あさイチ レシピ 10月23日 スコーン 

a0006_002859

あさイチ 2014年10月23日放送

 

自宅でも簡単に本場の味が作れるというレシピが紹介されました!

講師は、マッサンのスコットランド料理を監修されている

英国菓子研究家の砂古玉緒さんでした。

 

 

トラディッショナルなスコーンレシピ

 

●スコーン

【材料・直径5センチ 5コ分】

—————
・薄力粉・・・200グラム
・グラニュー糖・・・25グラム
・ベーキングパウダー・・・小さじ2
—————

・バター・・・50グラム サイコロに切って冷蔵庫で冷やしておく
・塩・・・ひとつまみ(無塩バターを使った場合)
・卵・・・M~Lサイズ1個(常温)
・牛乳・・・70ミリリットル
・打ち粉・・・強力粉 適宜(分量外)
楽天市場の紅茶 リンク集

 

 

【作り方】

【1】ボウルに粉類をふるい入れる。
【2】さらにバターを加え、カードで切り混ぜ、手でそぼろ状にする。

 

練ってしまったらサクサクホロホロにならないので、

切り混ぜながら、少し粉っぽいかなというくらいで止めるのがポイント

なんだそうです。

 

 

[ad#naka]

 

 

【3】別のボウルに卵と牛乳を合わせて混ぜ、(2)に加え混ぜ合わせる。

【4】台に打ち粉をうち、生地を2.5センチの厚さにのばし、

1回折り重ねた後、またのばして、厚さ2.5センチにし、また折り重ねる。
【5】(3)の作業を、4~5回繰り返す。

【6】型に打ち粉をつけながら、生地をぬき、天板に並べる。

 

【7】200度のオーブンで10~15分焼く。

(予熱はさらに高く210度くらいに設定するとよい)

 

しっかり高温のオーブンで焼かないと、スコーン独特の

『割れ』ができず、ぺちゃんこのスコーンになってしまうそうです。
楽天市場のスコーン リンク集
 

●アフタヌーンティーのマナー

スコットランドではスコーンを朝にも午後にも食べるそうですが、

つけるジャムは、朝食はマーマレード、午後はイチゴジャムと

決まっているのだそうです。

 

アフタヌーンティーのマナーとしては、

3段の下からサンドイッチ、スコーン、甘いお菓子やフルーツ

の順番に盛り付けられるそうで、

食べるのは下から順番に、戻ってはいけないというルールが

あるそうです。

 

また、食べきってもいけないそうです。

 

 

感想

スコーンと紅茶、大好きです!

学生時代、

食費を削って紅茶とスコーンばかり食べていた時期もあるくらいです。

 

こちらのスコーンは型で抜いてあるスコーンですが、

私はアフタヌーンティールームのスコーンが一番好みです。

手でランダムにまとめてあるので、

カリカリした部分が出るのが好きです。

 

私もよくスコーンを作るのですが、

オーブンの温度はすごく大事で、結構雑に作っても、

オーブンが高火力のガスオーブンだと失敗しない反面、

古い電気オーブンを使うと、火力が弱くてぺちゃんこの

スコーンになったりもしました。

 

自分で作る時は、フードプロセッサーで一気に作ってしまいます。

焼き時間15分+5分で作れるので、

慣れれば一番簡単なお菓子の一つだと思います。

 

私は無塩の発酵バターを使っていますが、

発酵バターで作る時は、普通のバターより熱で溶けやすいので、

スケッパーで切り混ぜて、できるだけ手を使わないように

気を付けた方がいいかと思います。

 

私が作る時は、砂糖を使いたくないので、

たっぷりのドライレーズンで作ります。

生地がまとまるギリギリの量の水分で作るのが

サクサクに仕上げるコツだと思います。

 

 

[ad#naka]

 

 

 

ネット上にあった、

アフタヌーンティールーム風のスコーンの作り方の

レシピもご紹介します!

 

出典:

web.archive.org/web/20071213221548/members.at.infoseek.co.jp/vvv_umai_bou_vvv/scone.html#1

 

●アフターヌーンティ風スコーン

<材料(16人分)>

強力粉 500g
薄力粉 500g
ベーキングパウダー 35g
塩 小さじ1
バター 300g
牛乳 500cc

 

<トッピング>

生クリーム 8分立て 10g×16
ブルーベリージャム 大さじ1×16

 

【1】材料を混ぜ合わせて、ぽろぽろのそぼろ状にする
【2】牛乳を加えて均質な生地にする
【3】32等分し(1個60グラム)、200℃のオーブンで15分焼く
【4】焼き上がりに生クリーム、ブルーベリージャムを添える

 

感想

薄力粉と強力粉を混ぜるとまた食感が変わって面白いですね!

 

以前、

牛乳の代わりにスキムミルクの粉でやったらもっとサクサクに

ならないかなと試したことがありました。

 

焼き上がった直後はサクサク度が牛乳で作った時より

上だったんですが、

時間が経つとパサつきがひどくなりすぎてとても食べられない

味になりました。

 

やっぱりレシピ通り、牛乳でやった方がおいしいと思いました。

 

[ad#naka]

コメントを残す

このページの先頭へ