ゆうどき 女性の薄毛予防 正しいシャンプーの仕方

ゆうどき 2014年9月9日放送

 

夏の終わり、今の時期は頭髪が一番よく抜けるシーズンなんだとか。
対策や予防について特集されました。

 

女性の薄毛の主な原因は

加齢
女性ホルモンの減少
生活習慣の乱れ
間違った頭皮のケア

があげられるそうです。
男女共通の原因としては、
生活習慣の乱れ、間違った頭皮のケアがあるそうです。

 

生活習慣が乱れると・・・

頭皮の血流が悪くなる
女性ホルモンが減少する

 

ことにより、女性の薄毛の原因となるそうです。
特に夏の終わりは、

夏の疲れや、睡眠不足、

食欲低下によるたんぱく質摂取量の低下などが
髪に悪影響を及ぼしやすいそうです。

 

疲れが出やすいシーズンだからこそ、今の時期は

睡眠と栄養に気を付けた方が薄毛予防になるそうです。

 

 

 

ひっつめた髪型や、同じ分け目を続けると、

そこから薄くなることがあるそうです。

 

頭皮に負担をかけないようにして、

分け目は定期的に変えた方が髪のためには

良いそうです。

 

 


スポンサードリンク

 

予防法

第一は シャンプーを1日1回すること。
多すぎても少なすぎても良くないそうです。

 

理想的なシャンプーの時間は、朝よりは夜。

 

夜には、成長ホルモンなどの分泌も盛んになり、
新陳代謝も活発になるので、

 

夜に一番いい状態を
作っておく方が頭皮のために良いそうです。

 

正しいシャンプーの仕方

髪の毛を洗うのではなく、

頭皮を意識して洗うことが大切なんだそうです。

 

【1】
お湯で髪を濡らしますが、
しっかり頭皮を洗うように濡らしていきます。
お湯で1~2分頭皮を洗うイメージです。

 

このお湯の予洗いで、
頭皮の汚れの8割くらいが落ちるそうです。

 

 

【2】
シャンプーは頭皮で泡立てずに、
手のひらで泡立ててからつけます。
泡だったらOKと思っている人が多いそうですが、

泡が立ってからが勝負です!

お湯だけでは落ちない汚れを、

泡が頭皮から浮かび上がらせるので、泡立ってすぐ流してしまうと

十分に汚れが落ちていない可能性があります。

 

【3】
シャンプーが残らないように、しっかりすすぎます。
すすぎ残しは頭皮のトラブルの原因となることも。

 

 


スポンサードリンク

 

正しい髪の乾かし方

自然乾燥は最も危険なんだそうです。
濡れていると雑菌が繁殖しやすく、

抜け毛の原因となることも。

 

ドライヤーを使って、すぐに乾かすことが
大切なんだそうです。
ドライヤーの熱が髪に良くないと思っている人も
結構いますが、
ドライヤー自体熱いので15cmくらいは離して使いますし、
手早く乾かすなら、

むしろ自然乾燥よりは頭皮にとって良いそうです。

 

貧血と薄毛の関係

慢性的に貧血が続くと、薄毛や白髪の原因になるそうです。

貧血症状が続く方は、きちんと治療した方が良いそうです。

 

女性の薄毛は遺伝する?

専門医によると、

全く遺伝がないわけではありませんが、

薄毛や抜け毛に遺伝はマイナーな要素なんだとか。

 

遺伝だからとあきらめずに、

生活習慣や頭皮をすこやかに保つよう

努力する方が良いそうです。

 

トップのボリュームが気になる
中高年の方向けの部分ウィッグ

部分ウィッグはネットの部分が改善されて
蒸れにくくなっていたり、

 

ドライヤーや湯気に当たっても形が崩れにくいなど
すごく進化しているんだそうです。

 

 

ヘアースタイルに合わせてカットしてくれる
サービスを行っているところもあるそうです。
部分ウィッグはお手入れも簡単で、
洗ってブラッシングすれば元の形に戻るそうです!

 

※使用する素材によっては異なる場合があるそうです。
専門医によると、

確かにかなり改良されてきているのですが、
長時間使用すると、蒸れることで
頭皮のトラブルを起こしたり、
留金が頭皮に当たってトラブルを起こすこともあるそうです。

 

頭皮のトラブルを感じたら、無理に使い続けずに、
専門医に受診するようにした方が良いそうです。

 

感想

シャンプーは頭皮で泡立てていたので、

私も気を付けたいと思います。

 

たんぱく質はとても大切ですね。

もう一つのたんぱく質を食べるポイントは、

「たんぱく質だけ食べても意味がない」

ことです。

 

タンパクをただのカロリーとして、消費させずに

体にいきわたらせるためには、

たんぱく質と一緒に炭水化物や油脂を取る必要が

あります。

 

今年注目されているのは、南米の雑穀「キヌア」ですね!

日本の玄米の倍くらいたんぱく質が豊富で、

栄養価がとても高いので、NASAが宇宙食の候補に選んだことが

あるくらいなんだそうです。

 

たんぱく質だけでなく、雑穀なので、糖質も含まれています。

 

味はほとんどなくて、他の料理の邪魔をせず、

プチプチした食感がおいしいと、

先日ミヤネ屋などでも特集されていました。

 

クックパッドなどでもキヌアレシピがどんどん増えているそうです。

食品的には、アサイーの次のブームになりそうですね!

 

白米と比べて、キヌアは食物繊維は8倍、カルシウムは10倍、

鉄分は8倍も多く含まれている上に、

ビタミンB郡や葉酸も豊富で、髪にとても良さそうです。

 

 

片岡シェフおすすめの15穀米 キヌアも含まれています。
有名イタリアンレストランが実際に使用している雑穀米

食欲が低下している方は、栄養価の高い食品を

積極的に摂るようにしてみてもいいかもしれないですね!

 

関連記事

林修の今でしょ!講座 大人のラジオ体操 ちゃんとやればO脚やセルライトにも!

http://sayakoaneko.xsrv.jp/archives/183

 

きょうの料理 管理栄養士の夏を乗り切るレシピ! 梅干しだしの茶わん蒸し

http://sayakoaneko.xsrv.jp/archives/241

 

 


スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ