ウワサの食卓 作り置きおかずダイエット!①キャベツシュウマイの作り方

ウワサの食卓2015年9月1日放送

50代なのに1年でー26kgのダイエットに成功した「作り置きおかずダイエット」のコツやレシピが紹介されました!時間があるときに作りおきできるので、お仕事をしている方でも実践できそうなダイエットでした。

●作り置きおかずダイエット


スポンサードリンク

●作り置きおかずダイエットのポイント

 

いなり餃子

餃子の皮のかわりに、いなり寿司用の油揚げを使います。

皮を油揚げにすることで、

1人分につき糖質40g抑えることができるそうです。

材料(2人分)

豚ひき肉150g

ニラ 1/2束

油揚げ 2枚

ごま油 大さじ1/2

塩・コショウ 少々

作り方

【1】ひき肉を揉み、野菜を加えたらさっくりとまぜ、

油揚げにつめます。

【2】油揚げの口は閉じずに、フライパンに蓋をして

弱火で焼きます。

餃子のように水を加えて蒸し焼きにはしません。

肉に火が通ったら完成です!

作ってから冷蔵庫で3~4日は保存できるそうです。

 

糖質制限ダイエットでは結構有名なレシピで、

私も作ったことがあります。

家族にはあまり好評ではなくて、リピしなかったんですが、

餃子とは別物だと考えたら結構いける味だと思います。

 

試食した女優さんは

「いなりの口を閉じて、鍋に入れたらおいしそうですね!」

とのことでした。

 

キャベツシュウマイ

焼売の皮のかわりにキャベツを使用するので、

色も華やかなレシピでお弁当にも良さそうです!

材料(2人分)

豚ひき肉 150g

キャベツ4枚

玉ねぎ1/6個

しょうゆ 小さじ2

ごま油 小さじ1

塩 少々

作り方

【1】ひき肉をよく揉んで調味料と野菜を加えます。

【2】1のひき肉を丸めて、カットしたキャベツの上に乗せて

軽く包みます。

【3】2を耐熱容器の上に重ならないように並べて、

容器の上からふんわりラップをかけて、

電子レンジで約4分加熱したら完成です!

 

保存期間は冷蔵庫で2~3日


スポンサードリンク

●腸内細菌を整える食物繊維はバランスが大事

食物繊維には水溶性食物繊維と不溶性食物繊維があるそうです。

これをバランスよく摂ることで、

腸内細菌を整えてダイエットの効果がアップするそうです。

水溶性食物繊維を多く含む食品は

アボカド、ワカメ、オクラがあるそうです。

 

水溶性食物繊維は食べ物と結びつくことで、

お腹がすきにくくする効果(腹持ちが良くなる)があるそうです!

 

不溶性食物繊維は、

体の老廃物を外に出してくれる働きがあるそうです。

 

2つの食物繊維をバランスよく摂れるレシピ

きのこmix

材料(2人分)

しめじ 1パック

えのき 1袋

エリンギ 1本

塩漬けワカメ(塩蔵わかめ) 30g

赤とうがらし(鷹の爪) 1本

ごま油 大さじ1

だし汁 300cc

作り方

【1】鷹の爪は水で戻して小口切りにします。

きのこを食べやすい大きさに切って、

鷹の爪と一緒にごま油で炒める。

【2】煮立たせただし汁と1を合わせます。

【3】塩漬けワカメは洗って塩を落とし、

食べやすい大きさにカットします。

【4】2に3を乗せたら完成です。

冷蔵庫で2~3日保存可能

感想

試食した女優さんたちが

「これとまんないやつだ」と言いつつモリモリ食べていました。

これだけ夜お腹がすいてしまった時に食べるのも心が痛まない

感じがいいですね♪

我が家でも作ってみようと思います!

 

アボカドチキン

材料(2人分)

鶏ささみ 5本

ブロッコリーの芽 1パック

アボカド 1個

マヨネーズ 大さじ2~3

ゆずこしょう 小さじ1/2

作り方

【1】ささみとブロッコリーの目を2~3分茹でます。

【2】皮と種を取り、一口大に切ったアボカドと1を合わせます。

【3】2にマヨネーズと柚子胡椒を加えてさっくりと混ぜたら完成です!

保存期間 冷蔵で2日

感想

お料理が面倒だったら、

コンビニのサラダチキンと合わせて作ったら超簡単にできそうだなと思いました!


スポンサードリンク

次のページ

2種類の食物繊維をバランスよく含むスーパー食材のやせ作り置きメニューとは?へ続きます!

コメントを残す

このページの先頭へ