栗原はるみ レシピ おうち懐石 鯛のたたき

きょうの料理 栗原はるみのふたりの週末ごはん 11月6日放送

 

普段のごはんが、ちょっとした工夫で懐石風に!

 

●たいのたたき

今の時期、鯛がおいしいそうです!

 


スポンサードリンク

 

材料(2人分)

たい(刺身用)・・1さく(200g)

 

(A)

—————————-

青ジソ (細かいみじん切り) 10枚分

しょうが(みじん切り) 大さじ1

実ざんしょうのつくだ煮(市販) 小さじ2

⇒絶対じゃないですが、入れると香りがよくなるそうです。

——————————-

 

あさつき(小口切り) 適量

うずらの玉子 2個

柚子(ゆず)または、すだち 適量

わさび(すりおろす) 適量

 

しょうゆ

 

作り方

【1】鯛は粗くきざんでからさらに細かくたたき、

ボウルに入れる。

 

鯛の叩き具合はお好みで♪

 

【2】(1)に(A)を加えてよく混ぜる。

【3】皿にセル来るなどの抜型を置き、

(2)の鯛をの半量を平らにならして詰める。

上にあさつきの半量を乗せます。

 

クッキー型でも、セルクルでもなんでもいいそうです!

なければ、

牛乳パックをくるんと巻いてホッチキスでとめても

セルクルは作れます!

//cookpad.com/recipe/2131811

 

【4】スプーンで押さえながら、

形をくずさないようにそっと型をはずします。

もう一つ同じように作ります。

 

【5】うずらの卵を添え、好みで柚子またはすだちを

しぼりかけます。

 

しょうゆ適量にわさびを溶かし、かけて食べます。

 

~感想~

スタジオでの試食では、

「できれば山椒があれば良いという

言い方でしたけど、山椒はあった方がやはりおいしいですね!」

とのことでした。

 

 

 

●きんびらごぼう

いつもよりも細く丁寧に切ることで、きんぴらごぼうもごちそうに。

切り方で味が変わるそうです。

 

材料(作りやすい分量)

ごぼう (大)1本(200g)

にんじん 15g

 

(A)——————-

砂糖 大さじ1

みりん 大さじ1

しょうゆ 大さじ2

———————–

 

赤とうがらし(小口切り) 1本分

 

サラダ油

 

作り方

【1】

ごぼうは皮を剥き、

斜め薄切りにしてから細めの千切りにする。

水にさらしてアクを取り、ザルにあげて、水けをしっかり切る。

にんじんも皮を剥いて同様に切る。

point

斜め薄切りは、

1枚が5~6cmになるように角度をつけて切ります。

 

斜めに切ってから千切りにすると、

両端が尖って繊細な口当たりになるそうです。

 

【2】

フライパンにサラダ油大さじ1~2を中火でごぼうを炒めます。

(A)の調味料を順に加えて、手早く絡めます。

 

point

温まるまではあまりいじらない方がおいしくできるそうです。

 

赤唐辛子を加えて味をなじませたら火を止めます。

 

~感想~

番組での試食の感想は、冷えてもおいしいそうです!

 


スポンサードリンク

 

 

しめじと舞茸の土佐酢あえ

材料

しめじ 1/2パック(50g)

まいたけ 1/2パック(50g)

みつば 1ワ(50g)

 

●土佐酢

だし 大さじ3

酢 大さじ2

砂糖 大さじ1/2

うす口しょうゆ 小さじ1

塩 少々

⇒この塩がポイント!

 

●錦糸卵

卵 1個

酒 大さじ1/2

砂糖 小さじ2

塩 少々

 

柚子のしぼり汁 大さじ1

 

 

作り方

【1】しめじは式付きを除き、小房に分ける。

まいたけは大きめにほぐす。

 

【2】塩少々を入れた熱湯にみつばを入れて茹で、

冷水にとってざるに上げて、水けをしっかり切ります。

同じ湯にしめじ、まいたけをサッとくぐらせて、

ザル上げて水をしっかり切ります。

 

point

最初に三つ葉の茎を入れて、すぐに葉、

ゆで時間は短く、すぐに冷水につけます!

 

【3】ボウルに土佐酢の材料を合わせて混ぜます。

 

【4】錦糸卵を作ります。

ボウルく卵を溶きほぐし、調味料を加えてから

ザルに濾します。

 

濾すのがポイントです!

 

【5】小さ目のフライパンにサラダ油を少々熱し、

紙タオルなどで全体に油をなじませます。

(4)の卵液の半量を流しいれて薄く広げ、

縁が焼けて表面が乾いてきたら裏返します。

 

さっと焼いて取り出したら、粗熱を取ります。

残りの卵液も同じようにします。

 

【6】(5)を二枚重ねて横4等分に切り、

縦に2~3mm幅の細切りにします。

 

【7】みつば、しめじ、まいたけの水けを

ふわっと絞ってからボウルに入れて、

(3)と柚子のしぼり汁を加えてあえます。

(6)の錦糸卵を加えてさっとあえ、

皿に盛り付けます。

 

水気が出てくるので、作り立てを食べる方が

おいしいそうです。

 

感想

丁寧に切ることで、普段のごはんがごちそうになるという

発想がとてもすてきだなと思いました!

 

たいのたたきが特に美味しそうでした!

是非作ってみたいと思います。

 


スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ