記事

東大式アミノ酸ダイエット

 

<口コミ 失敗例>
・大根の切り口が酸化して、期待する効果が出ていなかった。

毎食1cmずつ食べる程度では、
長期間冷蔵庫に使いかけの大根が
入っているという状態になることも。

 

切り口から酸化することがあるので、
保存する時は、ぴったりとラップを巻き付けて、
空気に触れないようにすると酸化しにくいそうです。

 

大根も切った状態で保存せず、
食べる直前に切るのが効果的なんだとか。

●生大根ダイエットの副作用は?

毎食約1cmくらいの大根を食べても、
特に害はないと思われます。

 

ただ、
生大根だけを食べて、他の食品を食べないと
タンパク質やビタミン不足を起こすので
逆効果になる可能性もあります。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?
私も色々なお料理にチョイ足しして実践してみようと思いました!

 


スポンサードリンク

 

関連記事
生大根ダイエットのレシピ!手軽に長く続けるコツとは?

コメントを残す

このページの先頭へ