犬にキシリトールを与えると危険なのはなぜ?猫は大丈夫?

犬が間違ってキシリトールのガムなどを食べて

中毒を起こす事件が多発しているそうです。

 

キシリトールは普通のお砂糖(ショ糖)と異なり、

虫歯菌のエサにならないので「虫歯になりにくい」と

日本でもガムに配合されることが多い人工甘味料です。

 

アメリカでは今年に入ってから、

キシリトールを犬が誤飲した相談内容が2800件も寄せられているそうです。


スポンサードリンク

なぜ犬がキシリトールを食べると危険なの?

人間が糖分を細胞の中に取り込むにはインスリンという膵臓から出るホルモンが必要になります。

一方、人間がキシリトール入りの点滴を打った時は、

このインスリンというホルモンなしに細胞の中に糖分として入って、

カロリーになるという働きがあるそうです。

 

しかし、犬がキシリトールを食べると、

どんどん膵臓からインスリンを出してしまうせいで、

血液中の糖分がどんどん細胞に取り込まれてしまい、

低血糖や肝障害などを起こしてしまうことがあるのだそうです。

低血糖は特に命にかかわるので、注意が必要ですね。

 

どれぐらいの量を食べたら危険なの?

 1kgあたり、0.1g摂取するだけでも重篤な症状が起きる危険性があります。

人用のガムの1粒あたりの含有量は、1.37~0.2gと様々です。

 

例えば…ロッテのXYLITOL ライムミント(右上写真) 

     キシリトール含有量:ガム1粒あたり0.643g

5㎏のワンちゃんが1粒食べるだけでも大変危険なことが分かると思います!

※個体差があるので、大量に食べても症状が出なかったり、少量食べただけでも重篤になってしまう子もいます。

http://www.yamadaanimalhospital.com/article/14444761.html

5㎏のワンちゃんがキシリトールガムを一粒誤飲しても中毒は起こってしまうなんて怖いですね!

ワンちゃんと暮らしている方は、

キシリトールガムは家に買い置きしないか厳重に管理した方が良さそうですね。


スポンサードリンク

犬のキシリトール誤飲の初期症状は?

  • 嘔吐
  • 虚脱
  • 痙攣(けいれん)
  • 意識の低下など

 

しばらく様子を見ていて、大丈夫なら問題ない?

キシリトールによる中毒症状は、犬の個体差が大きく、

中毒を起こす犬もいれば平気な犬もいるようです。

 

多くは30分以内に症状が出るそうです。

症状も誤飲直後に出る犬もいれば、

3日後くらいになって低血糖を起こすワンちゃんもいるとのこと・・・。

参照元http://ameblo.jp/vet/entry-10444873484.html

 

対処法は?

  1. どれぐらい誤飲してしまったかチェックする
  2. 動物病院に行く
  3. とりあえず低血糖予防のために、砂糖入りのものを犬に食べさせる
    (もちろんチョコレートはNG。ブドウ糖補給ならラムネとか)

このあたりのことをおススメしていたブログをいくつか見かけました。

cに関しては獣医の先生のHPには書かれていなかった内容なので、
やる時は自己責任でお願いします。

猫にもキシリトールは危険?

ce81cd70fa6438c2081cd293ed9bf26e_s

 

 

 

 

 

猫についてははっきりとはわかっていないようです。

しかし、複数の動物病院のHPで「犬猫」にあげたら危ない物としてリストアップされていたので、

もし誤飲してしまったら、動物病院に連れて行った方が良いのかもしれません。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

キシリトールは人工甘味料の中ではエリスリトールやアスパルテームのように、

どんなお菓子にも入っているという感じではありませんが、

我が家でもガムや飴以外にも一応入っていないかチェックしてみようと思いました。

コメントを残す

このページの先頭へ