あさイチ ズッキーニといかのパスタ レシピ

あさイチ 7月8日放送

 

イタリア料理店オーナーシェフ 奥田政行さんのレシピです。

今回のテーマはズッキーニです。

 

 

ズッキーニといかのパスタ


スポンサードリンク

 

材料・2人分

・パスタ・・・140グラム(今回はスパゲッティニーを使用)
・塩・・・30グラム
・いか(刺身用)・・・1ぱい

 

・ズッキーニ・・・2分の1本

 →下の部分を使っていきます。

 上の部分は柔らかいので生に向いているそうです。

 

 

・ミニトマト・・・4コ
・にんにくオイル・・・大さじ2(作り方は下記にあります)
・ルッコラ・・・適量

 

 

作り方

【1】いかは隠し包丁を入れる。
【2】ズッキーニは半月切り、ミニトマトは半分に切る。

→トマトは横半分に切ると汁が出にくいそうです。

 

【3】鍋に湯を沸かし、塩を入れ、パスタを袋の表示とおりにゆでる。
【4】(1)のいかをフッ素樹脂加工のフライパンで油を引かずに軽く焼き、1センチ幅に切る。

 

point

へらをあてながら、イカがくるんとならないように、

フライパンに押し付けて焼いていきます。

こうすることで、イカのいい香りをフライパンにつけていきます。

 

 

【5】(4)のフライパンに、にんにくオイルを入れ、ズッキーニを炒める。

 

point

シェフ曰く

「ベーコンの場合は、ベーコンの香りを油に移しておいてから、

キャベツを炒めると先にベーコンの香りが広がっておいしく感じますし、

 

イカとズッキーニのこのパスタも、イカの香りを油に移して置いて、

ズッキーニを炒めるととてもおいしくできるとのことです」

 

 

【6】(5)にミニトマトと(4)のいかを戻し混ぜる。

point

強火にしすぎないこと。
【7】(3)のゆでたパスタの湯をよく切って入れて、

塩少々を加えて全体を混ぜる。

 

point

塩を多めに加えて固めにゆでるとパスタが主役のパスタになりますし、

パスタをやわらかめに茹でると、ソースが主役のパスタになります。

 

オイル系のパスタは混ぜば混ぜるほど、

粘りが出ておいしくなくなるので、

サッと絡めたら(2回くらい)OKなんだそうです。

 

相性のいい食材同士を使う時は塩は少なめでOKなんだそうです。

逆に相性の悪い食材を使う時は、塩を多めにして味をまとめる必要が

あるんだとか。

 

【8】皿に(7)を盛り、ルッコラを飾る。

最後香りづけにエキストラバージンオリーブオイルを少量振りかける。

 

感想

にんにくオイルとフレッシュなトマトが、

さっぱり夏向けのパスタという感じがしますね!

 

 


スポンサードリンク

 

 

にんにくオイル

材料・作りやすい分量

・にんにく・・・1コ(皮をむき、半分に切り芯を取る)
・ピュアオリーブ油・・・400ミリリットル

 

作り方

【1】鍋にオリーブ油とにんにくを入れて中火にかける。
【2】ふつふつ沸いてにんにくの周りに泡がまとわりついて来たら、弱火にして火を通す。
【3】にんにくがほんのり色づき、中まで柔らかくなったら火から下ろし、粗熱を取る。
※にんにくを取り出し、密閉容器に入れて、冷暗所で半年間保存可能

 

感想

ステーキや魚を焼くときに使ってもとてもおいしいですし、

マヨネーズに使うとにんにくマヨネーズになるそうです。

 

 

 

 

 

奥田さんのお店でも出されている、煮込まないラタトゥイユ

夏野菜のラタトゥイユ風

材料・作りやすい分量

・きゅうり・・・1本(縦半分に切り、種を取り薄切り)
・セロリ・・・1本(薄切り)
・ズッキーニ・・・2分の1本(薄切り)
・新たまねぎ・・・8分の1コ(薄切り)
・青トマト・・・2分の1コ(薄切り)

または熟していないトマトのヘタの近くを使用

 

・パプリカ(赤、黄)・・・各4分の1コ
・オクラ・・・5本(板ずりしてゆでる)
・みょうが・・・2コ(せん切り)
・塩・・・小さじ4分の3
・エクストラバージンオリーブオイル・・・適量

 

作り方

【1】きゅうり、セロリ、ズッキーニをボウルに入れて塩をふり、20分間置く。


point

青トマトがない場合、赤いトマトのヘタに近い硬い部分を使うと良いそうです。

 

熟した種に近い部分を使うと、グジュグジュした食感になるので、
あまりお勧めできないとのことでした。

 

塩して出てきた水は必ず切って、捨ててください。

 

【2】パプリカは種を取り、薄切りにし、氷水につける。
【3】オクラは板ずりにし、サッとゆで、輪切りにする。
【4】(1)のボウルに、新たまねぎ、トマト、

(2)のパプリカを入れて混ぜ、

(3)のオクラを入れて粘りが全体に絡まるように混ぜる。
【5】皿に(4)を盛り、上にみょうがを乗せ、

エクストラバージンオリーブオイルをかける。

 

感想

日本の野菜は煮込まなくておいしいとのことでした!

イタリアのお野菜と比べて、

水分たっぷりで生食に向いている感じがしますよね。

 

彩がとてもきれいで、オクラの粘りで全体をまとめるというのが

ヘルシーでいいですね!

 

 


スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ