マサカメTV わがまま犬のしつけ方法 散歩のコツ

2014年10月18日放送

犬の習性を理解し、

無駄吠えや暴れる行為をなくす方法について紹介されました!

 

来客時にいくら叱っても無駄吠えを一切やめない、壁や畳をかじってボロボロにしてしまう4歳の犬

トレーナーさんのカウンセリングによると、

飼い主と犬の間の主従がきちんと構築されていないことに

原因があるとのこと。

 

犬はもともと集団で生きる動物なので、

飼い主との主従関係がとても大切なんだそうです。

 

飼い主がきちんとしつけを行えないと、

犬は自分がリーダーだと思ってしまうそうです。

 

 

このご家庭のワンちゃんは、

自分がリーダーとして家族を守ろうという意識が、

無駄吠えに繋がっており、それが過度のストレスとなって、

家の壁や畳を壊す行動に繋がっていたという分析でした。

 

 


スポンサードリンク

 

 

散歩のわがままの解決

 

散歩の時には、自分が行きたいところにマイペースで

行ってしまい、飼い主を全く見ていない状態。

 

トレーナーさんのカウンセリングは、

こういうケースは

飼い主さんが勝手な行動をしちゃえばいい

とのこと。

 

散歩で主導権を握るコツは、

イヌが行きたい方向に行こうとする直前に、

リードが張らないうちに(イヌの)方向を変えること。

 

リードが張ってしまうと、

犬は力比べを始めて、自分の方向に引っ張ろうとするそうです。

 

リードが張らないうちに引っ張ることで、

犬に軽い不快感を与え、

人間に従った方が楽だと思わせるのだそうです。

 

 

今まで一度も飼い主に従わなかったワンちゃんが、

トレーナーさんのアドバイスに従ってリードを使って

散歩の練習をすると、飼い主が立ち止まったら、

自然と座るようにまでなりました!
楽天市場のリード リンク集

 

 

無駄吠えの解決

無駄吠えをなくすためには、主従関係を犬に理解させる必要があるそうです。


 わがまま犬をおりこうさんにするには、
毎日○○散歩をするといいそうです。

 

A:違う時間に

 

イヌは時間の感覚に優れているので、散歩の時間になったら

吠えて飼い主に催促してきます。

 

リーダーである人間のスケジュールに犬を合わせることで、

イヌは飼い主を主人だと認識するそうです。

 

 

インストラクターさんの言うとおりにすると、

このワンちゃんは、お散歩中に頻繁に飼い主の方を

見ながら散歩するようにまでなりました!

 

さらに、散歩の時間を変えるのを3週間続けたら、

このお家のワンちゃんは、部屋の畳や壁にいたずらをするのを

止めるようになったそうです。

 

ストレスから解放されて本当によかったですね!

スタジオでは「もう4歳になるのにすごい!」

とみんな驚いていました。

 

 


スポンサードリンク

 

 

 

イヌが尻尾を振る時は、うれしい時だけじゃない!?

イヌは実は警戒している時や不安な時も尻尾を振る!?

 

●犬は嬉しい時は尻尾を○○に振り、
不安な時は尻尾を○○に振る
A:
嬉しい時は右側
不安な時は左側

 

イタリアの研究チームが発表した内容なんだそうです。

イヌも人間と同様に、脳の右半球で体の左側を統御し、

左半球で体の右側を統御しているとのこと。

 

このことが尻尾を振る角度と関係している可能性が

あるかもしれないそうです。

 

 

その他、イタリアの研究チームの発表で、

イヌは嫌いなにおいをかぐときは、

右の鼻の穴でしかかがないので、

もし右しか使っていないようなら

嫌われているかもしれないというものもあるそうです。

 

 

盲導犬の訓練方法

盲導犬は沈着冷静さが求められるので、

沈着冷静さを高めるために、わざと人ごみをあるいたり、

イヌの気を散らす猫とあえて毎日触れ合わすという

訓練をしているそうです。

 

 

イヌは逃げる獲物を追いかけるという習性を持っている

ので、ネコが早い動きで逃げるのを見ると、

追いかけたい衝動にかられるそうです。

 

猫が犬が追いかけてこないと思って怖がらなくなると、

だんだんゆっくりした動きになってくるので、

犬の本能がだんだんおさまってくるそうです。

 

この猫を使った訓練は、全国13か所の盲導犬訓練所の中の

5か所で行われており、成果をあげているそうです。

 

 

盲導犬の訓練は大変ですね。

先日もファミレスですごくおりこうにしている盲導犬を

見かけました。

とってもかわいかったのですが、お仕事中なので

「かわい~」とか声をかけたり、見つめすぎるのも

気が散って犬には迷惑な行為らしいので、

チラ見で我慢していました。

 

一頭教育するのも大変ですが、もっと広がって欲しいと思います!

 

 


スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ