オクノテ 6月29日 レジャーシートが風で飛びにくくなる裏ワザ!

オクノテ2015年6月29日放送

レジャーシートが風でめくれにくくなる裏ワザや、タオルかけなどの吸盤が古くなってすべるのを、新品の吸着力を復活させる裏ワザなどが紹介されました!

 

前のページ ハンバーグでべとつく手を一瞬できれいにできる裏ワザ!

●レジャーシートが風でめくれてしまうのを防ぐ裏ワザ


スポンサードリンク

輪ゴムを使って、簡単にレジャーシートを止めることができる

【1】輪ゴムを4本用意します。

【2】レジャーシートの四隅を輪ゴム1つずつでくくっていきます。

その時、10cmくらい端が出るようにくくります。

【3】輪ゴムのくくった部分と先の部分をレジャーシートの内側に折り込みます。

M1100002

四隅を折ったら、端をさらに5cmほどしっかり折り目を付けながら折り込みます。

M1100003

M1100004

 

なぜ端を内側に折り入れるとレジャーシートがめくれないの?

レジャーシートがめくれる原因は、

シートの下に風が入り込むことなんだそうです。

 

シートを折り込んむそうで、端が重くなり、

風が入り込みにくくなるのだとか。

 

 

レジャーシートの端にくつを置くのが衛生的に気になる人などに

とてもうれしい裏ワザですね♪

 


スポンサードリンク

●タオルかけの吸盤がすべってしまう時の裏ワザ

ハンドクリーム、コンディショナー、中性洗剤などを使うことで古い吸盤をよみがえらせることができる

ハンドクリーム、コンディショナー、

中性洗剤などを米粒1粒くらいの大きさに出し、

吸盤の吸着面全体に塗り拡げます。

 

古くなった吸盤は小さな傷やデコボコができて、

真空状態で貼り付くところが、

空気が隙間から入り込んで滑り落ちやすくなるのだとか。

 

ハンドクリームを吸盤の吸着面に塗ることで、

傷に入り込み隙間をなくす働きがあるそうです。

 

水を塗ると乾くので、すぐはずれてしまうそうです。

 

台所なら中性洗剤、

お風呂ならコンディショナーな使えて

便利な裏ワザですね!

 

どうにも取れない頑固なリモコンの汚れを新品同様にきれいにできる裏ワザ

木工用ボンド

木工用ボンドをリモコンの前面に塗り、乾いた後はがすだけ!

 

気持ち良いほど汚れが取れるそうです!

 

ボンドが乾くのには3日くらいかかるので、

旅行に行くときなどにやるとよい裏ワザなんだそうです。

 

リモコンが壊れる可能性もゼロではないので、

自己責任でお試しくださいとのことでした。

 

捨てる前にちょっとやってみるのも良さそうですね!

 


スポンサードリンク

 

人気記事をまとめました。

名称未設定 1のコピーのコピー

 

 

wakutuki2

コメントを残す

このページの先頭へ