団塊スタイル 老け顔脱出メイク

団塊スタイル 2014年11月7日

 

老け顔になるには法則があった!?

メイクの仕方から大人の付けまつげのつけ方まで特集されました。

 

 

 

 

●たるみとほうれい線が気になる・・・

 

たるみが気になるので、目の下には

ファンデーションをたっぷり。

 

さらに目の下のたるみにはハイライトをしていた女性。

 


スポンサードリンク

 

 

 

メイクアップアーティストの中野さんによると、

 

たるみにファンデーションは×

全体的に明るくしても、本来かげのできる部分がよけい

暗く見えてしまうそうです。

 

目のたるみにはコンシーラー

目の影の部分だけをピンポイントに筆で

コンシーラーを乗せていきます。

 

 

コンシーラーの種類

・スティックタイプ・・・ピンポイントにシワやシミに使えます。

・リキッド・筆ペンタイプ・・・液状なので薄塗りができ、薄いシミやシワに向いています。

・コンパクトタイプ・・・筆を使いこなせれば、どんなシワやシミにも使えます。

 

筆だと広くも狭くも塗れるので便利なんだそうです。

指だと太さが決まってくるので筆を使った方が良いとのことでした。
楽天市場のコンシーラー リンク集★
コンシーラーを目の影に塗ったら、

上からパウダーファンデーションでなじませていきます。

 

 

ほうれい線を隠すのではなく、
目元をアイメイクで強調して目線を上に持っていくのが○

 

 

アイメイク

アイランの入れ方

リキッドアイライナーを使って、

まつげの隙間の間を埋めるように埋めていきます。

 

⇒年とともにまつ毛が少なくなっていくと、

目がぼんやりするので、

アイランとマスカラで目をぱっちりさせます。

 

 

老け顔には法則がある!

 

・目のしたのたるみ

・ほうれい線

・目の小じわ

・唇の端の小じわ

・眉が上がっていく

・鼻の下がのびる

・口の位置が下がる

 

これらがあると、どんどん老け顔になっていくそうです。

 

 

老けない顔を作るためには
これらと逆方向に顔を持っていくようにしたら良いそうです。

 


スポンサードリンク

メイクアップアーティストの中野まさよしさんのテクニック

目の下のシミ

黄色系のコンシーラーでシミを消していきます。

黄色人種には一番黄色系が肌なじみが良いそうです。

 

 

●眉毛の書き方

 

眉頭(まゆがしら)が長く、幅が狭く迫りすぎていると、

頬が大きく見えるそうです。

 

ある程度眉は離れている方が、頬が引き締まって見えて、

チークの効果も上がるそうです。

 

 

眉毛は直線を意識して。

眉毛は年とともに位置が上がってしまうので、

下の部分を書き足すように意識すると良いそうです。

色は淡い色で書くとつまって見えないそうです。

 

眉毛がハの字になってしまう人は眉がしらを少し足して

下げるイメージで書くと若々しく。

 

逆に、目が落ちくぼんでしまった人は、

まゆの色を淡い色にしてやさしくするとやさしい印象に。

 

 

●チークの入れ方

頬骨が出ているのをごまかすためにオレンジのチークで

影を付けていきます。

影なので頬骨の下に直線的に入れます。

 

その後ピンクのチークを丸く入れます。

 

●リップの色

目にインパクトを持っていく為に、

ピンクでもない暗色でもない、肌なじみのいい色を選びます。

 

番組ではベージュを使っていました。

 

つけまつげ

付けまつげをつけると、横顔が美しくなるそうです。

 

 

●大人のつけまつ毛の選び方

 

基本的に細くて、目元が黒々としすぎない。

自分の若かった頃のまつ毛のイメージ近いものを

選ぶと失敗しにくいそうです。

 

●大人の付けまつげの付け方

 

目からはみ出る部分をカットして、

指に一回くるんと巻いて、直線を曲線にしてから、

接着剤を端から端まで均一に塗ります。

 

一度軽く乾かしてから、貼っていきます。

塗ってすぐつけようとしても付きません。

 

くっつける順番は、

真ん中⇒目頭⇒目尻の順番です。

 

立てかけ式の鏡を机に置いて、上むきの角度にして、

顎を出して、目の際(キワ)が見える状態にしてから

つけまつげをしっかりとキワに貼ることがポイントです。

 

実際につけまつ毛をつけている人のお悩みポイント

●違和感がある

 

目頭につけすぎると違和感が出やすいそうです。

 

●すぐずれる

鏡を傾けてちゃんと目の際(キワ)にしっかり

つけるとずれにくいそうです。

感想

目の下のたるみの影だけに、

コンシーラーを塗って影を消すというテクニックは明日から使えそうです!

 

ほうれい線がすごくしっかりある人は、化粧で無理に消すのではなく、

目線の方向を変えていく、無理に消そうとしないというのは

私も気を付けたいと思います。

 

肌の質感は今回の番組では取り上げられませんでしたが、

粉っぽい感じになると老けて見えますね。

風吹ジュンさんのようにリキットファンデーションで

しっとり仕上げていると、肌がピッと張って見えますね。

 

リキッドファンデーションはものによったら、

時間とともにシワが目立ったり、

粉で押さえていないので崩れやすいという欠点はありますが・・・。

 

かとうかずこさんは

「私が気を付けているポイントは、気になる部分のメイクは

あえて薄く、重ねないようにしています。

重ねるとそこだけ厚くなっちゃうから」

とのことでした。

 


スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ