あのニュースで得する人損する人 親指で大根の皮がスルスルむけてしまう裏ワザ!

あのニュースで得する人損する人2015年8月13日放送

包丁を使わず、親指で大根の皮がむけてしまう裏ワザやたった30秒で魚を3枚におろせて皮までむけてしまうスゴイスプーンなどが紹介されました!

●包丁を使わずに大根の皮がむける裏ワザ


スポンサードリンク

方法

【1】大根を5cm幅に切ります。

【2】皮と身の境目に爪楊枝をさします。

断面を見た時にすこし色が変わって見える、厚さ3mmくらいの位置です。

【3】刺した部分から、

爪楊枝で皮に2~3mmくらいの溝を

爪楊枝を滑らせるようにスライドさせて作ります。

(爪楊枝で線を書く感じ)

 

【4】溝の両端に両手の親指を入れます。

【5】指を滑らせるように、

1方向に親指で皮を押し上げるようにスライドします。

_MG_0567

 

 

 

 

包丁で皮をむくよりも均一にきれいにむけるそうです。

 

坂上さんは、

「身も皮もすごくきれいにできるから、身でふろふき大根、

皮できんぴらができるね!」

とのことでした。

なぜ爪楊枝で溝を作ったら、親指だけで皮がむけるの?

大根には皮と身の間に「筋(スジ)」という部分があるそうです。

筋と身の間に水分が多いやわらかい部分があるので、

そこに指を入れると、包丁を使わなくてもスルスル皮がむけるのだとそうです。

 

ちなみに、人参やゴボウには筋(スジ)がないので、
この裏ワザは使えないそうです。


スポンサードリンク

たった30秒で魚の三枚おろしがカンタンにできてしまうスプーン
「魚っ平(さかなっぺ)」

三枚おろし、魚が小さいと結構めんどうですよね。

手やまな板にニオイが付くのもちょっと・・・という意見が。

このスプーンを使うと、内臓を取り出す必要もないそうです!

使い方

【1】スプーンの持ち手を逆の手で魚の頭を押さえます。

スプーンでえらの下から皮をはさんで、尾の方へひっぱります。

えらごと魚の皮も薄くきれいにはがせました!

_MG_0568

 

 

 

 

 

 

【2】スプーンをホールドして(閉じてロックします)、

エラの下にスプーンを入れて、

スプーンの持ち手と逆の手で魚の頭を押さえて

スプーンの側面を骨に当たるまで刺します。

【3】スプーンを滑らせると、きれいに身が取れます!

スプーンの先ではさめば小骨もきれいに取ることができます。

ちなみにイカの皮もむけるのだとか。

 

楽天市場でも購入可能でした!

興味のある方はこちら

楽天市場 魚っ平 リンク集

感想

これめちゃくちゃ便利ですね!

ちなみに私はさっそくもう楽天市場で申し込みをしました!

 

我が家でもアジの南蛮漬けなどで3枚おろしはちょくちょくやるんですが、

皮をむいてしまえばウロコをがんばって取らなくてもいいし、

まな板が臭くならないのもうれしいです。

次のページへ続きます。


スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ